服装は?食事は?アンコールワット観光で注意すべきだなと思ったこと3つ

 

こうしておけばよかったな〜と思うことがたくさん!

服装は?食事は?アンコールワット観光で注意すべきだなと思ったこと3つ

・人生初のアンコールワット観光へ
・1、アンコールワット内はめちゃめちゃ蒸し暑い
・2、アンコールワット内のレストランがアホみたいに高い
・3、階段が急過ぎるから服装は運動靴が安全

・人生初のアンコールワット観光へ

ついに人生初のカンボジア、アンコールワットへやってきた!はじめてのアンコールワットで、どんな感じの場所なのかいまいちよくわからず、困ったことや損したなぁと思ったこともあったので、ここで気をつけた方がよかったなぁと思ったことを3つ共有したいと思う。

 

 

・1、アンコールワット内はめちゃめちゃ蒸し暑い

アンコールワットはとにかく暑かった!!!なんだろう、日本とはまた違う種類の蒸し暑さ。熱帯雨林の中の無風の空間みたいな感じ。これが本場、熱帯地方の暑さなのかーと肌に滲む汗のねっとりした気持ち悪さを感じていた。なんでアンコールワットの中ってあんなに無風なんだろう、不思議ー。

汗をめちゃめちゃかくので水は必携だと思う。アンコールワット内のレストランで売っている飲み物はシェムリアップの街に比べてものすごく割高なので、できるなら街中で事前にお水を買って持っていく方がお金を無駄に支払わなくていいと思う。

ぼくは電動バイクで自由気ままにアンコールワットを巡ったが、電動バイクに乗っている時が唯一心地よい風を感じられる瞬間で快適だった。電動バイクに乗るからと、万が一怪我した時やコケたときに備えて長ズボンを着用して1日目のアンコールワット観光を施行したが、あまりに暑くて暑くて、2日目からは短パンでアンコールワット観光してしまった。

 

 

・2、アンコールワット内のレストランがアホみたいに高い

アンコールワット内のレストランは、シェムリアップの街中の2〜3倍高かった!まぁ観光地だから仕方のないことだし、日本からすれば決して高いランチ代ではないのだが、ここはカンボジアであることを考慮すると高すぎてもったいないと感じざるを得なかった。

もし可能ならば、シェムリアップの街中でご飯を済ませて行くとか、街中でおかずをテイクアウトしたりパンを買ったりして、ランチを事前に準備しておくと無駄にお金を支払わなくていいかも。高いからってすごい美味しいわけでもないし。

 

 

・3、階段が急過ぎるから服装は運動靴が安全

アンコールワットにはいくつもの歴史的寺院が立ち並んでおり、ぼくたちは主に用意された2つのルート、大回りコースと小回りコースに沿って観光することになる。どちらのコースにもピラミッドみたいに天高くそびえ立つ寺院があり、その上へ登るためにはかなり急な階段をよじ登る必要がある。登りはなんとかなるかもしれないが、下りの方が急な階段を目の当たりにして怖いし転がり落ちそうになるので、暑くても靴は運動靴の方がよかったと思う。ぼくは暑すぎてビーチサンダルで観光しちゃったけど。

大回り小回りって何?アンコールワット周遊の仕組みがややこしかったので実際に回って2つの違いを比較検討してみた

また服装に関して言えば、カンボジアの日差しはとても強かったので、帽子や日よけできてかつ涼しいような服装が望ましいと思われた。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

関連記事