西表島写真集 〜旅と時の関係〜

 

小さくて可愛いパイナップルがいたるところに売られていました。

 

ぼくが愛してやまない旅雑誌のTRANSIT 
その琉球諸島の特集号を、西表の食堂で見つけました。
そこに載っていたリュウキュウイノシシを…

なんと食べる事ができました!
ちょっとクセのある味だけど、おいしい!
イノシシさんありがとう。

 

 

 

静かな砂浜へと通じる、光あふれる緑の道。

 

こんな不思議な景色、初めて見ました!躍動感を持ちながら不思議にうねる石と、薄く静かな青色の海の組み合わせ。後にも先にも、こんな景色、二度と見られないだろうなー。この景色を見たくなったら、西表に帰ってこよう!

 

鬱蒼と茂る亜熱帯の森。まるで古代の森の姿を留めているよう。

 

見たこともない根っこ!こんな根っこのことを「板根」というらしい。木の名前は「サキシマスオウノキ」。西表島ではよく見かけます。その巨大さ、形状の不思議さに、神秘性すら覚えました。

人間との比較!もっと大きい根っこもたくさんあります!

 

亜熱帯の森を奥へと進むと、見えてくるのは遠く望まれる滝の姿
水の音がここまで聞こえてきます。

 

密林の奥に静かにたたずむ、ウタラ炭鉱の姿。

栄え、多くの人が行き交ったのも、今は昔。

静かな光景の中にも、古の人々の声が聞こえてきそうです。

光と影、人と樹木、過去と現在、その交響。
多くの次元を超えて立ち向かってくるその姿は、芸術性をも感じさせました。

 

山の中で見つけた蜘蛛の糸!
幾何学的な真ん中の模様に感動!こんな蜘蛛の糸、日本で見たことなかった。

 

帰りのフェリーがやってきました。これで川下までくだります。

 

由布島へと人を運んでくれる水牛が、こちらの岸で、影を欲している。

 

水の中で休憩中。

 

牛さん乗せてくれてありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見たこともない海の姿
見たこともない風の姿
見たことない人の姿
見たこともない神の姿

見たこともないものに触れると
ぼくの中で時が減速する
えも知れぬものを感じ取りながら
果てしない時の鏡を見る

時計だけが時間のすべてだと
人間たちは間違っているけれど
時計以外に時間はないと
誰もが信仰を止めないでいるけれど

いつだって時は
時計を抜け出して走り去る
それは人の心をなぞりながら
陽や陰の妙を加える

自分の時計を狂わせるために
ぼくはまた旅に出たんだ
真理の時を刻む針を持つならば
この魂も少しは慰められよう

その針の色はまるで
琉球諸島の海原を貫く
舟の通り跡の銀色
波が行方をかき消してゆく

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

created by Rinker
¥1,620 (2019/07/16 21:36:31時点 Amazon調べ-詳細)