服装はサンダルでOK?「カムイワッカ湯の滝」は強酸性温泉の川を遡る不思議な秘境だった

 

知床半島の秘境で、温泉の流れる川をどんどん遡上してく!!!!!

服装はサンダルでOK?「カムイワッカ湯の滝」は強酸性温泉の川を遡る不思議な秘境だった

・ぼくの「日本海沿いを北上する旅」+「太平洋沿いを南下する旅」=日本一周の旅
・道東には魅力的な野生の温泉がいっぱい!
・「カムイワッカ湯の滝」のアイヌ語の意味
・「カムイワッカ湯の滝」へのアクセスは砂利道続きで意外と大変!
・「カムイワッカ湯の滝」の駐車場情報
・「カムイワッカ湯の滝」の水はpH.1.6〜1.8の強酸性で、ぬるかった
・「カムイワッカ湯の滝」の服装は、ハーフパンツとかかと固定サンダルが安全でおすすめだった
・「カムイワッカ湯の滝」の「一の滝」の滝壺では実際に温泉として入浴できるの?
・「カムイワッカ湯の滝」は「一の滝」より上は落石のため進入禁止になっていて残念だった
・「カムイワッカ湯の滝」の先には、海へと落ちる神秘的な「カムイワッカの滝」がある

・ぼくの「日本海沿いを北上する旅」+「太平洋沿いを南下する旅」=日本一周の旅

こんにちは!世界一周+日本一周の旅を続けている水色です。

ぼくは今までの人生で日本海沿いの地域をほとんど旅したことがなかったので、新型コロナウイルス感染拡大の影響で外国にも行けず旅人としてはこのまま日本を深めるしかないという絶好の機会に、日本海沿いを北上する車中泊の旅を決行した!

岡山県、広島県、山口県、佐賀県、長崎県、福岡県、大分県、熊本県、島根県、鳥取県、兵庫県、京都府、福井県、石川県、富山県、新潟県、山形県、秋田県、青森県、フェリーに車ごと乗り込んで北海道函館まで渡り、そのまま北海道の最北の離島、礼文島の澄海岬を「日本海沿いを北上する旅」の最終目的地とした。

そのまま北海道をぐるっと一周し、再びフェリーに乗って青森県へ!青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、長野県、岐阜県、山梨県、静岡県と「太平洋沿いを南下する旅」を完遂した。

結果的にぼくは7月〜11月までの間ほぼ4ヶ月かけて「日本海沿いを北上する旅」「太平洋沿いを南下する旅」日本一周の旅を達成したことになる。この旅ブログ「ミズイロノタビ」では、あまりに感動的で素晴らしすぎた日本一周の旅の一部始終を公開しようと思う。

 

 

・道東には魅力的な野生の温泉がいっぱい!

日本人は温泉が大好きな民族であると言われる。ぼくも温泉は好きで日本一周車中泊の旅の中でも毎日入っていたが、それはどちらかというと体を綺麗に洗って清潔に保っておくためという目的意識が強く、温泉が大好きだから入っているわけではないと感じていた。

しかし「太平洋沿いを南下する旅」の途中で、ぼくは今までの人生で培った温泉館を一気に覆されるほどに魅力的な日本の温泉文化に遭遇した。それは野湯/秘湯の存在である。なんと日本には大自然に包まれた神秘的な野生の温泉がいくつも隠されており、大抵の場合それは無料で、まるで自分が野生動物に還ったかのような気持ちで入浴することができるというのだった!昔ならば見知らぬ土地の野湯/秘湯なんてよその旅人には知る由もなかったのかもしれないが、今の時代ではインターネットやグーグルマップでいくらでも自由に野湯/秘湯を検索して冒険するかのようにたどり着くことができる。

ぼくが初めて野湯/秘湯の存在を察知したのは、北海道の知床半島だった。道東には信じられないほど多くの野生の温泉がいくつも隠されており、それを巡るだけでも十分旅の喜びとなった。それ以降ぼくは野湯/秘湯に魅了されてしまい、「太平洋沿いを南下する旅」の中では常に野生の温泉をさがし求めながら日本を南下する結果となった。

 

・「カムイワッカ湯の滝」のアイヌ語の意味

特徴的で面白い温泉ばかりの道東の中でも、最も不思議で印象的だったのは「カムイワッカ湯の滝」だった。なんと流れてくる川の水が全部強酸性の温泉であり、その川を自力で徒歩で遡ったところに、滝壺という自然の湯船が出現するというのだった!

カムイワッカとはアイヌ語でカムイ=神、ワッカ=水で「神の水」という意味となり、強酸性で生き物が住めない水であったことから「魔の水」と解釈されたという。

 

・「カムイワッカ湯の滝」へのアクセスは砂利道続きで意外と大変!

