川のすぐそばの混浴露天風呂!北海道中標津町の大自然に囲まれた野湯「養老牛温泉 からまつの湯」に魅了された

 

ぼくは日本一周の旅の中で、野生の温泉の素晴らしさを見出してしまった!!!!!

川のすぐそばの混浴露天風呂!北海道中標津町の大自然に囲まれた野湯「養老牛温泉 からまつの湯」に魅了された

・ぼくの「日本海沿いを北上する旅」+「太平洋沿いを南下する旅」=日本一周の旅
・ぼくが新たに見出した旅のテーマは大自然の中の「秘湯・野湯」
・北海道中標津町の野湯「養老牛温泉 からまつの湯」は川のすぐそばの混浴露天風呂だった

・ぼくの「日本海沿いを北上する旅」+「太平洋沿いを南下する旅」=日本一周の旅

こんにちは!世界一周+日本一周の旅を続けている水色です。

ぼくは今までの人生で日本海沿いの地域をほとんど旅したことがなかったので、新型コロナウイルス感染拡大の影響で外国にも行けず旅人としてはこのまま日本を深めるしかないという絶好の機会に、日本海沿いを北上する車中泊の旅を決行した!

岡山県、広島県、山口県、佐賀県、長崎県、福岡県、大分県、熊本県、島根県、鳥取県、兵庫県、京都府、福井県、石川県、富山県、新潟県、山形県、秋田県、青森県、フェリーに車ごと乗り込んで北海道函館まで渡り、そのまま北海道の最北の離島、礼文島の澄海岬を「日本海沿いを北上する旅」の最終目的地とした。

そのまま北海道をぐるっと一周し、再びフェリーに乗って青森県へ!青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、長野県、岐阜県、山梨県、静岡県と「太平洋沿いを南下する旅」を完遂した。

結果的にぼくは7月〜11月までの間ほぼ4ヶ月かけて「日本海沿いを北上する旅」「太平洋沿いを南下する旅」=日本一周の旅を達成したことになる。この旅ブログ「ミズイロノタビ」では、あまりに感動的で素晴らしすぎた日本一周の旅の一部始終を公開しようと思う。

 

 

・ぼくが新たに見出した旅のテーマは大自然の中の「秘湯・野湯」

ぼくが北海道の東部・道東で見出した新しい旅のテーマは「野湯をめぐる」というものだった。野湯というのは大自然の中に湧き出ている野生の温泉のことで、大抵は無料で入ることができる。これまでも日本の旅の中で大分県や岡山県などのいくつかの秘湯を訪れていたがまだ経験は少なく、秘湯や野湯の魅力をいまいち理解せずにいたが、道東には数多くのワイルドな野湯が点在しており、すっかりその魅力にハマってしまったのだった。

まずなんと言っても無料というのがいい!ぼくは「日本海沿いを北上する旅」「太平洋沿いを南下する旅」=日本一周の旅の中で、これまでは毎日料金を支払って温泉に入っておりそれが当たり前だと信じ込んでいたが、意識してよく目を凝らしてみると、日本には数多くの無料で入れる野生の温泉が存在していたのだ!特に道東にはその野湯が多く、たくさんの野湯を経験するごとにますますその素晴らしさに魅了されてしまった。そして道東を去った後の旅の途中でも、機会があればその土地の野湯をグーグルマップでさがしては訪れてしまったのだった。

野湯や秘湯というのは大抵人里離れた秘境の中にポツンと作られていて、大自然と人工物の境目も曖昧なまままに、美しい雄大な大自然に囲まれながら温泉に入っていると、まるで自分が野生動物に帰ったようで懐かしいような気持ちになる。日本の有料の温泉というのも大抵、巨大な岩石を設置したり木々を飾ったり滝を作ったりなど、まるで大自然の中で温泉に入っているかのような気分になれる仕組みが備わっている。これは日本人が温泉に入るとき、野生の大自然に帰りたいという思いを潜在的に持っていることを示唆しているのではないだろうか。

しかしどんなに岩石や木々を置いても所詮それは作られた偽物の世界だ。しかし秘湯や野湯の周囲にあるのは偽物ではなく、本物の大自然である。日本人なら誰でも、野生の温泉を訪れたいという衝動を隠し持っているのかもしれない。ぼく自身もそんな自分の中の野生の衝動に気づかずにいたが、それに気づかせてくれたのは道東の大自然だったのだ。

またただ観光していただけでは巡り会えないその土地に根ざして生きている素朴な地元の人々と交流を交わせるというのも、野湯の魅了のひとつだ。秘湯や野湯は大抵その地域の人々によって管理されており、よその人はお邪魔するというような感覚が強い。その土地独自のルールや決まりがあったりするのでわからないことも多いが、優しい地元の人がきちんと教えてくれることも多いので素直に従った。このように辺境の中で巡り会う人々と、その土地ならではの風習や習わしに触れてその独自性を見出すことも、日本という国の多様性や深みを感じられて面白い。

秘湯や野湯というのは無料なので、もちろんシャンプーも石鹸もタオルも備わっていない。無料である分、そこは自分できちんと準備して訪れなければならない。それでも有料の温泉に入るよりはだいぶ節約になるだろう。ぼくは道東でずっと無料のワイルドな温泉に入り続けていたので、秘湯や野湯がない地域に入ってしまい久しぶりに仕方なく料金を払って温泉に入ったときなどは、大自然からの恵みである温泉にお金を払うなんて信じられないという思考回路に変わってしまう有様だった。それほどに秘湯や野湯がぼくの心に与えた影響は大きかったと言えよう。

 

 

・北海道中標津町の野湯「養老牛温泉 からまつの湯」は川のすぐそばの混浴露天風呂だった

 

