セーラームーン作者も通った!山梨宝石博物館で美しい宝石と敵キャラの関係に思いを馳せた

 

宝石博物館キラキラしてて綺麗すぎる!!!!!

セーラームーン作者も通った!山梨宝石博物館で美しい宝石と敵キャラの関係に思いを馳せた

・ぼくの「日本海沿いを北上する旅」+「太平洋沿いを南下する旅」=日本一周の旅
・山梨県でも富士山の壮観が存分に楽しめた
・セーラームーン作者武内直子さんも通っていた「山梨宝石博物館」へ行こう!
・山梨宝石博物館の駐車場、営業時間、所要時間、入館料情報
・山梨宝石博物館はセーラームーンの息吹が感じられる美しい宝石に満たされていた
・迫力のある鉱物の展示も見どころのひとつ
・山梨宝石博物館のすぐ前には美しい河口湖の風景

・ぼくの「日本海沿いを北上する旅」+「太平洋沿いを南下する旅」=日本一周の旅

こんにちは!世界一周+日本一周の旅を続けている水色です。

ぼくは今までの人生で日本海沿いの地域をほとんど旅したことがなかったので、新型コロナウイルス感染拡大の影響で外国にも行けず旅人としてはこのまま日本を深めるしかないという絶好の機会に、日本海沿いを北上する車中泊の旅を決行した!

岡山県、広島県、山口県、佐賀県、長崎県、福岡県、大分県、熊本県、島根県、鳥取県、兵庫県、京都府、福井県、石川県、富山県、新潟県、山形県、秋田県、青森県、フェリーに車ごと乗り込んで北海道函館まで渡り、そのまま北海道の最北の離島、礼文島の澄海岬を「日本海沿いを北上する旅」の最終目的地とした。

そのまま北海道をぐるっと一周し、再びフェリーに乗って青森県へ!青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、長野県、岐阜県、山梨県、静岡県と「太平洋沿いを南下する旅」を完遂した。

結果的にぼくは7月〜11月までの間ほぼ4ヶ月かけて「日本海沿いを北上する旅」「太平洋沿いを南下する旅」=日本一周の旅を達成したことになる。この旅ブログ「ミズイロノタビ」では、あまりに感動的で素晴らしすぎた日本一周の旅の一部始終を公開しようと思う。

 

 

・山梨県でも富士山の壮観が存分に楽しめた

街の向こうに見える富士山でっけぇ!Go To トラベルで宿泊した山梨県富士吉田市から見る富士山が絶景すぎた

幼い頃からアニメのちびまる子ちゃんを見ていたせいで、富士山=静岡県だという確固たるイメージを持っていたが、「太平洋沿いを南下する旅」の途中で山梨県富士吉田市を訪れると、その名の通り街中から立派で巨大すぎる富士山の壮観を望むことができた。富士山を見ているとなんだか「あっぱれ」というようなめでたい感じがすると同時に、自分という存在の小ささを思い知らされる。やっぱり日本人にとって富士山を眺めるという行為は、一種の荘厳な信仰的気持ちを湧き上がらせてくれるものなのだろうと感じた。

 

・セーラームーン作者武内直子さんも通っていた「山梨宝石博物館」へ行こう!

富士吉田市のホテルに滞在している間に、車で気軽に立ち寄ることができる河口湖のほとりの「山梨宝石博物館」を訪れてみることに決めた。この山梨宝石博物館は、なんとあの国民的大人気アニメセーラームーンの作者である武内直子さんもよく通っていた場所だという。武内直子さんは実家が宝石店を営んでおり、宝石に詳しいばかりではなくネームに詰まるとこの山梨宝石博物館を訪れて構想を練っていたというほどの鉱物マニアだったという。

セーラームーンの敵キャラと宝石の関係を徹底解説!作者の武内直子さんが宝石マニアだというのは本当か?

