日本最東端の無料秘境温泉!羅臼「相泊温泉」は海と国後島と日出を一気に見られる唯一無二の海岸絶景野湯だった

 

こんな神秘的な絶景温泉が無料だなんて信じられない!!!!!

日本最東端の無料秘境温泉!羅臼「相泊温泉」は海と国後島と日出を一気に見られる唯一無二の海岸絶景野湯だった

・ぼくの「日本海沿いを北上する旅」+「太平洋沿いを南下する旅」=日本一周の旅
・道東には魅力的な野生の温泉がいっぱい!
・日本最東端の「相泊温泉」は無料で入れる海岸の絶景温泉だった!
・「相泊温泉」周囲の無料駐車場と公衆トイレと車中泊情報
・「相泊温泉」で出会える北海道の野生動物たちと、キタキツネに出会った時の注意点
・「相泊温泉」から眺めるオホーツク海と、国後島と、ご来光の他にはない大絶景
・夜に「相泊温泉」の目の前のオホーツク海の海で泳いだ神秘的な思い出
・衝撃!最後に見た「相泊温泉」は昆布と石で埋め尽くされていた

・ぼくの「日本海沿いを北上する旅」+「太平洋沿いを南下する旅」=日本一周の旅

こんにちは!世界一周+日本一周の旅を続けている水色です。

ぼくは今までの人生で日本海沿いの地域をほとんど旅したことがなかったので、新型コロナウイルス感染拡大の影響で外国にも行けず旅人としてはこのまま日本を深めるしかないという絶好の機会に、日本海沿いを北上する車中泊の旅を決行した!

岡山県、広島県、山口県、佐賀県、長崎県、福岡県、大分県、熊本県、島根県、鳥取県、兵庫県、京都府、福井県、石川県、富山県、新潟県、山形県、秋田県、青森県、フェリーに車ごと乗り込んで北海道函館まで渡り、そのまま北海道の最北の離島、礼文島の澄海岬を「日本海沿いを北上する旅」の最終目的地とした。

そのまま北海道をぐるっと一周し、再びフェリーに乗って青森県へ!青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、長野県、岐阜県、山梨県、静岡県と「太平洋沿いを南下する旅」を完遂した。

結果的にぼくは7月〜11月までの間ほぼ4ヶ月かけて「日本海沿いを北上する旅」「太平洋沿いを南下する旅」日本一周の旅を達成したことになる。この旅ブログ「ミズイロノタビ」では、あまりに感動的で素晴らしすぎた日本一周の旅の一部始終を公開しようと思う。

 

 

・道東には魅力的な野生の温泉がいっぱい!

日本人は温泉が大好きな民族であると言われる。ぼくも温泉は好きで日本一周車中泊の旅の中でも毎日入っていたが、それはどちらかというと体を綺麗に洗って清潔に保っておくためという目的意識が強く、温泉が大好きだから入っているわけではないと感じていた。

しかし「太平洋沿いを南下する旅」の途中で、ぼくは今までの人生で培った温泉館を一気に覆されるほどに魅力的な日本の温泉文化に遭遇した。それは野湯/秘湯の存在である。なんと日本には大自然に包まれた神秘的な野生の温泉がいくつも隠されており、大抵の場合それは無料で、まるで自分が野生動物に還ったかのような気持ちで入浴することができるというのだった!昔ならば見知らぬ土地の野湯/秘湯なんてよその旅人には知る由もなかったのかもしれないが、今の時代ではインターネットやグーグルマップでいくらでも自由に野湯/秘湯を検索して冒険するかのようにたどり着くことができる。

ぼくが初めて野湯/秘湯の存在を察知したのは、北海道の知床半島だった。道東には信じられないほど多くの野生の温泉がいくつも隠されており、それを巡るだけでも十分旅の喜びとなった。それ以降ぼくは野湯/秘湯に魅了されてしまい、「太平洋沿いを南下する旅」の中では常に野生の温泉をさがし求めながら日本を南下する結果となった。

 

・日本最東端の「相泊温泉」は無料で入れる海岸の絶景温泉だった!

