ムルマンスクの光

 

 

どこからが朝で
どこからが夜か
わからなくなります

どこからが本当で
どこからが嘘か
わからなくなります

ここは北の極み
ムルマンスクの土地
冬の光も届かない異国

朝焼けがそのまま
夕焼けになります
昼間の時間を奪われて

朝焼けとも夕焼けとも
名付けられることをゆるされない光が
淡く空に浮かんでは消えていきます

わたしは誰ですか
国はどこですか
空の光はたずね歩く

何に属しますか
どこへ流れますか
答えを教える者はない

夜になると見えると聞いた
オウロラの姿は
何も見えません

わたしが代わりに見たものは
あらゆるものに属さない
あなたという光の姿

降り注ぐ運命たち
チベット仏教徒のロシヤ人
フィンランドへゆく旅人

慈悲深い宿の人々
家族のような中国人たち
北極の中の孤独な黒犬

見えなかったオウロラの光は
この街へと帰りゆく約束
白雪の降り積もる通り

見えないから美しい光が
どこまでもわたしの中で
降り注がれてやみません

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

地球で最も北の駅!北極圏のロシア・ムルマンスクの冒険