仏教とヒンドゥー教とジャイナ教を徹底比較!インド・エローラ石窟群の壮大なスケールに圧倒された

 

仏教とヒンドゥー教とジャイナ教が同時に見られるエローラ石窟群が面白すぎる!!!!!

仏教とヒンドゥー教とジャイナ教を徹底比較!インド・エローラ石窟群の壮大なスケールに圧倒された

・アウランガーバードからエローラ石窟群まで日帰り旅行しよう
・エローラ石窟群の入場料、営業時間、休日
・エローラ石窟群では仏教、ヒンドゥー教、ジャイナ教を比較できた
・日本人の心に染み渡る磨崖仏が見られる第1〜12窟の仏教石窟群
・第10窟「ヴィシュヴァカルマ窟」のYouTube動画
・第13〜29窟のヒンドゥー教石窟群の神々は躍動的でエネルギッシュだった
・1つの岩を100年彫って作られたカイラーサナータ寺院が壮大すぎた
・カイラーサナータ寺院の内部を一周したYouTube動画
・ヒンドゥー教における牛と男根(リンガ)の関係性
・衝撃!ジャイナ教石窟群は全裸の仏像だらけだった
・仏教、ヒンドゥー教、ジャイナ教石窟群の比較とまとめ

・アウランガーバードからエローラ石窟群まで日帰り旅行しよう

ぼくはインド一周の旅の中で首都のデリー、タージマハルのあるアーグラー、エッチな遺跡のあるカジュラーホー、聖人に出会いテレビデビューまでしたサガール、インド最古の仏教遺跡のあるサーンチーを巡り、次にアウランガーバードへ辿り着いた。アウランガーバードへ来た目的は、日帰りで世界遺産のエローラ石窟群とアジャンター石窟群の2つを訪れることだった。エローラ石窟群はアウランガーバードから30kmほど、アジャンター石窟群はアウランガーバードから100kmに位置し、両者はかなり離れているので同時に観光することはできない。エローラ石窟群とアジャンター石窟群にそれぞれ丸1日ずつ費やすのが現実的だ。アウランガーバードからエローラ石窟群、アジャンター石窟群へローカルバスを使って日帰りで行く方法は以下の記事に詳しくまとめた。

ローカルバスで日帰り旅行可能!アウランガーバードからエローラ、アジャンターへ格安移動する方法を徹底解説

 

・エローラ石窟群の入場料、営業時間、休日

エローラ石窟群の外国人入場料は600ルピー(約1000円)だった。営業時間は6:00〜18:00。火曜日は休日なので要注意だ。

 

 

・エローラ石窟群では仏教、ヒンドゥー教、ジャイナ教という3大宗教を比較できた

エローラ石窟群は全部で34の洞窟がある壮大な世界遺産だった。エローラ石窟群が他とは違って最高に興味深かったのは仏教の石窟群と、ヒンドゥー教の石窟群と、ジャイナ教の石窟群が、同じ敷地内に同時に横並びで存在していたということだ。

普通はあるひとつの遺跡を巡っても、この遺跡は仏教の遺跡だからと仏教的なものしか見られなかったり、ここはヒンドゥー教のお寺だからヒンドゥー教の神様しかいないというような単一的な経験しかできないだろう。しかしこのエローラ石窟群では仏教、ヒンドゥー教、ジャイナ教の神秘的な聖域を同時に鑑賞することができ、それゆえ古代インドを代表する仏教、ヒンドゥー教、ジャイナ教という3つの宗教遺跡にそれぞれどのような特色がありどのような違いがあるのかということを、比較対照しながら実感として生々しく理解することができる。

34の石窟のうち第1〜12窟は仏教石窟群、第13〜29窟はヒンドゥー教石窟群、第30〜34窟はジャイナ教石窟群だった。仏教石窟群は最も古く5〜7世紀に作られ、ヒンドゥー教石窟群は7世紀から、ジャイナ教石窟群は9〜10世紀に作られたという。エローラ石窟群の敷地はかなり広大で観光するのも大変!基本的には徒歩で回ることになるがジャイナ教石窟群は仏教、ヒンドゥー教石窟群からやや離れているので、移動のために内部で大型のトゥクトゥクが稼働しているほどだった。ぼくはアウランガーバードを朝9時に出発して夕方の18時に帰ってきたので、距離的には比較的近いものの日帰り旅行に丸々1日を費やすほどエローラ石窟群は充実していて見応えがあった。

 

 

・日本人の心に染み渡る磨崖仏が見られる第1〜12窟の仏教石窟群

 

