パタヤ5つ星おすすめリゾート!海風の通り抜けるUパタヤホテル滞在記

 

タイではじめてのリゾートが素敵すぎて、すっかりリゾートにハマった!

パタヤ5つ星おすすめリゾート!海風の通り抜けるUパタヤホテル滞在記

・初めてのパタヤでUパタヤホテルに泊まろう
・U HOTELS & RESORTSについて
・Uパタヤホテルの素敵な全貌を詳細な写真付きで公開
・Uパタヤホテルの予約

・初めてのパタヤでUパタヤホテルに泊まろう

ぼくがパタヤの家庭医療学会に出張で出席するために、バンコクに来た時に泊まったのは先日紹介したOld Capital Bike Innだった。

おしゃれなインスタ映えホテル!タイ・バンコクのOld Capital Bike Innが素敵すぎた

それからパタヤに移動し、パタヤの家庭医療学会が開催されるROYAL CLIFF BEACH HOTELというめちゃめちゃ綺麗で豪華な高級ホテルに歩いて行ける距離にある、質素なNeta Resort Pattayaという安いホテルに泊まった。せっかくなので家庭医療学会の開催地にも選ばれるほどの豪華絢爛なROYAL CLIFF BEACH HOTELに泊まってもよかったのだが、あまりにお金がもったいないと思ったのと、タイの物価は安くNeta Resort Pattayaは3泊で8000円の安価で質素ながらもかなり広い部屋を予約できたので、十分満足できる滞在ができたのだった。

しかしせっかくタイのリゾートパタヤに生まれて初めて来たのだから、最後だけは高級でセンスのよさそうなリゾートホテルに泊まろうと思い立ち、パタヤ市街地から若干離れた静かなリゾート、Uパタヤホテルを予約した。

 

・U HOTELS & RESORTSについて

U HOTELS & RESORTSは好奇心旺盛で経験豊富、洗練され自立した旅行者をターゲットにしている、東南アジアに展開するホテルリゾートグループだ。地元の伝統とモダンなデザインセンスを融合させたアメニティ、サービス、設備を提供し、ユニークな休暇を楽しむことができるという。

系列はバンコクやプーケット、チェンマイ、ハノイ、ホイアン、バリ島など東南アジアに広く行き渡っているが、今回ぼくはその中でもパタヤにある5星ホテルのUパタヤホテルに宿泊しようと計画した。

 

 

 

・Uパタヤホテルの素敵な全貌を詳細な写真付きで公開

 

家庭医療学会の最終日が終わってぼくがUパタヤホテルに到着したのは夜だった。照明に照らされた東南アジアらしい鬱蒼とした木々たちが、不思議な南国ムードを高めてくれる。ホテルの至るところが木造で作られており、同じアジア人としての安らぎを覚える。アジアンリゾートのような軽くてさわやかなイメージの木の家具あふれる部屋にしてみたいな。

 

 

木や茶色が基調になっているからこそ、人工的な青色が映えて空間のアクセントになり美しい。高級リゾートって、インテリアの参考にもなるな。部屋は珍しい2段構造になっており、ベランダには風呂桶もある。昼になれば心地よい日の光を浴びながらベランダでお風呂に入ることもできた。

 

 

ホテル内には美しい緑の木々であふれており、まるで整えられた東南アジアの森の中に迷い込んだよう!ホテルの森の中の木道を辿っていくと、穏やかな青い海の見えるレストランにたどり着く。このレストランでの朝食が、とても豪華でしかも写真映えするから楽しく感じた。

 

 

海からの風が通り抜けて気持ちが心地よく解放される。この風と、木のインテリアの軽さと、美味しい朝食を食べながら、ああリゾートで過ごすってこういうことをいうのだなぁと安らかな気持ちになる。ぼくはもうこの時点で、リゾートというものの奥深さとその素敵な心地よさを知ってしまったのだった。

 

 

リゾートと自然とは密接に結び付いている。大自然の森、大自然の海、大自然の風の洗練された形がここにはあり、その中で人々は大自然に帰っていくような心のぬくもりを覚える。これが本当の大自然ではなく、人によって作られた大自然だからこそ、不安もなく安らかにリゾートに寄りかかることができる。偽物の自然が、本当の人の安らかさを呼び起こすという矛盾は、人間の複雑さを表現しているようでもある。

 

レストランのすぐ横にはプールがあり、海を眺めながらプールで泳ぐことができる。もちろん海にもすぐに出かけられ、海には洗練されたベッドやお洒落な椅子が用意されている。ぼくも海に設置された椅子に寝転んで、数日間の家庭医療学会の疲れを癒していた。

 

 

・Uパタヤホテルの簡単オンライン予約はこちらから!

早い者勝ち!Booking.comの1800円割引きクーポン使ってください

上の記事からBooking.comで予約すればどんなホテルでも1800円帰ってきます!

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

関連記事