「カムイワッカ湯の滝」へのマイカーでのアクセスは意外と大変だった!なんとコンクリートではない砂利道を30分以上も運転しないと「カムイワッカ湯の滝」へたどり着かないのだ!さすが知床半島の秘境にあるという不思議な滝!しかし砂利道とは言うもののデコボコも少なく道幅も比較的広いので、普段運転している人ならば問題なくたどり着けるだろう。たまに対向車がもし来たらすれ違うのが困難だろうと思われる道幅の箇所も見られたので細心の注意が必要だった。

 

・「カムイワッカ湯の滝」の駐車場情報

「カムイワッカ湯の滝」には20台ほど車を停められる駐車場が用意されていた。駐車場にはなんと警備員のおじさんもいて、こんな秘境で警備をしているなんてすごいと驚愕した!警備員のおじさんがいるので安心して車を停めることができた。

 

・「カムイワッカ湯の滝」の水はpH.1.6〜1.8の強酸性で、ぬるかった

駐車場から歩けばすぐに「カムイワッカ湯の滝」が出現する!一見すると普通の川のように見えるのだが、ひとたび足を水につけるとその独特な感覚に驚くだろう。なんと「カムイワッカ湯の滝」で流れている全ての水は温泉となっており、温度はぬるく、しかも酸性なので足が少しピリピリした。特に足に傷があるような場合はピリピリを強く感じやすいだろう。「カムイワッカ湯の滝」の温泉はなんとpH.1.6〜1.8であり強酸性だ。温度は温泉なのに熱いという感じは全くせず、本当に生ぬるいというような感じだった。

 

・「カムイワッカ湯の滝」の服装は、ハーフパンツとかかと固定サンダルが安全でおすすめだった

 

この「カムイワッカ湯の滝」の温泉の川を、どんどんどんどん上流へと歩いて登っていく。さながら北海道で秋に見かける鮭の遡上のようだ。温泉の泉源は上流にあり、上へ上へと歩いていくほどに、温泉の温度が温かくなっていくことに気がつく。

 

 

問題なのは上流へと歩いていく足元だった。なんと足元は土や砂ではなく、延々と岩の上を歩いていくのだ!岩の上を歩くのって、なんだかツルンと滑りそうでとても心配だった。ぼくが持っていた水に濡れてもいい靴は、自分で履いてきたサンダルしかなかったのでそのサンダルが大丈夫かどうかもわからずに、とりあえず怪我をしそうなくらい滑ったら沢登りを中止して戻ってこようというくらいの気持ちで挑戦したのだが、自分で履いてきた適当なサンダルでも意外と全然滑らずにスイスイと登れてしまった!これは予想外!なんとなく岩って滑りやすそうな印象だったけれど、意外と普通のサンダルでもあんまり滑られないものなんだなー。もちろん急勾配のところは滑らないように細心の注意を払いながら登ったが、それでも一切滑りそうな気配はなかった。

「カムイワッカ湯の滝」を登っていくための服装は、靴が濡れてもいいサンダルのようなものにするのはもちろんのこと、下はハーフパンツなど水に濡れることがないようなものがおすすめだった。知床自然センターのホームページでも足元は「滑り止め靴下」「かかと固定サンダル」を推奨しているが、ぼくがたまたま履いていた靴がこの「かかと固定サンダル」だったので運よく「カムイワッカ湯の滝」の沢登りに適応できたのだろう。歩ける場所は、足首の上くらいに水の高さが来るという程度の水深で、浅いところを選んで歩けば膝まで水が迫ってくることは決してなかった。

また「カムイワッカ湯の滝」は知床半島のまさに秘境に位置し、ヒグマの生息地にもなっているので、熊除けの鈴などがあると心が安らぐかもしれない。

 

・「カムイワッカ湯の滝」の「一の滝」の滝壺では実際に温泉として入浴できるの?

どんどん登っていくと「一の滝」にたどり着く。この滝壺が絶好の入浴スポットとなっているようだ。しかし下流よりは温かいものの水温は温泉と言えるほど熱くもなく、観光客が周囲にうようよいるので日本人らしく裸で入れるという雰囲気でもなくあらかじめ水着の準備が必要で、この滝壺を温泉の湯船として入浴している人はほとんどいなかった。ぼくが見た中では唯一若い男子大学生の集団みたいな人たちが水着を着て入っていたが、「ぬるい!!!」という感想を叫んではしゃいでいた。

せっかくここまで来たのだから温泉として頑張って入ろうとすれば水着で入れるけれど、そんなに入りたくもないような、なんとなく入りづらい雰囲気も漂っているような気がした。秘境なのに割と人も多く、せっかくの野湯という情緒も薄れ、どちらかというと沢登りを楽しむアクティビティの場所として成り立っているような雰囲気だった。

