ナポリが極悪危険都市であるというのは本当か?

 

ナポリ行くの怖い!!

ナポリが極悪危険都市であるというのは本当か?

・ローマの次はナポリへ行こう
・混雑していたローマ、ナポリ間のバス
・全く危険を感じない昼間のナポリの街並み
・夜のナポリはものすごく危険な雰囲気だった

・ローマの次はナポリへ行こう

南イタリアの旅が始まった。ローマを起点として、次の都市はナポリだ。

ナポリ…と聞くとぼくには、危険な都市のイメージしか思い浮かばなかった。旅行本やインターネットの情報を見ていると「とにかくナポリは治安が悪く危険だ」という情報を目にする。なんでもあのイタリアの中でも最も治安の悪さを感じる都市だという。一体どれほど凶悪な都市なのだろうか。

そうは言ってもナポリには魅力的な観光資源が豊富である。ピザの本場だし、海鮮料理は美味しいらしいし、カプリ島まで船で行って青の洞窟を見ることもできる。南イタリアの旅を満喫するためには、ナポリを避けて通ることはできないだろう。

 

 

・混雑していたローマ、ナポリ間のバス

ローマからナポリまでの移動手段は、ヨーロッパ旅行ではお決まりのOMIOというサイトで検索し、最安で最速のFlixbusに乗車した。

ヨーロッパでのFlixbusなど格安バスのメリット、予約方法、乗り方までを徹底解説

このローマからナポリへの長距離バスは、これまでの長距離バスの中で最も混雑していた。普通のF;ixbusなら空席がたくさんあって余裕を持って座ることができて快適なのに、このバスはほとんど空席がなかった。さすが観光大国イタリアの首都ローマと人気観光地のナポリを結ぶだけはあると感心した。

Flixbusはナポリ中央駅のすぐ近くで停車した。ナポリ中央駅といえば、危険だと言われているナポリの中でも特に注意すべき治安の悪い場所だということで有名である。しかし、昼間に到着したナポリ中央駅の周辺は、噂に聞いていたほど危険な香りもなく、十分に注意していたもののそれほどまでに治安が悪いとか危険だという雰囲気を感じることはなかった。

ここナポリもイタリアの首都ローマに引き続き、治安が悪いと世界中で噂されているものの、実際に来てみれば大したことがなく以外と平和だったという結果に終わる都市だろうか。

これで大丈夫!ローマで有効だったスリ対策5つ

 

・全く危険を感じない昼間のナポリの街並み

 

予約していた宿へとたどり着くために、ナポリ中央駅から地下鉄に乗ったりナポリの街を長距離に渡って散策してみたが、これと言って危ない雰囲気や治安の悪さを感じることはなかった。

 

ぼくは昔から南イタリアの旅に憧れ、ずっと前からナポリについての情報をインターネットで集めていたが、ナポリは特に危険な雰囲気のする街として有名であるらしかった。盗まれたり目をつけられるから街中でカメラをぶら下げて歩かない方がいいとも書かれていたし、もはやヨーロッパではなくてアフリカの雰囲気だという噂まで目にした。しかし実際に訪れたナポリの街は、他のイタリアの街とは変わらない朗らかさと明るさがあった。時代が経つにつれてナポリも安全な街へと変化したということなのだろうか。

ナポリが危ないなんて嘘じゃないか、全然怖い場所じゃないじゃないかと開き直っていた矢先に、その考えを覆すナポリの夜が訪れた。

 

 

・夜のナポリはものすごく危険な雰囲気だった

昼も特に危険な雰囲気でもなかったし、夜も出歩いて大丈夫だろう、安心して散歩できるだろうと思ったのが大間違いだった。ナポリの夜は、昼間とは全く雰囲気の違う、本当にアフリカの街に来たような雰囲気だった。

薄暗い裏路地も多く、声の大きな若い黒人たちがたくさんたむろしている。声が大きいというのは、ナポリの人々の特徴なのかもしれないが、薄暗い路地で黒人の人々が大声で談笑していると、なんとなく怖い感じがする。黒人の人がいっぱいいるとちょっと怖く感じるのも偏見なのかもしれないが、ぼくたちはナポリの夜に何となく治安の悪い、危険なものを直感的に感じ取った。

声が大きいから、黒人がいっぱいいるから怖いと感じるのは、世界を隅々まで知らないあまりよくない日本人の偏見なのかもしれないが、ぼくたちはぼくたちの感性で、危険で治安の悪い雰囲気をそこに感じ取ってしまったので、ナポリの夜はあまり出歩かないようにしようと、てらちゃんと話し合った。実際に危険な目に遭ったことはなかったものの、夜は用心しよう、夜はあまり出歩かないようにしようと、ぼくたちに強く思わせる確かな力が、ナポリの夜には存在していた。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

関連記事