 

ぼくが知床半島で衝撃を受けるほどの絶景に感動したのは、日本最東端の温泉「相泊温泉」だった。本当にこんなすごい温泉が日本に存在し、さらに無料で入れるということが全くもって信じられなかった!「相泊温泉」は知床半島の羅臼側の道のりを、ずっと東に向かって車を走らせると、一般の車がここまでしか行けないという通行止地点の、ほんの手前に位置している野湯だった。まさにここが日本最東端だという風格を醸し出している。

 

 

「相泊温泉」で驚きだったのは、なんとオホーツク海に面した砂浜のようなところに温泉が存在していたことだった!砂浜と言っても砂は一切なく、大小様々な丸い石がゴロゴロと横たわっているような感じで、その真ん中に四角い形をした「相泊温泉」はあった。屋根もなく、壁もなく、まさにむき出しの状態で、上の道路から普通に見えるような感じで「相泊温泉」は横たわっていた。しかしここまで訪れる人は少なく、逆にオホーツク海という大自然と何の隔たりもなく対峙できるという点で男にとっては非常に魅力的な温泉だった。何も隠すものがないので女性はちょっと恥ずかしいかもしれない。

 

駐車場は広く5台ほどは停められるスペースがあり、また駐車場には公衆トイレも設置されていた。もちろんシャワーや洗面台などはなく、シャンプーも石鹸も持参する必要があった。しかし洗面台はひとつだけ用意してくれてあり自由に使うことができた。温泉のお湯を使って、持参したシャンプーや石鹸で体を洗うことは十分に可能だった。水を足さないままだとかなり暑い温度だったが、真ん中に水を入れるために蛇口が設置されており、自由に水を入れ自分好みの温度に調節することができた。道路沿いにライトはあるものの、夜はかなり暗い印象だった。

 

・「相泊温泉」周囲の無料駐車場と公衆トイレと車中泊情報

「相泊温泉」の周囲には公衆トイレのある無料駐車場がいくつかあり、ぼくは「相泊温泉」に入った後で周囲の駐車場で車中泊させてもらうこともあった。夜には「ホーホー」とエゾフクロウらしい声が聞こえて感動したが、その姿を確認することはできなかった。

 

・「相泊温泉」で出会える北海道の野生動物たちと、キタキツネに出会った時の注意点

「相泊温泉」に入っていると、北海道らしい野生動物がやって来ることがあり可愛かった。さすがにヒグマがやって来ることはなかったが、暗闇の中でキタキツネがやって来てとても北海道らしい思い出になった。しかしキタキツネであっても夜の暗闇の中では何が来たのか、人かクマか鹿か最初は全くわからなくて、もしかしてヒグマだったらどうしようかとかなり緊張したことが思い出される。

キタキツネの来訪はとても可愛く微笑ましい思い出だが、北海道の人によるとキタキツネにも注意が必要なのだろうだ。なぜならキタキツネは知能が高く、好奇心が強く、人の持ち物をこっそり持ち帰ってしまうことがあるからだそうだ。もしも入浴中に近くに車のキーなんかを置いておいて、キタキツネに持って行かれでもしたら、日本最東端に自分の車を発車できないままで置き去りにされてしまい大変な目に遭ってしまうことだろう。ぼくはそれを聞いていたので、キタキツネが来たと同時にそこらへんに放り出していた自分の荷物をこちらへ引き寄せた。

 

・「相泊温泉」から眺めるオホーツク海と、国後島と、ご来光の他にはない大絶景

 

「相泊温泉」に入っていると、目の前には雄大に広がるオホーツク海と、その向こう側にはなんと北方領土の国後島が見える。ぼくはここ羅臼へ来て初めて、北方領土というものがこんなにも間近で確認できるものだということを知って驚愕した!北方領土というのは、羅臼から海をまたいですぐそこに眺めることができる島々だったのだ!北方領土って遠くてどうせ見えない場所なのだろうと思い込んでいたので、国後島の身近な感じが意外でとても新鮮だった。聞けば国後島は、沖縄本島よりも面積が大きい島であるという。