数字の順にエローラ石窟群内を回ろうと思い、ぼくはまず第1〜12窟の仏教石窟群を訪問した。エローラの仏教石窟群のうち第10窟以外は「ヴィハーラ窟」と呼ばれる僧院型式で、僧侶の住居、修行、瞑想の場所として使われたという。石窟の奥の中央部には静寂の中に悟りを開いているブッダの像が祀られているのが典型的だった。

 

 

仏教に馴染みが深い日本人として、エローラの仏教石窟群は非常に親しみを感じる場所だった。日本で最も磨崖仏(石仏)が多いのは大分県であると言われるが、ぼくはこのエローラの仏教石窟群を見て美しい大分県の磨崖仏を思い出した。このようにインドで生まれ育まれた仏教文化がシルクロードを通じてはるか東端の島国である日本にまで辿り着いたというのはとても感慨深いものがある。そのおかげで日本人のぼくはエローラ石窟群を異国の文化としてではなく自分自身の中にある宗教として、自分自身の一部に触れたような思いで見ることができた。

 

 

第10窟だけは「チャイティヤ窟」という僧院型式で、仏塔(ストゥーパ)を祀るために作られたものだという。中央に堂々と仏像が祀られており、まさに現在の寺院の本堂のような役割を思わせる。ヴィハーラ窟のような生活の場というよりはむしろ祈りに特化した場所だという印象を受ける。第10窟は明らかに他の仏教石窟とは異なる迫力と威厳に満ち溢れていた。「ヴィシュヴァカルマ窟」という名前で仏教石窟の中でも有名なこの第10窟は、写真撮影をしていても最も絵になるフォトジェニックな石窟だった。

 

第11〜12窟は巨大な岩がくり抜かれて作られた3階建てのアパートのようになっており度肝を抜かれた!ヴィハーラ窟は僧侶の住居として使われていたというが、まさにこの第11〜12窟は現在人々が住んでいるアパートと同じような建築様式で、古代でも今でも人の暮らしというものはそう変わらないのかもしれないと感じさせられた。しかし宗教的特色を忘れてはおらず、中には古代から壊されずに生き残った数々の仏像が荘厳な雰囲気で鎮座し、やはり単なる住居ではなく厳格な修行の場所であったことを認識させられた。

古代の謎の磨崖仏だらけ!大分県臼杵石仏の岩石に刻まれた磨崖仏のスケールが大きすぎて圧倒された

大日如来と怒らない不動明王!巨大岩石に刻まれた大分県の「熊野磨崖仏」の迫力と深い歴史に圧倒された

 

・第10窟「ヴィシュヴァカルマ窟」のYouTube動画

 

・第13〜29窟のヒンドゥー教石窟群の神々は躍動的でエネルギッシュだった

ぼくは最初石窟が仏教のものであろうがヒンドゥー教のものであろうがジャイナ教のものであろうが、そんなに大きな違いはなく宗教の専門家でもない自分は見ているだけでは全然わからないのではないかと心配していた。しかし仏教石窟群の第1〜12窟の見学が終わってヒンドゥー教石窟群の第13窟に足を踏み入れた時、明らかに今までの石窟と全然違うとわかって非常に面白かった。第1〜12窟までの仏教の像は落ち着いて穏やかで静寂に満ちた悟りの境地を感じられたのに対し、第13窟からのヒンドゥー教の神々の像はやたらと躍動的になり、静けさというよりは生きるエネルギーや怒りや活動的積極性が強調されているように見えた。インドで生まれた仏教がなぜインドではほとんど滅び、その代わりにヒンドゥー教が台頭したのか不思議に思っていたが、熱気が溢れ、混沌とし、生命エネルギーが渦巻いているインドという風土の中を生き抜いているインド人の精神には、絶対にヒンドゥー教の方が合っているよなぁとエローラ石窟群を見て妙に納得してしまった。

 

 

・1つの岩を100年彫って作られたカイラーサナータ寺院が壮大すぎた

 

第13〜29窟のヒンドゥー教石窟群の中で最も有名でものすごいのは、何と言っても第16窟のカイラーサナータ寺院だ。見逃そうとしても見逃せないほど圧倒的に巨大なヒンドゥー教寺院で、西暦756年から約1世紀という途方もない時間をかけて1つの巨大な岩を彫ることで完成したという。大きさはギリシャのパルテノン神殿の倍ほどのスケールだという。実際にあまりに巨大すぎてその全貌を正面から確かめることは難しく、わざわざカイラーサナータ寺院に沿って作られた坂道を登っていき、丘の上から眺めることでやっとその壮大さや緻密な美しさ、芸術性の高さがわかるようになっている。

