インドの超巨大男根崇拝(2.5m)!カジュラーホー「マタンゲーシュワラ寺院」のシヴァリンガはインド一周の旅で最大だった

(この記事には広告が含まれる場合があります)

 

インド一周の旅で一番大きかったリンガ!!!!!

インドの超巨大男根崇拝(2.5m)!カジュラーホー「マタンゲーシュワラ寺院」のシヴァリンガはインド一周の旅で最大だった

・インドのカジュラーホーで官能的な男女交合像(ミトゥナ像)を鑑賞しよう
・マタンゲーシュワラ寺院はカジュラーホー寺院西群の有料区域内から直接行けない
・マタンゲーシュワラ寺院内には巨大で神々しいシヴァリンガが祀られていた
・シヴァの象徴がなぜ男根なのか、インド人に質問してみた
・マタンゲーシュワラ寺院でまさかのインド人だと間違われた
・マタンゲーシュワラ寺院のシヴァリンガと雄牛のナンディー

・インドのカジュラーホーで官能的な男女交合像(ミトゥナ像)を鑑賞しよう

ぼくはインド一周の旅の中で首都のデリー、タージマハルのあるアーグラを巡り、次なる町のカジュラーホーへやって来た。カジュラーホーは何と言っても世界遺産の寺院群が有名で、内外の壁面に敷き詰められた数え切れないほどの彫刻が圧巻だった。その中でも特に世界に類を見ない男女交合像(ミトゥナ像)は見応えがあり、ぼくたち全ての人間の根源となる本能的行為を炎天下のインドの大地の上で見せつけられると、何とも言えない眩暈を起こしそうなクラクラした気持ちになった。

官能的すぎる男女交合像!インドのカジュラーホーで数え切れないエッチなミトゥナ像を鑑賞した

カジュラーホー寺院西群へ入るためには外国人は600ルピーの入場料が必要。インド人は30ルピーなのでその値段は20倍となりとんでもない外国人差別だが、インドを旅するとこの外国人入場料は日常茶飯事なのでいちいち怒っていても仕方ない。高額な入場料の先には古代インドの官能の世界が待っているので、文句も言わず大人しくお金を支払った。

古代からのヒンドゥー教寺院がよく保存されているカジュラーホー寺院西群のほとんどは当然有料区域内にあるのだが、その中でもたったひとつだけ無料で入れるというお寺が存在した。それが「マタンゲーシュワラ寺院(Matangeshvara Temple)」というヒンドゥー寺院である。

なぜこの寺院だけ無料なのかというと、この寺院だけは他とは異なり今でも祈りの場所として地元のインド人が参拝しに来るからだという。つまりはカジュラーホー寺院西群の中で唯一今も生きている、人々が祈りを捧げるための観光客用ではない寺院だということだ。それがわかるととても興味が湧き、ぜひどのような寺院なのか参拝してみたくなった。

 

 

・マタンゲーシュワラ寺院はカジュラーホー寺院西群の有料区域内から直接行けない

マタンゲーシュワラ寺院はカジュラーホー寺院西群の有料区域内とは繋がっておらず、有料区域内から直接行くことができないので、カジュラーホー寺院西群の官能的な彫刻群を十分に鑑賞し終わって一旦外に出てから、普通の無料のお寺を参拝するような感じでマタンゲーシュワラ寺院までの通り道を探して訪れる必要がある。カジュラーホー寺院西群の有料区域とマタンゲーシュワラ寺院は隣接しているのですぐ隣に見えており、そのまま有料区域内から行けそうな気がしてしまうが、その間には柵が設けられていて決して通れない作りとなっていた。

 

・マタンゲーシュワラ寺院内には巨大で神々しいシヴァリンガが祀られていた

 

別に大して何もないだろうと思われたこのマタンゲーシュワラ寺院には、驚くべきものすごいものがあった。それは高さ2.5mの巨大リンガだ。これほどまでに立派で巨大なリンガを、ぼくはインド一周の旅の中でも目撃することがなかった。地元の人はこれはインドで最大のリンガだろうと自慢していたが、インドは広いのでどうやら最大ではないようだ。しかし最大ではないにしてもかなり巨大なものに間違いはなく、寺院内の荘厳な雰囲気も相待って神々しさを感じさせられるほどだった。

 

 

リンガ自体はインド旅行をしていれば全く珍しいものではなく、ヒンドゥー教の破壊神シヴァの象徴である男根を表現しているので、インドのそこらじゅうのヒンドゥー教寺院の中心に祀られているのを度々発見した。日本で言えばお地蔵さんのように道端にリンガが立っていたりするので、それほどインド人には存在していて当たり前で親しみ深い存在なのだろう。しかし大抵の場合それは小さくて背の低いものが多く、大きくても自分の腰ぐらいまでのものしか見たことがなかった。

 

 

しかしこのカジュラーホーのマタンゲーシュワラ寺院は違う。軽く自分の身長を超えており、それどころか身長の2倍はありそうだ。インドでは神聖なものに色鮮やかな花を添える習慣があり、この巨大リンガにも黄色い花輪がかけられていて美しい。リンガには日本人には読めない文字が黄金色で書かれており(ヒンドゥー語?)、シヴァ神を意味しているものだという。その文字の上にはこれまた何かよくわからないグラフのような四角い図形が。何が何だかわからないけれど、何が何だかわからない方が異国を旅している感が出て神秘的で嬉しい。