そういえばセーラームーンにはジェダイト、ネフライト、ゾイサイト、クンツァイトなど宝石や鉱物の名前の敵キャラがたくさん登場しているが、この山梨宝石博物館で思い付いた敵キャラも存在するのだろうか。そんな予備知識があったせいか、ぼくはなんとなくこの山梨宝石博物館を巡っていてもセーラームーンのことが頭をよぎるのだった。

 

・山梨宝石博物館の駐車場、営業時間、所要時間、入館料情報

山梨宝石博物館は河口湖の辺りに立っている洋館風の美しい博物館だった。駐車場は無料。休館日は水曜日。営業時間は9時から17時半まで。入場料は大人600円、小人300円と手ごろだった。所要時間は30分から1時間ほど。博物館のそばには売店やカフェも隣接しており、高いものから安いものまで数々の宝石が売られていた。

 

・山梨宝石博物館はセーラームーンの息吹が感じられる美しい宝石に満たされていた

 

山梨宝石博物館はスペースとしては小さいが、こじんまりとしてまとまりのある美しい博物館だった!暗い空間の中に光に照らされた宝石だけが輝いており、宝石の美しさがひときわ強調されるような作りになっている。ショーケースの中に展示された宝石たちは、ひとつひとつは小さくてもしっかりとした輝きと存在感を放っており、古代から人々が宝石を尊いものや魔除けとして身につけてきた感性がとても理解できるような気がした。

 

 

あまりに数が多いので自分の感性に訴えかける宝石だけを写真に収めていく。この日はぼく以外にお客さんもいなかったのでのんびり自由に見学することができた。

 

 

やっぱり「ジェダイト」「ネフライト」「クンツァイト」「ベリル」「タイガーズアイ」などセーラームーンの敵キャラの由来となっていそうな宝石たちがたくさん並んでいることがどうしても気になってしまい、想像力をかきたてられる。

 

 

けれどぼくが最も心惹かれるのはやっぱりオパールだった。前に宮古島に住んでいたときもパワーストーン屋さんでオパールを買ったことがあったが、たくさんの色彩を同時にひとつの石の中で担って抱え込んでいるオパールが、光の加減によって様々に色彩を移ろわせる姿にどうしても感性が共鳴してしまうのだった。

 

 

中島みゆきが歌にしたルチル・クオーツも発見!だけどぼくはこの石ってなんだか昔から苦手だった。中に入っている針が傷みたいに痛々しくてなんか怖くない?これを美しいと感じる人も、嫌だと感じる人もいるのかな。

 

 

人工の宝石は天然のものとはまた違う怪しさと迫力があった。本当に印象的だった合成ビスマスの輝き!この怪しさは実際に三次元で見てみないとわからないかも!本当に不思議な石!

 

このようにたくさんの宝石を一気に眺められる機会はなかなかないのでとてもよかった。自分が本当はどんな宝石が直感的に好きで、どの宝石が特に好きではないかがまとめて理解できるからだ。宝石を買う機会なんて滅多にないが、ここでの自分自身の宝石に対する感性の発見がいずれ宝石を買うときに役立つことになるだろう。

 

・迫力のある鉱物の展示も見どころのひとつ

ショーケースの中の小さくて美しい宝石ばかりではなく、その他には壮大でダイナミックな鉱物も並べられていて迫力があった!巨大さの中にも繊細な美が描かれていて、鉱物や石って奥が深いんだなと改めて感じられた。ぼくは医学部で勉強し医者になったので、最近は有機体のことばかりに目を向けていたが、地球が有機体と無機物の共存で成り立っている以上、このような美しい無機物に目を向ける機会も増やさなければならないと反省した。

 

 

・山梨宝石博物館のすぐ前には美しい河口湖の風景

山梨宝石博物館の見学を終わった後は、すぐ目の前にある河口湖を散策!とてものどかで静かで心洗われる場所だったー!晴れていれば巨大な富士山がここからでも望めるみたいだけど、残念ながらこの日は雲りだった。それでもこの優しさあふれる河口湖を少しの時間だけ歩くことができてとても嬉しかった。

 

 

・山梨県の宿をオンライン検索してみる!

国内旅行はじゃらんや楽天トラベル、Yahoo!トラベルが使いやすくておすすめ!山梨県を旅したくなったらまずは素敵な宿を予約しよう!

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

関連記事