まさに激流!広島県廿日市市の「妹背の滝」は豪雨の後で大迫力だった

 

豪雨の後の滝の迫力はすごい!!!!!

まさに激流!広島県廿日市市の「妹背の滝」は豪雨の後で大迫力だった

・岡山県を深めて、次は広島県を深める!
・広島県の代表的観光地、宮島へ行きたい!
・偶然近くにあった広島県廿日市市の「妹背の滝」を訪れた
・妹背の滝には、雄滝と雌滝の2つがある

・岡山県を深めて、次は広島県を深める!

新たなる旅立ち!見知らぬ日本海の旅がしたい

長崎県の旅がおトク!6000円以上の宿泊でホテル代が5000円引きになる衝撃

巨大ダムの見える絶景混浴温泉!岡山県北部の湯原温泉の砂湯に行ってきた

岡山フルーツのかき氷!岡山市のおまち堂でシャインマスカットと桃のかき氷を食べてきた

カラフルな鍾乳洞と神秘的な地底湖!岡山県中部の「満奇洞」へ行ってきた

中国地方一の滝!日本の滝百選にも選ばれている岡山県の「神庭の滝」へ行ってきた

雲海の発生する条件とは?!岡山県の「備中松山城を望む展望台」から雲海+お城の絶景を奇跡的にとらえた

咲き誇るアジサイに桃太郎伝説に木造の廻廊!岡山県の吉備路神社へ行ってきた

本物の花がアクセサリーに!岡山県倉敷の素敵な古民家店「苑工房」を訪れた

岡山フルーツ満載のパフェ!風流な倉敷の町並みの中を散策する

 

日本海を北上する車中泊の旅の出発地として長崎県を選択し、関西から長崎県まで車で向かった。ついでに途中のまだ未開拓の県も深めようと、岡山県のほぼ全域を巡ってから、隣の県の広島県を目指した。

 

崖の上のポニョの舞台!古民家あふれる広島県の鞆の浦を散策した

広島県ではまず、宮崎駿監督のジブリアニメ「崖の上のポニョ」の舞台となっていることが公式に認められている広島県の瀬戸内海の港町・鞆の浦を少しの時間だけ散策した。

 

 

・広島県の代表的観光地、宮島へ行きたい!

広島県はこれまでに何度が来たことがあったものの、最も代表的な観光地である宮島に行ったことがなかったで、この機会にぜひ行こうと思い立ち、宮島のある広島県廿日市市へ向かった。廿日市市へ到着したのは夜だったので、適当なところで車中泊して夜を明かした。その日の夜は広島県は記録的な豪雨だった。梅雨時期だったのでこれまでの旅路もほとんど雨か曇りで、せっかく明日人生で初めての宮島へ行くのに雨だったら嫌だなぁと思いながら眠りについた。

しかし神様に祈りが通じたのか、夜中は豪雨だったのに起きたら綺麗に晴れていた!まさに快晴!こんなに晴れちゃっていいのかと嬉しがっていると、ぼくが車中泊したところは滝の近くだということに気が付いた。ぼくは日本をあちこち旅して来て、もしかしたら滝というものや激流が好きな種類の人間かもしれないと自分自身の性質を発見し、ここの滝も有名なのかそうでないのかよくわからないけれどこれも何かの縁だと感じ、滝を見学するために歩みを進めた。

 

 

・偶然近くにあった広島県廿日市市の「妹背の滝」を訪れた

ぼくが訪れたのは宮島のある広島県廿日市市の「妹背の滝」という場所だった。ここがなんとも意外と、偶然通りかかったにしてはものすごく見事で大迫力の壮麗な滝だったのでかなり感動的だった!ここは単なる自然の中の滝という感じではなく、2つの滝が神様として崇め奉られているようだった。

日本では滝が神や仏と結びついていることが多いように見える。ぼくの感覚では滝が仏教と結びついた場合には不動明王が祀られていることが多いように思う。滝というのは激しく水が揺れ動くものであるのに、”不動”明王と結びついているとは、矛盾しているようでなんだか面白い。ここの妹背の滝は仏教ではなく、和歌山県の那智の滝のように神様と結びついたようである。妹背の滝へと歩みを進めるためには、まず鳥居をくぐり神社でお参りする必要がある。神社の中に、2つの滝が存在しているのだ。

 

 

・妹背の滝には、雄滝と雌滝の2つがある

 

その2つの滝の名は、雄滝と雌滝。神社でお参りしていて、まず目の前に飛び込んでくるのは雌滝。高低落差50メートルの、細長くて美しい滝。こちらは遠くから眺めるだけだった。

 

木漏れ日溢れる癒しの遊歩道を歩いていくと見えてくるのは、雌滝よりも太く短い雄滝!雄滝の方は滝のすぐそばまで近づくことができる。昨晩の豪雨のためか水量がもものすごいことになっており、まさに大迫力の激流だった!こんなに素晴らしくて見応えのある滝を間近で、しかも無料で見られるなんて本当に感動的だった!滝の近くへまで迫ると、滝を落ちる水が作り上げる水しぶきや突風までもが感じられ、滝を映像ではなく実際に見学することの素晴らしさに心打たれた。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

関連記事