眠りの国

 

 

眠りの旅の中で、神聖な森をおとずれた

霧のかかる青白い朝に広がる泉や、清らかな水の流れ落ちる山々

夢の中でもう何度もおとずれたことのある森

また来られるなんて思いもしなかった

清浄な気分がまだ抜けない

朝はいつの日にも、生まれ変わる時刻だ

 

どんなに富を蓄えても、眠りの国までの航空券は買えない

どんなに行きたくても行けない国がある

どんなに会いたくても会えない人もいる

ぼくたちは無力で、だからこそただ、祈るしかない

いつの日かまた、おとずれるようにと

 

たとえこの、一生ではなくても

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