牛と車輪

 

 

あちらの岸へとたどり着いたのは
まさにこちらの岸へと達するため
こちらの岸へとたどり着くのは
いつかあちらの岸へと渡るため

いつ終わるとも知れない繰り返しの中で
次第に時空は輪を描く
いつ果てるとも知れない命を携えて
もしかしたら死んでも旅を続けるのだろう

重き荷を負いて生きるという苦しみ
前へ進むことも後ろへ退くこともゆるされない
わたしは車輪を運ぶ労働の水牛
いつまでも いつまでも車輪は廻る

人間たちはあれを進歩だと誇示した
またある人々はそれを退化だと罵った
しかし水牛のわたしは知っている
それはただ車輪の上にあるだけのこと

前も後ろもありはせぬ
上も下も見渡せぬ
命は真空を進む迷路
やがてたどり着く外れた車輪

聡明なものはこの世の理を輪廻と感じるという
輪廻とはなんだろうか
おろかな水牛には存じ上げませぬ
今日も廻る車輪の姿だけをわたしは知っている

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