 

 

リンガの底にはヨーニ(女陰)が設置されており、男女の生殖器の結合を表現している。

 

 

インド人たちは目の前に立ちはだかる巨大リンガに祈りを捧げ、幸福を祈っている。人よりも大きなリンガを見たのはこれが初めてだったので、その圧倒的な迫力に威厳を感じ、畏怖の念を覚えた。

 

狭い寺院内にはおまけのように設置された可愛いミニリンガも。

 

・シヴァの象徴がなぜ男根なのか、インド人に質問してみた

この寺院内で日本語を話せる怪しいインド人男性に会ったので、ずっと気になっていた質問を投げかけてみた。すなわちシヴァは”破壊”の神様なのに、なぜシヴァの象徴が生命を”創造”する男根(リンガ)であるのかという問いだ。

そのインド人が言うのは「シヴァは破壊の神様であると同時に、エッチの神様でもある。だから男根として祀るのだ」と言われて、そうなのかと納得した。本当にこの答えが正しいのか定かではないが、ヒンドゥー教を信仰する一インド人の意見として耳を傾ける価値はあっただろう。

シヴァ=エッチの神様?!ヒンドゥー教の破壊神シヴァの象徴がなぜ男根(リンガ)なのかインド人に質問してみた

 

・マタンゲーシュワラ寺院でまさかのインド人だと間違われた

マタンゲーシュワラ寺院の中ではやたらとインド人のおばちゃんにヒンドゥー語で話しかけられた。どうやらぼくのことをインド人だと思っているようだ。どこからどう見てもインド人には見えないと思ったが、インドで日焼けしてインド人のような風貌に変わったのだろうか。上記のシヴァリンガについて質問したインド人男性の説明によると、インド人にも色々な顔があり、チベット系のインド人なんかは日本人と同じような顔つきをしているので、それでぼくのこともチベット系のインド人と思っていたということだった。インド人にも様々な顔があるんだなぁ。まさか自分がインドの旅の中でインド人と間違われる機会なんてないと思っていたので驚いた瞬間だった。

 

 

・マタンゲーシュワラ寺院のシヴァリンガと雄牛のナンディー

 

マタンゲーシュワラ寺院の境内に鎮座するお猿の神様(ハヌマーン)。

 

境内に設置された小さなリンガたち。シヴァ神の象徴であるリンガの前には、シヴァ神の乗り物である雄牛のナンディーが休んでいる。

 

 

・日本一周して見つけた生殖器崇拝の記事一覧はこちら!

日本の男根崇拝・生殖器崇拝は世界三大宗教よりも素晴らしいとぼくが考える理由

巨大な男根と女性器像!長崎県雲仙「木花聞那姫神社」で生命と日本信仰の根源を目の当たりにする

不思議な男根神チムチムゴッドを発見!Go To トラベルで岐阜県下呂温泉に泊まったら日本の生殖器崇拝への理解が深まった

「日本の山の神は醜い女性でしかも男根が好き」という伝説は真実だと、島根県八重垣神社で確認できた

男根と女陰の結合!大分県伊美別宮社の陰陽神(リンガ)を見て日本と世界の男根崇拝/生殖器崇拝がつながった

巨大な木造の男根だらけ!大分県の「幸徳観音」は謎の珍珍スポットだった

巨大にそそり立つ男根たち!日本昔ばなし「マヨヒガ」を求めて遠野を彷徨えば程洞稲荷神社のコンセイサマへたどり着いた

仲良く並ぶ男根と女陰!岩手県遠野「伝承園」にも金精様(コンセイサマ)が祀られていた

たくましくリアルな男根像が並ぶ金勢社!遠野の「早池峰神社」は神聖な雰囲気あふれる山寺だった

遠野物語にも出てくる男根神!「山崎のコンセイサマ」は石も木も賽銭箱も全部男根だった

温泉=女陰だから温泉には男根を祀る日本の風習があると「藤七温泉 彩雲荘」の巨大木造男根から学んだ

おっぱいとおへそと男根が目立つ!藁人形の巨神「鹿島様」は秋田県湯沢市の疫病退治の道祖神だった

自然石の巨大な男根岩!群馬屈指のパワースポット榛名神社は奇岩だらけだった

東北地方には男根崇拝がいっぱい!岩手県花巻市大沢金勢神社はあまりに素朴な境界神だった

標高2000m天空の男根崇拝!栃木・群馬間の金精峠「金精神社」への危険な道のりと行き方を徹底解説

衝撃の事実!日本人は縄文時代から男根崇拝していたことを長野県「茅野市尖石縄文考古館」で学んだ

超古代の男根女陰石像!和歌山県「歓喜神社」「白浜美術館」で世界中の生殖器崇拝を確認できた

醜女の山の神に祀られた木造男根の羅列!三重県南伊勢町斎田「山の神」は男根崇拝的な秘境神社だった

大都会新宿の男根崇拝!伊勢丹百貨店近くの「花園神社」には巨大木造男根が隠されていた

人形供養に針供養に生殖器崇拝!アニミズム信仰が息づく和歌山県淡嶋神社は女性の願いを叶えてくれる神社だった

道祖神と性の切れない関係!神奈川県の男根型「東小和田の道祖神」は男女仲睦まじい双体道祖神だった

ちんちん鈴!?奈良県明日香村の飛鳥坐神社で男性器と女性器の結合と陰陽石の神秘をたどる

天狗の鼻は男根を暗示しているというのは本当か?