 

 

中も広大で躍動的なヒンドゥー教の彫刻がいっぱい!その代わりインド人もいっぱいいるので混んでいるところではなかなか前に進めない。他の石窟では全くそんなことはないが、やはりこのカイラーサナータ寺院はエローラ石窟群の中で群を抜いて人気なようだ。

 

このヒンドゥー教寺院の中心には、当然のようにシヴァが祀られていた。シヴァが祀られているということはすなわち、シヴァの象徴である男根(リンガ)が祀られていることを意味する。この古代の人々が途轍もない労力と時間をかけて1つの岩から作られた見事で壮大な寺院が、結局は男根を祀るためのものだったという事実は何だか面白い。どんなに高尚な思想や哲学を思い描いても、結局人間の祈りの中心には生々しい生殖器が横たわっているということなのだろうか。これは古代の人々に限らず、現代の人間を観察していても究極的には全ての行動や思考が生殖器によって支配され、突き動かされているように見える。それはどんなに進化したり進歩したりしても、動物である限り避けられない人間の宿命に他ならないだろう。荘厳で神々しいカイラーサナータ寺院の中心に鎮座する立派なリンガは、包み隠すことのない人間からの率直で正直な告白であるようにぼくには映った。

シヴァ=エッチの神様?!ヒンドゥー教の破壊神シヴァの象徴がなぜ男根(リンガ)なのかインド人に質問してみた

日本の男根崇拝・生殖器崇拝は世界三大宗教よりも素晴らしいとぼくが考える理由

 

・カイラーサナータ寺院の内部を一周したYouTube動画

 

・ヒンドゥー教における牛と男根(リンガ)の関係性

 

エローラ石窟群の敷地はかなり広大で、仏教石窟群はまだ頑張って全て回ったが、ヒンドゥー教石窟群は多すぎてとても全部を見切れなかった。しかしヒンドゥー教石窟群の前を通っていると、時々石窟の前にプリンとした牛の像のお尻が見えたのは面白かった。牛の像が石窟の前で待っているということは、その石窟はシヴァを祀ったものであると予測することができた。なぜならシヴァの乗り物が、雄牛のナンディーだからだ。

 

 

そして石窟に入ってみると、やっぱりシヴァの象徴である男根(リンガ)が祀られていた。

 

牛の像が見えたらその前には立派なリンガが聳え立っているというのは、もはやインド全体で成り立つ法則のようだった。

 

・衝撃!ジャイナ教石窟群は全裸の仏像だらけだった

第30〜34窟はジャイナ教石窟群は仏教石窟群とヒンドゥー石窟群からかなり離れたところにあった。炎天下の中を20分くらい歩くのでかなり体力を消耗したが、途中で乗り合いのトゥクトゥクサービスも見かけたので歩きたくない人は利用してみてもいいだろう。

 

ジャイナ教石窟群の中では”小カイラーサナータ”と呼ばれている第32窟が有名。カイラーサナータよりも遥かに小規模だが、神殿や繊細で芸術的な彫刻に心奪われた。

 

 

ジャイナ教石窟群にも、仏教石窟群やヒンドゥー教石窟群と明確に区別できるある要素があった。他とは違うその特殊な要素とは、仏像が全裸であるということだ。正確には仏像ではなくジャイナ教を開いたマハーヴィーラの像だと思われるが、ジャイナ教に親しみのない日本人のぼくには仏像が堂々と全裸で立っているように見えた。デリーのジャイナ教寺院では、いきなりジャイナ教の修行僧が全裸で目の前に立っていてびっくりしたし、ヒンドゥー教の聖人になぜか大舞台に上げられた会場でも全裸の修行僧のおじさんに出会った。

 

インドでは普通に生きていてもその辺で全裸のおじさんに出くわすのだから、今更全裸の仏像に出会っても驚くほどのことではない。しかし修行僧が全裸だからといって、仏像まで全裸であるというジャイナ教の習わしはとても興味深いものがあった。いや実際には無所有を表現した全裸の仏像を見習って、今を生きる修行僧たちが全裸で修行に勤しんでいるのだろう。日本の仏像というのは当然服を着たり衣をまとったりしているので、全裸で男根を丸出しにした仏像なんて初めて見たのでとても新鮮だった。エローラ石窟群で仏教、ヒンドゥー教、ジャイナ教という3つの宗教を巡ってみて、ジャイナ教の仏像というのは仏教的で静寂な雰囲気に包まれているのに、ヒンドゥー教のように男根(リンガ)を強調させていることから、何だか仏教とヒンドゥー教を融合させたみたいだと感じられた。

