米津玄師のクリスタルに出会える!岩手県「宮沢賢治童話村」には幻想的なクリスタルの世界が広がっていた

 

幻想的なクリスタルの移り変わる色彩に魅了される!!!!!

米津玄師のクリスタルに出会える!岩手県「宮沢賢治童話村」には幻想的なクリスタルの世界が広がっていた

・ぼくの「日本海沿いを北上する旅」+「太平洋沿いを南下する旅」=日本一周の旅
・米津玄師のCMのクリスタルを見ていると岩手県花巻市を思い出す
・岩手県花巻市は宮沢賢治の故郷
・幻想的なクリスタルが無限の色彩を湛える「宮沢賢治童話村」
・本当に米津玄師も「宮沢賢治童話村」を訪れたのでは?

・ぼくの「日本海沿いを北上する旅」+「太平洋沿いを南下する旅」=日本一周の旅

ぼくは今までの人生で日本海沿いの地域をほとんど旅したことがなかったので、新型コロナウイルス感染拡大の影響で外国にも行けず旅人としてはこのまま日本を深めるしかないという絶好の機会に、日本海沿いを北上する車中泊の旅を決行した!

岡山県、広島県、山口県、佐賀県、長崎県、福岡県、大分県、熊本県、島根県、鳥取県、兵庫県、京都府、福井県、石川県、富山県、新潟県、山形県、秋田県、青森県、フェリーに車ごと乗り込んで北海道函館まで渡り、そのまま北海道の最北の離島、礼文島の澄海岬を「日本海沿いを北上する旅」の最終目的地とした。

そのまま北海道をぐるっと一周し、再びフェリーに乗って青森県へ!青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、長野県、岐阜県、山梨県、静岡県と「太平洋沿いを南下する旅」を完遂した。

結果的にぼくは7月〜11月までの間ほぼ4ヶ月かけて「日本海沿いを北上する旅」「太平洋沿いを南下する旅」=日本一周の旅を達成したことになる。この旅ブログ「ミズイロノタビ」では、あまりに感動的で素晴らしすぎた日本一周の旅の一部始終を公開しようと思う。

 

 

・米津玄師のCMのクリスタルを見ていると岩手県花巻市を思い出す

テレビを見ているとアップルミュージックのCMで米津玄師の「感電」の歌とともに、米津玄師が描いたアルバム「STRAY SHEEP」のジャケット写真の絵が動くという映像が流れてきた。無限の色彩がクリスタルの中に閉じ込められキラキラと輝く様子が印象的な美しいCMだが、ぼくはあのCMの動画を見て思い出さずにはいられない場所があった。それは岩手県の花巻市である。

ぼくは日本一周の旅の途中で、あのCMのように光り輝く無数のクリスタルの幻想的な光景をこの目で見たのだ!あんなに美しい不思議なクリスタルの光景が岩手県なんかにあるはずがないと思う方も多いかもしれないが、これが実際にあったのだからぼくも驚いた!ぼくとクリスタルが出会ったのは「宮沢賢治童話村」である。

 

・岩手県花巻市は宮沢賢治の故郷

岩手県花巻市は作家の宮沢賢治の故郷だ。花巻市には宮沢賢治にまつわる施設がいくつもあり、「宮沢賢治記念館」「宮沢賢治童話村」「宮沢賢治資料館」などがあった。ぼくもせっかく花巻市に来たので宮沢賢治の施設に行こうとは考えていたが、さすがに3つも行くのは大変だったので、この3つの中から「宮沢賢治童話村」を選んで訪れた。

「宮沢賢治童話村」に行って思ったのは、欲張って3つも行こうと思わずに1つだけにしぼって本当によかったということだ。それくらい「宮沢賢治童話村」は充実していたし、面白くて夢中になって見てしまったのでここひとつ見るだけでも結構時間がかかった。

 

・幻想的なクリスタルが無限の色彩を湛える「宮沢賢治童話村」

 

「宮沢賢治童話村」の入り口はまるで駅の入口みたいな建物に「銀河ステーション」と書いてあって、宮沢賢治の童話「銀河鉄道の夜」を彷彿とさせる。入口を過ぎると”Welcome to Ihatov Forest(イーハトーブの森へようこそ)”という看板が!イーハトーブとは宮沢賢治が心の中に描いた理想郷の名前だという。そしてこのイーハトーブの森こそが、他でもないぼくが米津玄師のあのCMを見ると思い出してしまう幻想的な場所なのだ!

 

ぼくはこのイーハトーブの森の色彩の万華鏡のようなキラキラのクリスタルにすっかり心奪われてしまった!すごく神秘的で幻想的な雰囲気!写真だとわからないけれど実物のクリスタルは歩くたびに色彩が移り変わっていくからなお一層不思議で美しい世界観を描いていた!岩手県にこんな幻想的でフォトジェニックなスポットがあったなんて本当に驚きだった!

あんまり期待しないで訪れた「宮沢賢治童話村」だったがいい意味で期待は裏切られ、宮沢賢治の童話の神秘的な世界観をその展示を通して存分に堪能することができた!

 

・本当に米津玄師も「宮沢賢治童話村」を訪れたのでは?

米津玄師のCMのクリスタルと「宮沢賢治童話村」のクリスタルの色彩の具合が本当によく似ていたので、あのジャケット写真を描いた彼ももしかしたらこの「宮沢賢治童話村」を訪れて、このイーハトーブの森のクリスタルの色彩にインスパイアされたのかもしれないなぁと冗談まじりに考えていた。

しかし調べてみるとアルバム「STRAY SHEEP」の1曲目はなんと「カムパネルラ」というらしいではないか!カムパネルラといえば宮沢賢治の童話「銀河鉄道の夜」に出てくる主人公の友人の名前だ!しかも「カムパネルラ」のMVを見てみると、なんとレトロな鉄道が終始映っている!まじで冗談抜きで米津玄師はこの「宮沢賢治童話村」を訪れて、イーハトーブのクリスタルを見てあの絵を描いたのでは?!

 

・岩手県の宿をオンライン検索してみる!

国内旅行はじゃらんや楽天トラベル、Yahoo!トラベルが使いやすくておすすめ!岩手県を旅したくなったらまずは素敵な宿を予約しよう!

 

・便利な航空券比較サイトskyscannerを使って格安航空券をチェックしよう!

旅人なら誰もが使っている航空券比較サイトskyscanner(スカイスキャナー)を使えば、いつの飛行機が安いのか、どの航空会社の飛行機が安いのか一目瞭然!行きたい場所と日時の航空券を比較して、お得に旅行しよう!

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

関連記事