裸か水着か?フィンランドのサウナの楽しい思い出と“フィンランド流サウナ”の衝撃

 

ぼくはフィンランドのラップランドの州都・ロヴァニエミに計6日間滞在した。

裸か水着か?フィンランドのサウナの楽しい思い出と“フィンランド流サウナ”の衝撃

・フィンランドのサウナに入ろう
・フィンランドのサウナは全裸か?
・この宿では全裸が正解だった
・国際的な裸の付き合い

・フィンランドのサウナに入ろう

フィンランドのロヴァニエミの宿はドミトリーでなんと1泊4000円もした。これが最安値近かったのだからとんでもない。ロシアでは1000円以下のところがほとんどだったので、北欧の物価の高さに驚愕しきりであった。しかしまあ日本もこれくらいの値段かも。

ぼくが泊まったのはロヴァニエミのHostel Cafe Kotiという、お洒落なカフェとホテルが一体になっているという宿だった。高いだけあって、この宿は清潔で広くて手入れも行き届いており、石鹸やタオルなどもきちんと提供され、高いなりに快適という感想だった。また、最大のよかった点として、サウナに無料で入れるというものがあった。4000円も払ってその代金に含まれているサウナに入らないのでは大損だ。ぼくは毎日入ろうと計画していた。

フィンランドといえばサウナである。サウナというものは、日本でもよく温泉などに付属されているので入ったことのない日本人は少ないだろう。ぼくももちろん入ったことがあるが、それにしても日本のサウナと同じ感覚で入っていいのだろうか。

 

 

・フィンランドのサウナは全裸か?

まず気になるのは、全裸になってもいいのかということだ。それが最も気がかりなことである。なんせ日本のように全裸で入って、実はそれが固く禁止されていましたというのではなんだかいたたまれない。無知のうちに恥をかかないためにも、フィンランドのサウナ事情についてよくインターネットで調べてみた。

さて、そのように調べたはいいが、インターネット上の答えはなんだか曖昧である。フィンランドでは全裸で入るサウナもあるし、水着を着て入るサウナもある。そのサウナによって違うので、それぞれのサウナで確認してくださいという、結局どっちやねんという回答であふれてる。結局ホテルのフロントに聞くしかないのだろうか。一応恥をかかないためにフロントに聞いてみた。

「日本ではサウナって裸で入るんですけどフィンランドではどうですか?」

するとフロントの女性の答えはこうであった。「水着があるなら着て入ってもいいかも!あなたが気にしないようならば、裸で入ってOKよ!」これまたなんとも曖昧な答えである。結局どっちにすればいいのだろうか。どうにもこうにもわからないまま、サウナのための時間は訪れた。このホテルでは、女性は17時から1時間、男性は18時から1時間と時間制限が設けられていた。

 

 

・この宿では全裸が正解だった

と言ってもぼくは水着なんか持ち合わせていなかったので、日本のように裸で入るしかなかった。タオルを用意して、それを腰に巻いて入る。入る時点ではぼく以外誰もいなかったので、もはや裸か水着かを気にする必要はまったくなかった。サウナの部屋の前にはシャワーが2つあり、ひとまずそこで体を洗い流すのがマナーのようだ。ぼくもそこで体をきちんと洗い、ついでに髪も一通り洗って初・フィンランドのサウナへと乗り込んだ。

フィンランドのサウナは基本的には日本のものと同じである。しかし決定的な違いがある。見たこともない「焼き石の装置」が置いてあるのだ。この焼き石に水を注ぐと、水が蒸発して、部屋が瞬く間にあたたまるから不思議である。あまりに多くの水を注ぎすぎると、部屋が激しい熱気で満たされてその部屋から逃げたくなるので注意が必要だ。ぼくは控えめにちょろちょろと水をかけて、あ、ちょっと熱くなった、などと言って控えめに楽しんでいた。しばらくして、台湾人のおじさんも入ってきた。

台湾人のおじさんは最初パンツを履いていたが、ぼくが裸であることを確認すると裸になっていた。これでもう安心だ。全裸なのはぼくひとりではなくなり、これで裸がおかしいという状況になっても、おかしいのはふたりなので一応安心だ。しばらくしてベトナム人が入ってきた。彼も裸である。もうこれで完全に安心だ。ここにもし誰か水着を入った男が入ってきても、多数決で全裸の通常が保たれるだろう。

結局6日間サウナに入って誰ひとり水着で入ってくる人などいなかった。フィンランド人も水着ではなかったので、裸がこのホテルでの正解だったと言えるだろう。しかしそのフィンランド人のサウナの流儀はすさまじいものがあった。

 

 

・国際的な裸の付き合い

彼はものすごく大量の水を遠慮なく焼き石装置に注ぎまくるのだ。もうこれでもかと言わんばかりに上からも下からも水をかけていく。部屋は激しい熱気に満たされて、誰もが逃げ出したい気持ちを抑え込んで必死に耐えていた。まるで我慢大会のようだ。するとそのフィンランド人は、フィンランドではこうするのが流儀なんだと言って、焼き石装置になんとビールを注ぎ始めた!

衝撃の瞬間である。この後何が起こるかを、もはや誰ひとり予想できるものはない。気化したアルコールにより酔っ払ったりする可能性はないのだろうか。ビールを蒸発させて吸い込んだ経験なんてないのでどうなるのかわからない。しかしそのような心配にも関わらず、ビールの蒸気は何か有機物が焼けたような料理のような香ばしい匂いを漂わせて終わった。なんだかキッチンで嗅げばいい匂いだが、サウナで嗅ぎたい匂いではなかったかもしれない。

彼はフィンランド流のサウナを外国人に伝えることができて上機嫌となり、彼の弟が幼い頃、サウナの焼き石に間違っておしっこをかけてしまいその時はさすがに変な匂いが部屋中に充満したという思い出を嬉しそうに語っていた。やはりサウナが国民の間に浸透しているフィンランドでは、サウナにまつわる思い出話のひとつやふたつあって当たり前のようだ。

この6日間でベトナム人、台湾人、韓国人、トルコ人、ドイツ人、フィンランド人など国際色豊かな時間となった。裸の付き合いが仲良くなれるのは日本でもフィンランドでも同じらしい。最初は日本的にタオルを腰に巻くのがマナーだと思っていたが、みんなそんなこと気にせずにサウナを楽しんでいたのが印象的だ。むしろタオルを取って素っ裸になり、自然体で大いにサウナを楽しんでいる人々が圧倒的に多かった。

ぼくがこの6日間で学んだことは、国際的には包茎を全然気にしていないということと、タオルで隠さなければならないというマナーの観念が最も強いのは、日本人と韓国人だということである。

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