ぼくが摩周湖と神の子池を訪れた後で向かったのは北海道中標津町にある「養老牛温泉 からまつの湯」という野湯だった。料金は無料、駐車場も無料で広く、グーグルマップで検索すれば簡単にたどり着くことができる。

日本昔ばなし「島になったおばあさん」の舞台!アイヌ伝説の島とカムイヌプリを快晴の摩周湖でこの目に焼き付けた

神の子池の水はなぜ青い?摩周湖の後で訪れた神の子池は美しい澄んだ青色を湛えていた

からまつの湯は川のすぐそばに作られており、美しい川の流れを眺めながら入ることができる絶景露天風呂だった!わかりにくいが靴を脱がなければならないエリアが決まっているらしく注意が必要。周囲の地元の人の様子を見てその習わしに従おう。

 

湯船は2つあるものの、男湯と女湯に分かれているわけではないのでどちらにも入浴可能だった。ここは混浴の露天風呂らしく、簡易的な男性用、女性用の脱衣所も設置されていた。しかしぼくが訪れたときには男性だけしかいなかったので気を遣う必要もなく気楽に入ることができた。

清らかな川のせせらぎを聞きながら大自然の中でのんびり入る温泉はやっぱり最高だった!熱いお湯が苦手なぼくにとってもちょうどいい温度で入りやすかった。お湯は透明で温泉らしい匂いも全く強くないお湯だった。長く入りすぎて体が熱くなったらそのまま川まで行って体を冷やすこともできる。もはやどこが森でどこが川でどこが温泉かわからない、境界線のない、ただ野生の大自然全体の中にいるという感覚に陥った。

9月に訪れたが、虫も全然おらず快適な野湯体験となった。

 

・その他日本各地の野湯/秘湯の記事一覧はこちら!

滝の水が全部温泉!秋田県の秘境「川原毛大湯滝」は人生最高の温泉体験だった(10月でも入れたよ)

日本最東端の無料秘境温泉!羅臼「相泊温泉」は海と国後島と日出を一気に見られる唯一無二の海岸絶景野湯だった

マナーは?シャンプーは?温度熱すぎ?!羅臼の素晴らしき無料天然温泉「熊の湯」について徹底解説!

海の真ん中に浮かぶ秘湯!羅臼「瀬石温泉」は干潮時にしか入れない無料絶景露天風呂だった

運転が苦手な人はアクセス注意!北海道「川北温泉」は大自然と一体になれるまさに絵に描いたような秘湯だった

道東斜里の秘湯で日帰り入浴!「越川温泉」は三度入ればそそり立つというローカルな名湯だった

服装はサンダルでOK?「カムイワッカ湯の滝」は強酸性温泉の川を遡る不思議な秘境だった

砂利道の狭路の先は立入禁止?!秋田県「奥奥八九郎温泉」は野性味あふれる野湯だった

川のすぐそばの混浴露天風呂!北海道中標津町の大自然に囲まれた野湯「養老牛温泉 からまつの湯」に魅了された

日本海を一望できる絶景混浴露天風呂!青森県「不老ふ死温泉」に日帰りで行ってきた

白濁の巨大混浴露天風呂!憧れの秘湯・秋田県乳頭温泉「鶴の湯」で日帰り入浴してきた

荒涼とした大地に点在する泥の混浴露天風呂!東北地方一標高が高い「藤七温泉 彩雲荘」に日帰り入浴してきた

温泉=女陰だから温泉には男根を祀る日本の風習があると「藤七温泉 彩雲荘」の巨大木造男根から学んだ

不思議な男根神チムチムゴッドを発見!Go To トラベルで岐阜県下呂温泉に泊まったら日本の生殖器崇拝への理解が深まった

マタギの由来、伝統的風習、山の神信仰まで徹底解説!秋田県「マタギ資料館」を見学し日帰りで「マタギの湯」も堪能した

巨大ダムの見える絶景混浴温泉!岡山県北部の湯原温泉の砂湯に行ってきた

不思議な絶景の秘湯!町中に蒸気が立ち込める熊本の秘境で「岳の湯」に浸かる

秘湯って本当にあったんだ!大分県別府の「鶴の湯」に感動した

人生初の混浴!大分県湯布院の「下ん湯」に行ってきたことと男性と女性の肉体について

日本最古の湯船!和歌山県白浜の「崎の湯」は海がすぐそこに迫る絶景露天風呂だった

日本最古にして唯一の世界遺産温泉!湯の峰温泉「つぼ湯」へ行ってきた

 

 

・北海道の宿をオンライン検索してみる!

国内旅行はじゃらんや楽天トラベル、Yahoo!トラベルが使いやすくておすすめ!北海道を旅したくなったらまずは素敵な宿を予約しよう!

 

・便利な航空券比較サイトskyscannerを使って格安航空券をチェックしよう!

旅人なら誰もが使っている航空券比較サイトskyscanner(スカイスキャナー)を使えば、いつの飛行機が安いのか、どの航空会社の飛行機が安いのか一目瞭然!行きたい場所と日時の航空券を比較して、お得に旅行しよう!

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

人生初の混浴!大分県湯布院の「下ん湯」に行ってきたことと男性と女性の肉体について

秘湯って本当にあったんだ!大分県別府の「鶴の湯」に感動した

大分県別府の秘湯「へびん湯」が大自然に囲まれた絶景温泉だったことと十牛図「返本還源」の予感

不思議な絶景の秘湯!町中に蒸気が立ち込める熊本の秘境で「岳の湯」に浸かる

日本最古の湯船!和歌山県白浜の「崎の湯」は海がすぐそこに迫る絶景露天風呂だった

巨大ダムの見える絶景混浴温泉!岡山県北部の湯原温泉の砂湯に行ってきた

 

関連記事