さくらももこの死の暗示!台湾高雄の美麗島駅は色鮮やかなステンドグラスとちびまる子ちゃんでいっぱいだった

 

ちびまる子ちゃんは台湾でも大人気らしい!!!!!

さくらももこの死の暗示!台湾高雄の美麗島駅は色鮮やかなステンドグラスとちびまる子ちゃんでいっぱいだった

・台湾一周の続きは第2の都市高雄に到着!
・世界で最も美しい駅第2位に選ばれたこともある台湾高雄の「美麗島駅」
・美麗島駅はちびまる子ちゃんの全キャラクターでひしめき合っていた!

・台湾一周の続きは第2の都市高雄に到着!

伊丹空港と関空を間違えてしかも南京虫まで!台湾一周の旅の始まりは悲惨でトラブル続きだった

台湾でお遍路を巡ろう!日本統治時代の最も保存状態のいい花蓮の仏教寺院・吉安慶修院では空海像が堂々と立っていた

暗黒のトンネルが永遠の時を感じさせる!台湾花蓮のタロコ渓谷は足がくすむほど大迫力の景勝地だった

台湾東部鉄道の旅!花蓮から台東までお弁当を持って遠足気分で電車に乗り込んだ

台湾東部の秘境三仙台へ!8つのアーチを持つ不思議な橋の絶景を望む

台湾一周の旅は台北、花蓮、台東と来て、次に電車で台湾第2の都市高雄を訪れた。人生で初の高雄!どんな感じの街なのか、何を見たらいいのかいまいちよくわからなかったので、まずは美しいと評判の観光地「美麗島駅」に行ってみることにした。

 

 

・世界で最も美しい駅第2位に選ばれたこともある台湾高雄の「美麗島駅」

 

台湾高雄の「美麗島駅」は世界で最も美しい駅の第2位にも選ばれたことがあるほどに有名な地下鉄の駅らしい!美麗島とは台湾の別名。イタリアのデザイナーによって4500枚ものステンドグラスがはめ込まれたというその空間は、世界の他のどこでも見られないような不思議な光景で満たされていた。あまりにも鮮やかであまりにもカラフルな、濃密な雰囲気のある駅!なんだか中華圏の独特な色彩感覚のお寺を思い出すような空間だった。日本人の好きな色彩のセンスというよりも、やはり漢民族的な色彩感覚だと感じられた。

 

2本の巨大な柱とその上部に張り巡らされた4500枚ものステンドグラスがより一層鮮やかさを見せるのが1日3回催されるという「光のショー」だ。11時、3時、8時に開催されるらしく、そんなこと全く知らずに美麗島駅を訪れたぼくはたまたま8時の「光のショー」を見られてラッキーだった。なんだか今にもフロアダンスが始まりそうなイケイケな音楽に合わせて、ただでさえカラフルなステンドグラスの色彩が次々に移り変わり視覚的にも聴覚的にも賑やかだった!

 

 

・美麗島駅はちびまる子ちゃんの全キャラクターでひしめき合っていた!

さらに驚いたことには、美麗島駅がなんらかのコラボでちびまる子ちゃんのキャラクターでひしめき合っていたことだった。ちびまる子ちゃんのキャラクターって言ったって、まる子やおじいちゃんやたまちゃんみたいなメインどころばかりではなく、山田くんや山根くんや大野くんと杉山くんや野口さんまで立ち並ぶなかなか日本でも見かけないような、全キャラクター集合というほどの勢いが感じられるマニアックな空間が広がっていた。こんなにマニアックな空間が許容されているのだから、おそらくちびまる子ちゃんは台湾でも大人気で有名なのだろう。ドラえもんやクレヨンしんちゃんが有名なことは知っていたけれど、ちびまる子ちゃんまで市民権を得ているとは思わなかった!

ぼくはこの美麗島で久々にちびまる子ちゃんのことを思い出し、また見たいなぁと思っていた矢先に、ちびまる子ちゃんの作者のさくらももこさんが若いのに亡くなったという悲しいニュースが入ってきた。日本から遠く離れた異国の地でちびまる子ちゃんのキャラクターが全員集合している場面に遭遇するなんて珍しいことだと感じていたが、そんな邂逅がさくらももこさんの死を暗示していただなんて、美麗島駅にいたときには気づきもしなかった。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

さくらももこは祖父が大嫌い!ちびまる子ちゃんとおじいちゃんが仲良しというのは本当か?

さくらひろしの職業は八百屋!ちびまる子ちゃんのお父さんが無職だというのは本当か?

 

関連記事