 

「相泊温泉」から見えるオホーツク海は東側の海なので、快晴の日の早朝にここを訪れるとなんと国後島の向こう側から真っ赤なご来光が確認できた!ぼくは運良くこの「相泊温泉」から日の出を見ることができたのだが、この世のものとは思えないほど神秘的だったし、朝焼けだか夕焼けだかわからないくらいに世界が真っ赤に染め上げられていて感動的だった。さらに感動的なことは、そのご来光を無料の温泉に浸かりながら、大自然と自分の肉体を対峙させて眺めることができるということだった。

 

・夜に「相泊温泉」の目の前のオホーツク海の海で泳いだ神秘的な思い出

先日紹介した羅臼の「熊の湯」は町中から近く知名度もあるので常に人が入浴しているほどの盛況ぶりだったが、一方でこちらの「相泊温泉」はあまり有名ではないのか、ぼくが訪れた時には無人であることが多かった。1週間知床半島で車中泊した中で、3回くらいこの温泉を訪れたが、ほとんど無人でこの温泉を独り占めすることができた。こんなに神秘的で素晴らしい温泉に、たったひとりで浸かっていられるなんて本当に信じられない思いだった。なんだかこの体験は、こんな遠いところまでわざわざマイカーでやって来たぼくを労ってくれる神様からの贈り物であるかのようにさえ感じられた。それくらいにぼくの中では記憶に強く刻まれた魅力的な温泉だった。

マナーは?シャンプーは?温度熱すぎ?!羅臼の素晴らしき無料天然温泉「熊の湯」について徹底解説!

ある日の夜には北海道のアウトドア大好きな男性と2人で入ったこともあり、たくさん北海道のことを教えてもらってとても楽しい思い出になった。やはり素朴な秘湯のよさは、素朴な地元の人々と交流できることにあるのだと再認識した。彼はめちゃめちゃアウトドアな雰囲気を醸し出しており、鮭の遡上が行われている川の中を自ら泳いで動画を撮影するほどの野性的な行動力を持つ人だった。彼は最終的にはなんと「相泊温泉」の目の前の暗闇のオホーツク海を泳ぎ始め、ちょっと冷たいオホーツク海を泳いだ後にまたあったかい温泉に入るという、フィンランドのサウナ的な楽しみ方を実践していた。ぼくも彼の真似をしてみたがなるほどとても気持ちがいい神秘的な体験だった。野生的なオホーツク海の冷たい感覚を全身で受け止めた後で、野生的な温泉に再び入り温まるのはまるで天国に帰って来たような気分だった。

 

 

・衝撃!最後に見た「相泊温泉」は昆布と石で埋め尽くされていた

知床半島を去る日、ぼくは最も神秘的で忘れられない思い出となった「相泊温泉」に最後に入ろうとやって来たが、なんと前日の天気の影響か、「相泊温泉」は昆布と石で埋め尽くされた衝撃的な状態になっていた!いつもは美しく整然とした姿なのでこれはかなりのショックだった!きっと普通にしていたらこのような滅茶苦茶な状態になってしまうので、地元の人がしっかり管理してくれていたということのだろう。最後の最後に、さすが野生の温泉という荒々しく乱れた姿を見て初めて、いつもの丁寧に整った「相泊温泉」を保ってくれている地元の人々のありがたさにも気づけたのだった。

しかしこれ、もはやこのまま昆布と石で埋まっちゃうのではないかと思ってしまうほどの変わり果てた姿…。この状態から本当にいつもの綺麗な温泉の状態に戻るのだろうか。それを確かめることができないまま、ぼくは知床半島を旅立ってしまった。そういえば「相泊温泉」は秋になると閉まってしまう、もうそろそろ終わるだろと羅臼の人が言っていたが、それはこのように秋になると海が荒れて自然と埋められてしまうことを意味していたのだろうか。

 

 

・その他日本各地の野湯/秘湯の記事一覧はこちら!

