軌道

 

軌道よ 軌道よ
運命の軌道
おまえがどこへ行くか知っているならば
人は生きては行かぬだろう

外された軌道
遺された軌道
廃れた軌道
荒野に浮かぶ軌道

あてもなく敷かれた軌道の上を
今日も列車は運んでゆく
行き先を告げぬことが
鉄道の仕事であると言わんばかりに

窓の外に広がる水の軌道
高い空にそびえる星空の軌道
暗闇に突如として現れる火の軌道
ひとつとして同じ姿のものはない

運ぶのはまだ生まれぬ魂
もしくはもう終えた後の命の輝き
どこまでも走り続けることを
見知らぬ旅人が教えて消える

わたしには過去があるのか
わたしには明日が来るのか
羊水の魂たちは問いかける
いかようにもイマを生きろと

底知れぬ深さをたたえる湖が
列車の右側に姿を現わす
果てしなく澄んだ青色に燃える風
軌道は水の上をやがて駆けてゆく

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