トゥクトゥクとローカルバスを活用!ブッダガヤからラージギルまでの移動を徹底解説

(この記事には広告が含まれる場合があります)

 

インド仏教の聖地から聖地まで移動だ!!!!!

トゥクトゥクとローカルバスを活用!ブッダガヤからラージギルまでの移動を徹底解説

・ぼくのインド仏教巡礼の旅
・ブッダガヤからガヤーを経由してラージギルを目指そう
・ブッダガヤからガヤーまでの交通手段はトゥクトゥクしかなかった
・ガヤーからラージギルまでのローカルバスは便がたくさん出ていた

・ぼくのインド仏教巡礼の旅

ぼくの今回のインド一周の旅の最大の目的は、ブッダが亡くなったという入滅の地「クシナガラ」を訪れることだった。10年前のネパールの旅の中でブッダ生誕の地「ルンビニ」へ行ったことがあったので、今度は亡くなった場所を巡礼したいというのがぼくの10年来の憧れだった。またブッダの生涯は謎に包まれているが、死に至る最後の旅については「大般涅槃経」もしくは「大パリニッバーナ経」として克明な記録が残されていて、作家の五木寛之さんが「仏教への旅」という番組でその大般涅槃経に沿った深遠な旅をするのを見たというのも、ぼくがクシナガラを特別に訪れたい理由のひとつとなった。

ブッダ生誕の地ルンビニや、ブッダ入滅の地クシナガラ、ブッダが悟りを開いたブッダガヤや、ブッダが好んでよく説法を説いたと言われるラージギルは、地理的にはインド北東部〜ネパールの南部に集中しているが、それぞれがかなり辺鄙なところにあり移動も不便でややこしいことから、個人旅行としてのインド仏跡巡礼の旅は困難を極めた。しかしだからこそ自らで旅路を切り拓き、ずっと憧れていた仏教にまつわる聖地へ辿り着いた感動は言葉にできないほどに大きなものだった。今回の記事では移動が不便で情報も少なかったインド仏教遺跡間の移動方法を、自分自身の経験を踏まえて解説していこうと思う。これからインドの仏教巡礼の旅をする日本の人々のお役に立てれば幸いである。

ちなみにぼくはコルカタ、ブッダガヤ、ラージギル、クシナガラ、バラナシの順にインド仏教巡礼の旅路を進めた。以下の記事ではコルカタからブッダガヤまで夜行バスで移動する方法をまとめた。

見知らぬインド人と同じベッドに!コルカタからブッダガヤまでの移動は夜行バスが安くて便利だった

 

・ブッダガヤからガヤーを経由してラージギルを目指そう

今回の記事ではブッダガヤからラージギルまでの移動方法をまとめる。ブッダガヤとラージギル間の距離は70kmほどとあまり離れていないが、やはり仏跡は不便なところにあり、さらにインドの交通公共機関は速度がかなり遅いこともあってそれなりに時間がかかった。しかし近場へと移動する感じだったのでそんなに難易度は高くなかったと言える。

ブッダガヤからラージギルへ行くためには、まずブッダガヤからガヤーのバスステーションへ行かなければならない。そしてガヤーバスステーションからラージギル行きのローカルバスに乗り込むという計画だ。

 

 

・ブッダガヤからガヤーまでの交通手段はトゥクトゥクしかなかった

 

ぼくにとって予想外だったのは、ブッダガヤからガヤーのローカルバスはないということだ。誰に聞いてもトゥクトゥクで行くしかないという。ブッダガヤなんて仏教徒に大人気の聖地だから当然ガヤーからローカルバスの往復が出ているはずだと思い込んでいたが、当てが外れた。ブッダガヤまではトゥクトゥクで行くしかなく、一人旅なので一応探してはいたもののガヤーまでのトゥクトゥクをシェアできる旅人も見つからず、結局1人でトゥクトゥクに乗って交渉して200ルピー(320円くらい)でガヤーのバスステーションまで連れていってもらった。

 

ガヤーの街中もものすごい車の数とけたたましいクラクションで混沌としていた。インドらしい!ブッダガヤからガヤーまでトゥクトゥクで30分ほどかかった。

 

 

・ガヤーからラージギルまでのローカルバスは便がたくさん出ていた

 

次はラージギル行きのローカルバスに乗り込む。当然エアコンなし、窓全開の安定のインドクオリティだった。ラージギルは近場なのでたくさん便が出ているらしく、すぐにバスに乗り込むことができた。所要時間は2時間半、120ルピー(190円くらい)だった。

 

到着したラージギルはものすごく素朴な町で、動物たちがのんびり暮らしているのどかな聖地だった。ぼくはこの町でブッダが好んで説法を行ったと言われる霊鷲山(りょうじゅせん)に登ろうと思う。

 

 

・インド一周の旅の記事一覧はこちら!

人生は苦しく孤独でいい!「大般涅槃経」「仏教への旅」との出会いは20歳のぼくを仏教世界へと導いた

インドの呪い?!インド航空券を予約してからお腹の調子が悪くなってインドの恐ろしさを感じた

3400円まで無料!関西国際空港「ぼてぢゅう1946」でプライオリティパスを活用して食べまくった

羽田空港の国際線サクララウンジへ!これからカレー大国インドへ行くのにうっかりJALカレーを食べてしまった話

インドに行きたくない!デリー空港行きのJAL国際線が快適すぎてもはやずっと機内にいたかった

デリー空港のアライバルビザについて徹底解説!インディラ・ガンディー国際空港からついにインド入国した

牛の大量放尿に鼓膜破れるクラクション!デリー1日目で既にインドの洗礼を受けて衝撃的だった

デリーの街に全裸の男現る!インドのジャイナ教の修行僧は股間丸出しで人々の尊敬を集めていた

ローカルバスで日帰り旅行可能!アウランガーバードからエローラ、アジャンターへ格安移動する方法を徹底解説

サーンチーの仏塔観光に便利!ボーパールとビディシャ間は15分ごとにローカルバスが運行していた

南インドの楽園!ゴア州のパナジとマルガオ間の移動方法はローカルバスが安くて便利だった

マイソールからシュラバナベラゴラまでローカルバスで行く方法を徹底解説(チャンナラヤパトナ経由)

見知らぬインド人と同じベッドに!コルカタからブッダガヤまでの移動は夜行バスが安くて便利だった

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

関連記事