滝の水が全部温泉!秋田県の秘境「川原毛大湯滝」は人生最高の温泉体験だった(10月でも入れたよ)

マナーは?シャンプーは?温度熱すぎ?!羅臼の素晴らしき無料天然温泉「熊の湯」について徹底解説!

海の真ん中に浮かぶ秘湯!羅臼「瀬石温泉」は干潮時にしか入れない無料絶景露天風呂だった

運転が苦手な人はアクセス注意!北海道「川北温泉」は大自然と一体になれるまさに絵に描いたような秘湯だった

道東斜里の秘湯で日帰り入浴!「越川温泉」は三度入ればそそり立つというローカルな名湯だった

川のすぐそばの混浴露天風呂!北海道中標津町の大自然に囲まれた野湯「養老牛温泉 からまつの湯」に魅了された

「コタン温泉露天風呂」は屈斜路湖の絶景を眺めながら入浴できる素晴らしき無料野湯だった

屈斜路湖沿いの「池の湯」は北海道の森の中にある神秘的で広大な絶景無料野湯だった

北海道の美しき秘境湖「オンネトー」とそばにある秘湯「野中温泉」で日帰り入浴して来た

秋の然別峡野営場・鹿の湯は、北海道の大自然の中で川のせせらぎを聞きながら入れる理想的な無料秘湯だった

北海道然別峡・鹿の湯周辺に点在している崖下の湯、メノコの湯、ペニチカの湯などの野湯群を巡った冒険記

地獄から極楽まで一気に体験!青森県恐山は参拝中に温泉に無料入浴できる珍しいお寺だった

砂利道の狭路の先は立入禁止?!秋田県「奥奥八九郎温泉」は野性味あふれる野湯だった

日本海を一望できる絶景混浴露天風呂!青森県「不老ふ死温泉」に日帰りで行ってきた

白濁の巨大混浴露天風呂!憧れの秘湯・秋田県乳頭温泉「鶴の湯」で日帰り入浴してきた

荒涼とした大地に点在する泥の混浴露天風呂!東北地方一標高が高い「藤七温泉 彩雲荘」に日帰り入浴してきた

温泉=女陰だから温泉には男根を祀る日本の風習があると「藤七温泉 彩雲荘」の巨大木造男根から学んだ

不思議な男根神チムチムゴッドを発見!Go To トラベルで岐阜県下呂温泉に泊まったら日本の生殖器崇拝への理解が深まった

マタギの由来、伝統的風習、山の神信仰まで徹底解説!秋田県「マタギ資料館」を見学し日帰りで「マタギの湯」も堪能した

巨大ダムの見える絶景混浴温泉!岡山県北部の湯原温泉の砂湯に行ってきた

不思議な絶景の秘湯!町中に蒸気が立ち込める熊本の秘境で「岳の湯」に浸かる

秘湯って本当にあったんだ!大分県別府の「鶴の湯」に感動した

人生初の混浴!大分県湯布院の「下ん湯」に行ってきたことと男性と女性の肉体について

日本最古の湯船!和歌山県白浜の「崎の湯」は海がすぐそこに迫る絶景露天風呂だった

日本最古にして唯一の世界遺産温泉!湯の峰温泉「つぼ湯」へ行ってきた

大自然への回帰から男根崇拝まで!日本一周しながら日本人が温泉を大好きな理由を徹底考察してみた

 

・オンラインで国内旅行ツアーをチェックしよう!

 

・北海道の宿をオンライン検索してみる!

国内旅行はじゃらんや楽天トラベル、Yahoo!トラベルが使いやすくておすすめ!北海道を旅したくなったらまずは素敵な宿を予約しよう!

 

・便利な航空券比較サイトskyscannerを使って格安航空券をチェックしよう!

旅人なら誰もが使っている航空券比較サイトskyscanner(スカイスキャナー)を使えば、いつの飛行機が安いのか、どの航空会社の飛行機が安いのか一目瞭然!行きたい場所と日時の航空券を比較して、お得に旅行しよう!

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

関連記事