ついに徳島県に戻ってきた!お遍路第23番「医王山 無量寿院 薬王寺」で瑜祇塔の麗しさを眺める

 

徳島県に戻ってきたぞー!!!!!

ついに徳島県に戻ってきた!お遍路第23番「医王山 無量寿院 薬王寺」で瑜祇塔の麗しさを眺める

・ついに四国をひとまわりして徳島県に戻ってきたぞー!!!
・第23番薬王寺の広大だった駐車場
・第23番薬王寺境内の様子
・第23番薬王寺本堂
・第23番薬王寺大師堂
・第23番薬王寺の瑜祇塔
・第23番薬王寺お納経(御朱印)
・第23番薬王寺御影、御姿

・ついに四国をひとまわりして徳島県に戻ってきたぞー!!!

ぼくの2020年四国お遍路逆打ち巡礼の旅は、第11番藤井寺から始まった。

四国車中泊お遍路第11番!「金剛山 一乗院 藤井寺」は本堂の龍の絵が大迫力だった

第11番藤井寺といえば徳島県だ。そのまま本当にひとつも飛ばすことなくお遍路を逆に回っていき、四国を一周してきた。第11番から第1番までは徳島県の発心の道場、その後は第88番から第66番までは香川県の涅槃の道場、第65番から第40番までは愛媛県の菩提の道場、第39番から第24番までは高知県の修行の道場、そしてこれからの第23番から第12番からは、ついにひとまわりして徳島県へ戻ってきて、発心の道場の巡礼を再開する!第23番のお寺は「医王山 無量寿院 薬王寺(いおうざん むりょうじゅいん やくおうじ)」だった。

高知県の第24番最御崎寺から第23番薬王寺までの距離は、本当に遠かった。お遍路の中で最もお寺とお寺の距離が長かったのではないだろうか。車でも休まずに1時間かかったのだから、歩き遍路の人は一体移動にどれだけの時間がかかるのだろうか。

 

 

・第23番薬王寺の広大だった駐車場

第23番薬王寺の駐車場はマジで広かった!!!これ本当に全部お寺の駐車場?と疑ってしまうくらいだった。なんと普通車350台も停められるらしい。お遍路の旅の中で一番駐車場が広かったお寺ではないだろうか。もちろん無料!納経所のギリギリ閉まる5時手前に行ったからか、ものすごく広い駐車場なのに誰も停まっていなかった。

 

 

・第23番薬王寺境内の様子

第23番薬王寺は丘を削って作られているような、立体的構造を持つお寺だった。

 

・第23番薬王寺本堂

 

・第23番薬王寺大師堂

 

・第23番薬王寺の瑜祇塔

 

第23番薬王寺の瑜祇塔(ゆぎとう)は、高野山的な色彩感覚の仏塔だが、これまでに見たことのない形をしていたので不思議な印象を抱いた。瑜祇塔からの街の眺めがとてもよかった!近くで夕ご飯を食べてから駐車場に戻ると、夜の瑜祇塔は昼間とは違う麗しさを呈していた。

 

 

・第23番薬王寺お納経(御朱印)

 

・第23番薬王寺御影、御姿

皆人の 病みぬる年の 薬王寺 るりの薬を あたえまします

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

金星が口から飛び込む!お遍路第24番「室戸山 明星院 最御崎寺」と御厨人窟で弘法大師の修行を慕ぶ

 

関連記事