日本では高級品?!イタリアで買った平たい桃「蟠桃」が美味すぎた

 

食べ物の中でいちばん桃が好き!

日本では高級品?!イタリアで買った平たい桃「蟠桃」が美味すぎた

・いちばん好きな食べ物は桃
・イタリアで見つけた平たい桃が美味しい
・平たい桃「蟠桃」は日本では幻の果実

・いちばん好きな食べ物は桃

ぼくは食べ物でいちばん何が好き?と聞かれたならば、いつも桃と答えている。桃の次は梨が好きだ。だから桃と梨を一気に食べられる夏の季節が最も好きなのだという話をすると、必ず誰かに、梨は秋なんじゃないの?と言われてしまう。たしかに梨は秋にもできるが、夏の梨だって美味しいのだ。桃と梨が8月には同時にスーパーに並ぶので、その両方を食べることがぼくの夏の楽しみである。とにかくぼくは桃が好きなのだということをここでは伝えたかった。

それゆえに、旅先でも桃やよく似た果物をさがしてしまう。特にヨーロッパの旅では野菜不足になりがちなので、それを補充する意味で体が果物を欲してしまうことがよくある。スーパーマーケットや市場で安い果物をたくさん買うことが、旅の中の喜びだ。今いるイタリア、シチリア島でも、本当にたくさんの市場が道沿いに開催されており、多くの魚介類やお肉、チーズ、そして野菜や果物を見つけることができる。

イタリアに来て気づいたことだが、イタリアでは桃の種類が豊富だ。普通の桃からすももなど、日本でもよく見かけるものもあるが、ぼくが気になっていたのは、ぺちゃんこの形をした平たい桃である。

 

 

・イタリアで見つけた平たい桃が美味しい

この平たい桃は、シチリア島の市場のどこでも見つけることができる。これまでの南イタリアの旅の道のりでは見かけなかったが、あまり意識しなかったせいだろうか。とにかくシチリア島に来てからこのなんとも可愛らしい愛嬌ある形の桃が気になって気になって仕方なくなってしまった。この桃は、その他の桃に比べて少し高額だ。と言っても、1kg=2〜3ユーロくらいなので、他の桃に比べれば高いが絶対的に値段が高いというわけでもないので気軽に買ってみた。

カターニアの市場で初めて買ったときには、6個で2ユーロだった。全然高くない!日本だったら、桃って2個で500円くらいするよね?形が違うとは言えどもやはりお得感を感じてしまう。この不思議なお餅のような形をした桃、いったい美味しいのだろうか、まずいのだろうか。

宿に帰ってから食べてみたが、結果的には本当に美味しい!!日本の甘くて質のよい桃に似ているような味わいだ。この味をこんなに安くで食べられるなんて、イタリアは桃天国ではないか!しかも形がお餅のように平らである分、日本のようにまん丸の桃よりもはるかに食べやすい!これはいい桃を発見した!桃好きの人間としては嬉しい限りである。しかしこの桃はいったいどこ産なのだろう。これはイタリア独特の桃なのだろうか。

 

 

・平たい桃「蟠桃」は日本では幻の果実

調べてみると、ぺっちゃんこの平たい桃は「蟠桃」と呼ばれ、中国原産であるという。しかし今、宿にいる香港人に聞いてみたところ、こんな桃アジアにはないよねー初めて見たねという会話を交わしてしまったから本当なのかどうかよくわからない。ちなみにこの蟠桃は、あの西遊記で孫悟空が食べて不老長寿になった果物であるとされているらしい。

日本では希少性の高い幻の桃と言われ、値段はパッと調べてみたところなんと1kg=3000円ほどだった!1kg=2ユーロで売られているイタリアっていったい…そして1kg=2ユーロの桃を3000円で買ってしまう日本人っていったい…。ものの価値というものは本当によくわからない。需要供給のバランスの問題だろうが、別に味は日本の良質な桃もイタリアの蟠桃も変わることはないので、1kg=3000円で蟠桃を買うのなら大人しく日本の桃をむしゃむしゃ食べていた方が賢明だと思う。

だけどそんな日本では幻の桃を、イタリアに来たらかなり気軽に食べられるのだから、イタリアに来たらどんどん食べてほしい。本当に美味しいよ!!!

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

関連記事