デリーの街に全裸の男現る!インドのジャイナ教の修行僧は股間丸出しで人々の尊敬を集めていた

 

・仏教、ヒンドゥー教、ジャイナ教石窟群の比較とまとめ

石窟の番号 特徴
仏教石窟群 第1〜12窟 静寂に満ちた仏像
ヒンドゥー教石窟群 第13〜29窟 躍動的な神々、男根(リンガ)
ジャイナ教石窟群 第30〜34窟 全裸のマハーヴィーラ像

 

・インド一周の旅の記事一覧はこちら!

人生は苦しく孤独でいい!「大般涅槃経」「仏教への旅」との出会いは20歳のぼくを仏教世界へと導いた

インドの呪い?!インド航空券を予約してからお腹の調子が悪くなってインドの恐ろしさを感じた

3400円まで無料!関西国際空港「ぼてぢゅう1946」でプライオリティパスを活用して食べまくった

羽田空港の国際線サクララウンジへ!これからカレー大国インドへ行くのにうっかりJALカレーを食べてしまった話

インドに行きたくない!デリー空港行きのJAL国際線が快適すぎてもはやずっと機内にいたかった

デリー空港のアライバルビザについて徹底解説!インディラ・ガンディー国際空港からついにインド入国した

牛の大量放尿に鼓膜破れるクラクション!デリー1日目で既にインドの洗礼を受けて衝撃的だった

デリーの街に全裸の男現る!インドのジャイナ教の修行僧は股間丸出しで人々の尊敬を集めていた

インドのイスラム建築が美しい!首都デリーにあるムガル帝国時代の世界遺産「赤い城」を見学した

インドの電車の予約方法や座席の仕組みは?デリー発アグーラ行きの座席に見知らぬインド人が乗っていて困惑した

お猿と牛の体当たりが怖い!タージ・マハルの街アーグラは野生動物が凶暴だった

タージ・マハルの入場料が無料の日はいつ?美しきイスラム建築を無料で見られてインドの歓迎を受けた

タージ・マハルの見える絶景格安宿とインドで一番美味しかったアーグラのカレーレストランを紹介

官能的すぎる男女交合像!インドのカジュラーホーで数え切れないエッチなミトゥナ像を鑑賞した

インドの超巨大男根崇拝(2.5m)!カジュラーホー「マタンゲーシュワラ寺院」のシヴァリンガはインド一周の旅で最大だった

インドへ行くと人生観が変わるって本当?有名な聖人Bageshwar Dham Sarkarに未来を予知してもらう旅が始まった

インドでTV出演して有名人に!聖人Bageshwar Dham Sarkarのいる大舞台に上げられて祝福を受けた

鳥居の起源はインド?世界遺産サーンチーの仏塔門(トーラナ)の古代仏教美術の美しさに心奪われた

アショーカ王の獅子柱頭が魅力的!サーンチーは考古学博物館や市場を巡りながらのんびり過ごした

サーンチーの仏塔観光に便利!ボーパールとビディシャ間は15分ごとにローカルバスが運行していた

インドの夜行列車に初挑戦!サーンチーからボーパール、そしてアウランガーバードまで電車移動した

ローカルバスで日帰り旅行可能!アウランガーバードからエローラ、アジャンターへ格安移動する方法を徹底解説

南インドの楽園!ゴア州のパナジとマルガオ間の移動方法はローカルバスが安くて便利だった

マイソールからシュラバナベラゴラまでローカルバスで行く方法を徹底解説(チャンナラヤパトナ経由)

インド旅はredBusアプリを活用!コルカタからブッダガヤまでの移動は夜行バスが安くて便利だった

トゥクトゥクとローカルバスを活用!ブッダガヤからラージギルまでの移動を徹底解説

インド仏教巡礼の旅!ラージギルからパトナ経由でクシナガラまで移動する方法を徹底解説

合計10時間移動!ローカルバスでクシナガラからゴーラクプルを経由してバラナシまで移動する方法を徹底解説

シヴァ=エッチの神様?!ヒンドゥー教の破壊神シヴァの象徴がなぜ男根(リンガ)なのかインド人に質問してみた

道路も寺院も牛だらけ!インドで牛が神聖なのはヒンドゥー教の破壊神シヴァの乗り物であることが理由だった

インドのオカマ「ヒジュラー」は性を超越する神秘的なパワーでバスや電車の乗客からお金を稼いでいた

 

・日本一周して見つけた生殖器崇拝の記事一覧はこちら!

