スイスの青い宝石

 

 

スイスで見つけた青い宝石
それは高く天へと舞い上がり
人の手には届かない宝石
神様の白い山脈を行き来する

あるのかないのかわからない点滅
どちらにせよ知らされる澄明
有象と無象を旅するための透明
行く先を聞かぬための聡明

乗り換えの駅で渡される青い宝石
今という時間にしか出会えない定め
氷河を越えればたどり着くだろうと
旅だったものは誰もが消えてゆく

美しいものを与えられてばかりだ
旅をするほどに極度の美を受け取り
それをとらえては喜んでばかりだ
終わりを告げる鐘を鳴らそう

やがては受け取ることを終える時を知る
この腕が美を創造する炎をかざす
生まれてきたことも旅することも
すべては炎の色を聞くためだと知る

氷の生み出す白夜に囚われて
もう二度と帰ることはできない
青い氷をこの手に握らされて
もはや春を受けることができない

青い宝石だけを心に留めよう
その澄んだ瞳の眼差しは
さながら神聖な森を渡る川水
宙とぼくをつなぐための点滅

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

ほんとにほんとに大変だったインスブルックからサンモリッツまでの道のり