 

 

・「カムイワッカ湯の滝」は「一の滝」より上は落石のため進入禁止になっていて残念だった

「カムイワッカ湯の滝」の最もよい入浴スポットはこの「一の滝」の滝壺であり、これから上へ行っても通行止になっているだけだった。実際は「四の滝」まであり、上流へ行けばいくほど温泉の温度も上がり、これよりもっと上流でこそ最高の温泉体験が昔はできたそうだが、知床半島が世界遺産になり観光客が急増し、落石が危険だという理由により進入禁止となっていた。残念すぎる!この先にこそ本来の「カムイワッカ湯の滝」の魅力が詰まっていそうなのに、現在は行くことが禁止されているのだった。まだ禁止されていなかった時代に行けた人がすごく羨ましい!!!

 

 

・「カムイワッカ湯の滝」の先には、海へと落ちる神秘的な「カムイワッカの滝」がある

「カムイワッカ湯の滝」の下流1km先には、海へと流れ落ちる「カムイワッカの滝」がある。観光クルーズに乗れば「カムイワッカの滝」の神秘的な姿をを海から眺めることができる。野生のヒグマを安全な海上から観察できたりしてとてもオススメの知床観光のひとつだ。

世界遺産!雄大な知床半島の自然に抱かれて

クマや滝を上手に写真に収めたい!ウトロから知床半島クルーズに乗る際の座席のコツを徹底解説

 

・その他日本各地の野湯/秘湯の記事一覧はこちら!

滝の水が全部温泉!秋田県の秘境「川原毛大湯滝」は人生最高の温泉体験だった(10月でも入れたよ)

日本最東端の無料秘境温泉!羅臼「相泊温泉」は海と国後島と日出を一気に見られる唯一無二の海岸絶景野湯だった

マナーは?シャンプーは?温度熱すぎ?!羅臼の素晴らしき無料天然温泉「熊の湯」について徹底解説!

海の真ん中に浮かぶ秘湯!羅臼「瀬石温泉」は干潮時にしか入れない無料絶景露天風呂だった

運転が苦手な人はアクセス注意!北海道「川北温泉」は大自然と一体になれるまさに絵に描いたような秘湯だった

道東斜里の秘湯で日帰り入浴!「越川温泉」は三度入ればそそり立つというローカルな名湯だった

砂利道の狭路の先は立入禁止?!秋田県「奥奥八九郎温泉」は野性味あふれる野湯だった

川のすぐそばの混浴露天風呂!北海道中標津町の大自然に囲まれた野湯「養老牛温泉 からまつの湯」に魅了された

日本海を一望できる絶景混浴露天風呂!青森県「不老ふ死温泉」に日帰りで行ってきた

白濁の巨大混浴露天風呂!憧れの秘湯・秋田県乳頭温泉「鶴の湯」で日帰り入浴してきた

荒涼とした大地に点在する泥の混浴露天風呂!東北地方一標高が高い「藤七温泉 彩雲荘」に日帰り入浴してきた

温泉=女陰だから温泉には男根を祀る日本の風習があると「藤七温泉 彩雲荘」の巨大木造男根から学んだ

不思議な男根神チムチムゴッドを発見!Go To トラベルで岐阜県下呂温泉に泊まったら日本の生殖器崇拝への理解が深まった

マタギの由来、伝統的風習、山の神信仰まで徹底解説!秋田県「マタギ資料館」を見学し日帰りで「マタギの湯」も堪能した

巨大ダムの見える絶景混浴温泉!岡山県北部の湯原温泉の砂湯に行ってきた

不思議な絶景の秘湯!町中に蒸気が立ち込める熊本の秘境で「岳の湯」に浸かる

秘湯って本当にあったんだ!大分県別府の「鶴の湯」に感動した

人生初の混浴!大分県湯布院の「下ん湯」に行ってきたことと男性と女性の肉体について

日本最古の湯船!和歌山県白浜の「崎の湯」は海がすぐそこに迫る絶景露天風呂だった

日本最古にして唯一の世界遺産温泉!湯の峰温泉「つぼ湯」へ行ってきた

 

・オンラインで国内旅行ツアーをチェックしよう!

 

・北海道の宿をオンライン検索してみる!

国内旅行はじゃらんや楽天トラベル、Yahoo!トラベルが使いやすくておすすめ!北海道を旅したくなったらまずは素敵な宿を予約しよう!

 

・便利な航空券比較サイトskyscannerを使って格安航空券をチェックしよう!

旅人なら誰もが使っている航空券比較サイトskyscanner(スカイスキャナー)を使えば、いつの飛行機が安いのか、どの航空会社の飛行機が安いのか一目瞭然!行きたい場所と日時の航空券を比較して、お得に旅行しよう!

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

関連記事