日本の男根崇拝・生殖器崇拝は世界三大宗教よりも素晴らしいとぼくが考える理由

巨大な男根と女性器像!長崎県雲仙「木花聞那姫神社」で生命と日本信仰の根源を目の当たりにする

不思議な男根神チムチムゴッドを発見!Go To トラベルで岐阜県下呂温泉に泊まったら日本の生殖器崇拝への理解が深まった

「日本の山の神は醜い女性でしかも男根が好き」という伝説は真実だと、島根県八重垣神社で確認できた

男根と女陰の結合!大分県伊美別宮社の陰陽神(リンガ)を見て日本と世界の男根崇拝/生殖器崇拝がつながった

巨大な木造の男根だらけ!大分県の「幸徳観音」は謎の珍珍スポットだった

巨大にそそり立つ男根たち!日本昔ばなし「マヨヒガ」を求めて遠野を彷徨えば程洞稲荷神社のコンセイサマへたどり着いた

仲良く並ぶ男根と女陰!岩手県遠野「伝承園」にも金精様(コンセイサマ)が祀られていた

たくましくリアルな男根像が並ぶ金勢社!遠野の「早池峰神社」は神聖な雰囲気あふれる山寺だった

遠野物語にも出てくる男根神!「山崎のコンセイサマ」は石も木も賽銭箱も全部男根だった

温泉=女陰だから温泉には男根を祀る日本の風習があると「藤七温泉 彩雲荘」の巨大木造男根から学んだ

おっぱいとおへそと男根が目立つ!藁人形の巨神「鹿島様」は秋田県湯沢市の疫病退治の道祖神だった

自然石の巨大な男根岩!群馬屈指のパワースポット榛名神社は奇岩だらけだった

東北地方には男根崇拝がいっぱい!岩手県花巻市大沢金勢神社はあまりに素朴な境界神だった

標高2000m天空の男根崇拝!栃木・群馬間の金精峠「金精神社」への危険な道のりと行き方を徹底解説

衝撃の事実!日本人は縄文時代から男根崇拝していたことを長野県「茅野市尖石縄文考古館」で学んだ

超古代の男根女陰石像!和歌山県「歓喜神社」「白浜美術館」で世界中の生殖器崇拝を確認できた

醜女の山の神に祀られた木造男根の羅列!三重県南伊勢町斎田「山の神」は男根崇拝的な秘境神社だった

大都会新宿の男根崇拝!伊勢丹百貨店近くの「花園神社」には巨大木造男根が隠されていた

人形供養に針供養に生殖器崇拝!アニミズム信仰が息づく和歌山県淡嶋神社は女性の願いを叶えてくれる神社だった

道祖神と性の切れない関係!神奈川県の男根型「東小和田の道祖神」は男女仲睦まじい双体道祖神だった

ちんちん鈴!?奈良県明日香村の飛鳥坐神社で男性器と女性器の結合と陰陽石の神秘をたどる

天狗の鼻は男根を暗示しているというのは本当か?

クライドリに失せ物探し!マタギには山の神にちなんだ男根的風習が多く残っているというのは本当か?

大黒天=男根=リンガ=シヴァ?!ヒンドゥー教のシヴァ神と日本の大黒天が同一であるというのは本当か?

「男根崇拝」や「生殖器崇拝」はエッチで原始的で奇妙な習慣だというのは本当か?

日本の道祖神とギリシャヘルマの共通点!なぜ男根は世界中で「境界の神」として崇められているのか徹底考察してみた

 

・世界一周して見つけた生殖器崇拝の記事一覧はこちら!

世界の男根信仰と繋がる!あまりに男性的特徴を持つ台湾・金門島の風獅爺は男根の化身

謎の古代遺跡パワースポット!インドネシア・バリ島のゴアガジャ遺跡へウブド市内から徒歩で訪れた

顔と男根だけ!不思議な境界神ヘルマ像をギリシャ・トルコの考古学博物館で見まくった

ギリシャは男根の国!ギリシャ全土のお土産屋さんではカラフルな男根グッズが堂々と売られていた

東南アジア・タイで男根崇拝を発見!勃起時、平常時の2つの男根を併せ持つブラックハウスの柄杓の正体が謎すぎた

シヴァ=エッチの神様?!ヒンドゥー教の破壊神シヴァの象徴がなぜ男根(リンガ)なのかインド人に質問してみた

官能的すぎる男女交合像!インドのカジュラーホーで数え切れないエッチなミトゥナ像を鑑賞した

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

関連記事