クライドリに失せ物探し!マタギには山の神にちなんだ男根的風習が多く残っているというのは本当か?

大黒天=男根=リンガ=シヴァ?!ヒンドゥー教のシヴァ神と日本の大黒天が同一であるというのは本当か?

「男根崇拝」や「生殖器崇拝」はエッチで原始的で奇妙な習慣だというのは本当か?

日本の道祖神とギリシャヘルマの共通点!なぜ男根は世界中で「境界の神」として崇められているのか徹底考察してみた

 

・世界一周して見つけた生殖器崇拝の記事一覧はこちら!

世界の男根信仰と繋がる!あまりに男性的特徴を持つ台湾・金門島の風獅爺は男根の化身

謎の古代遺跡パワースポット!インドネシア・バリ島のゴアガジャ遺跡へウブド市内から徒歩で訪れた

顔と男根だけ!不思議な境界神ヘルマ像をギリシャ・トルコの考古学博物館で見まくった

ギリシャは男根の国!ギリシャ全土のお土産屋さんではカラフルな男根グッズが堂々と売られていた

東南アジア・タイで男根崇拝を発見!勃起時、平常時の2つの男根を併せ持つブラックハウスの柄杓の正体が謎すぎた

シヴァ=エッチの神様?!ヒンドゥー教の破壊神シヴァの象徴がなぜ男根(リンガ)なのかインド人に質問してみた

 

・インド一周の旅の記事一覧はこちら!

人生は苦しく孤独でいい!「大般涅槃経」「仏教への旅」との出会いは20歳のぼくを仏教世界へと導いた

インドの呪い?!インド航空券を予約してからお腹の調子が悪くなってインドの恐ろしさを感じた

3400円まで無料!関西国際空港「ぼてぢゅう1946」でプライオリティパスを活用して食べまくった

羽田空港の国際線サクララウンジへ!これからカレー大国インドへ行くのにうっかりJALカレーを食べてしまった話

インドに行きたくない!デリー空港行きのJAL国際線が快適すぎてもはやずっと機内にいたかった

デリー空港のアライバルビザについて徹底解説!インディラ・ガンディー国際空港からついにインド入国した

牛の大量放尿に鼓膜破れるクラクション!デリー1日目で既にインドの洗礼を受けて衝撃的だった

デリーの街に全裸の男現る!インドのジャイナ教の修行僧は股間丸出しで人々の尊敬を集めていた

インドのイスラム建築が美しい!首都デリーにあるムガル帝国時代の世界遺産「赤い城」を見学した

インドの電車の予約方法や座席の仕組みは?デリー発アグーラ行きの座席に見知らぬインド人が乗っていて困惑した

お猿と牛の体当たりが怖い!タージ・マハルの街アーグラは野生動物が凶暴だった

タージ・マハルの入場料が無料の日はいつ?美しきイスラム建築を無料で見られてインドの歓迎を受けた

タージ・マハルの見える絶景格安宿とインドで一番美味しかったアーグラのカレーレストランを紹介

官能的すぎる男女交合像!インドのカジュラーホーで数え切れないエッチなミトゥナ像を鑑賞した

ローカルバスで日帰り旅行可能!アウランガーバードからエローラ、アジャンターへ格安移動する方法を徹底解説

サーンチーの仏塔観光に便利!ボーパールとビディシャ間は15分ごとにローカルバスが運行していた

南インドの楽園!ゴア州のパナジとマルガオ間の移動方法はローカルバスが安くて便利だった

マイソールからシュラバナベラゴラまでローカルバスで行く方法を徹底解説(チャンナラヤパトナ経由)

インド旅はredBusアプリを活用!コルカタからブッダガヤまでの移動は夜行バスが安くて便利だった

トゥクトゥクとローカルバスを活用!ブッダガヤからラージギルまでの移動を徹底解説

インド仏教巡礼の旅!ラージギルからパトナ経由でクシナガラまで移動する方法を徹底解説

合計10時間移動!ローカルバスでクシナガラからゴーラクプルを経由してバラナシまで移動する方法を徹底解説

シヴァ=エッチの神様?!ヒンドゥー教の破壊神シヴァの象徴がなぜ男根(リンガ)なのかインド人に質問してみた

道路も寺院も牛だらけ!インドで牛が神聖なのはヒンドゥー教の破壊神シヴァの乗り物であることが理由だった

インドのオカマ「ヒジュラー」は性を超越する神秘的なパワーでバスや電車の乗客からお金を稼いでいた

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

関連記事