夢の中で見た景色へとたどり着く方法 〜ムルマンスクへの鉄道にて〜

 

夢の中で見た青白い森に、ロシアで出会いました。

夢の中で見た景色へとたどり着く方法

・共同体は人間を部品にする
・夢の国までの航空券は買えない
・夢と現つが巡り会う場所

・共同体は人間を部品にする

人はお金があれば大抵のことは解決できるらしい。欲しいものだって帰るし、好きなレストランにだって行ける。世界一周をしたいという思いだって、お金とちょっとした度胸さえあれば簡単に叶えることができる。資本主義、お金で栄えることが人間にとって最優先事項である世界において、お金の重要性はますます高められていくことだろう。

ぼくたちは労働をする。他人の役に立つこと=労働をすることに、健やかな美しい若い時代の大半を費やし、その代償としてちょっとばかりのお金=給料を受け取る。老いてしまえばどんなにお金を出してでも手に入れたい若く、健やかで美しい時間は、給料というほんの少しのお金に騙され売られていく。そして人は若く健やかな時代の大半を、自分のためではなく、他人の役に立つところの労働に費やす。

それによって手に入れた少しのお金を、頑張って節約して貯金したお金で、好きな服を買ったりコンサートに行ったり旅行したりして気を紛らわせている。しかし心のどこかでは本当はその欺瞞を見抜いている。本当にこんなことのために、自分は生まれてきたのだろうかと訝しげに思っている。

ほんの少しのお金からさらに奪い取られる税金によって、市町村や国などの共同体は発展していく。この共同体の発展こそが、結果的に人間という現象の目的になってしまっている。全体としてこの世に生まれてきた人間の生命を、卑小なあるひとつの部品にまで縮小して、共同体という巨大な群れは蠢いている。ぼくたちはなんのために生まれてきたのだろうか。そんなことを考えさせる間も与えないくらいに忙しく、共同体は部品を稼働させていく。

人の役に立たないと生きてはいけないというのは本当か? 〜労働について〜

絶対に税金を支払わなければならないというのは本当か? 〜義務という思考停止の言葉〜

集団の幸福が個人の幸福であるというのは本当か?

 

・夢の国までの航空券は買えない

そのようにして共同体に吸い取られた美しい生命の代償としてのお金によって、人間は大抵のことはできるができないこともある。例えば死んだ人に会うということはどんなにお金を出してもできやしない。その不可能さをかろうじて人間世界で可能にしようと想像力を働かせたのが、青森県恐山のイタコであるのだろうか。

それと同様に、夢の中で見た世界へと連れて行ってもらうこともできない。夢というものは不思議なもので、夢の中で訪れた見知らぬ国に、今まで何度も訪れたことを思い出すような瞬間がある。夢の中でその国へとぼくは何度も足を運んだことがあったのだ。しかしその夢の国へは、行けることもあれば行けないこともある。自分が今日の夢の中であの国に行きたいと寝る前どんなに強く願っても、行けないときには行けないものだ。

そんな夢の中の国がぼくにはいくつかあるのだが、忘れ難いのは夢の中の神聖な青白い森である。その森へ行く方法も何となく覚えている。自転車に乗って、大きく果てしない下り坂を駆けていくと、その先に古代の日本の都のような雅な街が広がっている。そこから白い霧の世界へと迷い込むと、いつしか静寂に包まれた、美しい青白い森へとたどり着くことができるのだ。その森には清らかな水の泉が広がっており、ぼくはその美しさを忘れないために、夢の中の青白い森の絵を描いた。もうこの先の一生の中で、あの森へと行くことができないかもしれないからだ。

ぼくがどんなに強くあの青白い森を訪れたいと願っても、誰もその願いを叶えてくれる人はいない。これがアメリカに行きたいとかフランスに行きたいとかいう俗な願いであるとしたら、貯金すれば簡単に航空券を買って行けばいいのだが、夢の中の世界には、100万円貯金しようが1000万円支払おうが行けないものは行けない。夢の国までの航空券を誰も売ってはくれない。

どのような時にあの美しい青白い森にたどり着けるのだろう。どんな人だけが招かれているのだろう。どんなに考えても、答えは本の中にもインターネットのページにも転がっていない。ぼくは自分の無力さを思い知らされる。どんなにたくさん勉強して医者になっても、それによりどんなにたくさんお金を稼いでも、自分の無意識が作り出した自分の中の夢の世界へ行くことさえできないのだ。自分のことなのに、自分のことがわからない。世界はそのような無力さであふれている。

眠りの国

北極・線路

 

 

・夢と現つが巡り会う場所

諦めるより他はない。ぼくは叶わない思いをこの身に背負いながら、叶わない思いさえ趣深いと感じながら切なく生きていく他はない。しかし美しい夢の世界に行けなくても生きていくことにそう不便はなく、そのようなことに執着するのも野暮なことなので、やがて忘れ去って時は経った。夢の世界という異界について久しく思案するほど、人生は暇ではない。

やがてすべてを手放しシベリア鉄道の旅に出た。ロシア極東の街・ウラジオストクから、バイカル湖の街・イルクーツクを通って、ロシアの首都・モスクワ、そして麗しいサンクトペテルブルクへ、そしてロシアの最終目的地、北極圏のムルマンスクへと旅立った。サンクトペテルブルクからムルマンスクまでは1泊2日の鉄道の旅。

ウラジオストクからモスクワまで7泊8日のシベリア鉄道の旅をしたので、1泊2日の鉄道旅なんてへっちゃらだ!ぼくは気軽な気持ちで3等車の鉄道に乗り込み、ムルマンスクの次に行くフィンランドにちなんでヘルシンキが舞台の映画「かもめ食堂」を見ながら、のんびりと過ごしていた。列車の中にはロシアの若い軍人が多い。

外の景色は徐々に雪化粧を帯びていく。人生で初めての北極圏へと進行していく。タイガの木々が白雪をまとう姿は静かで神秘的で美しい。日も落ちて暗くなったならばすることも思い当たらず眠りに入った。深い眠りの中で、当然美しい青白い森を訪れることはできなかった。

ふと目を醒まして窓の外を眺めると、この現実世界に、夢の中のあの青白い森が存在していた。

ああ、あの森だ。

こんなところにあったんだ。

こんなところで巡り会えるのかと、驚きもなく自然と感じられた。あの森は、日本の古都の近くの山奥に存在していると思われたが、ロシアの果ての北極圏、このような深い雪の大地に横たわってぼくを迎え入れてくれた。

思いがけず、人と人が巡り会うように、思いもよらない場所で、人と世界は意味を分かち合う。夢と現つは重なり合う。思いがけないロシアの北極圏の鉄道の中で。見知らぬ深い森の中で、夢と現実の境界線は薄まり、やがては見えなくなって消える。夢と現つは同じものとなり、ぼくの意識がそれを分け隔てていただけだと気がつく。何もかもを手放して、シベリア鉄道の旅に出れば、そこには異界が出現する。この世のものではない世界に巡り会う。夢の世界という異界が、この身に降り注いでくる。

それは古来から日本民族の精神に潜んでいる願い。すべてを喪失して旅立ったその先に、日本の人は異界と巡り会う。消え去った境界線を眺めながら、北極星へと向かう軌道を辿ってゆく。能の気配を身につけて。

旅と能の関係 〜逃げ場を失くした魂たちへ〜

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