白濁の巨大混浴露天風呂!憧れの秘湯・秋田県乳頭温泉「鶴の湯」で日帰り入浴してきた

 

憧れの秋田県の秘湯!!!!!

白濁の巨大混浴露天風呂!憧れの秘湯・秋田県乳頭温泉「鶴の湯」で日帰り入浴してきた

・ぼくの「日本海沿いを北上する旅」+「太平洋沿いを南下する旅」=日本一周の旅
・乳頭温泉へ行く途中で日本一深い田沢湖に立ち寄った
・乳頭温泉「鶴の湯」はレトロすぎて古代日本にタイムスリップしたみたい!
・乳頭温泉「鶴の湯」の日帰り入浴料金と時間帯と駐車場情報
・乳頭温泉「鶴の湯」のランチは絶品だった!
・乳頭温泉「鶴の湯」の湯船は4種類ある
・乳頭温泉「鶴の湯」の内湯の「白湯」
・乳頭温泉「鶴の湯」の内湯の「黒湯」
・乳頭温泉「鶴の湯」の巨大混浴露天風呂
・女性専用露天風呂には男根神(コンセイサマ)が祀ってあるという噂

・ぼくの「日本海沿いを北上する旅」+「太平洋沿いを南下する旅」=日本一周の旅

こんにちは!世界一周+日本一周の旅を続けている水色です。

ぼくは今までの人生で日本海沿いの地域をほとんど旅したことがなかったので、新型コロナウイルス感染拡大の影響で外国にも行けず旅人としてはこのまま日本を深めるしかないという絶好の機会に、日本海沿いを北上する車中泊の旅を決行した!

岡山県、広島県、山口県、佐賀県、長崎県、福岡県、大分県、熊本県、島根県、鳥取県、兵庫県、京都府、福井県、石川県、富山県、新潟県、山形県、秋田県、青森県、フェリーに車ごと乗り込んで北海道函館まで渡り、そのまま北海道の最北の離島、礼文島の澄海岬を「日本海沿いを北上する旅」の最終目的地とした。

そのまま北海道をぐるっと一周し、再びフェリーに乗って青森県へ!青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、長野県、岐阜県、山梨県、静岡県と「太平洋沿いを南下する旅」を完遂した。

結果的にぼくは7月〜11月までの間ほぼ4ヶ月かけて「日本海沿いを北上する旅」「太平洋沿いを南下する旅」=日本一周の旅を達成したことになる。この旅ブログ「ミズイロノタビ」では、あまりに感動的で素晴らしすぎた日本一周の旅の一部始終を公開しようと思う。

 

 

・乳頭温泉へ行く途中で日本一深い田沢湖に立ち寄った

「日本海沿いを北上する旅」の途中、ぼくはずっと憧れていた秋田県の乳頭温泉を訪れたくなり、海沿いの道をそれて内陸へと向かった。ちょうど暗くなってきた頃に「日本一深い湖」として有名な田沢湖が出現したので、田沢湖で車中泊して次の日に田沢湖も観光した。

日本一深い湖!秋田県田沢湖の龍になった辰子の伝説と、うぐいと、御座石神社の思い出

 

・乳頭温泉「鶴の湯」はレトロすぎて古代日本にタイムスリップしたみたい!

 

乳頭温泉「鶴の湯」は秋田県の秘境中の秘境にある、日本伝統のスタイルを継承したレトロな温泉宿だった。流石に秘境といっても日本の有名温泉地だしちゃんとした道が続いているだろうと信じていたが、なんと途中から車がグラグラ揺れる砂利道になってしまったので閉口した。なんとか砂利道を通り抜けてやっとの思いでたどり着いた乳頭温泉「鶴の湯」は、携帯電話の電波も届かない秘境だった。

 

 

鶴の湯はもともと「田沢の湯」と呼ばれ、傷ついた鶴が湯浴みをしていたということかrら「鶴の湯」と名付けられたと言われる。1638年に秋田藩二代藩主が湯治に来て、宿泊したと伝えられている。茅葺き屋根の長屋が宿泊棟として残り、まるで古代の日本にタイムスリップしたかのような幻想的な温泉体験を味わえる。

 

温泉に入る前のこのレトロな建物を見ただけでも、ここへ来た価値があったと感じられて感動的だった。レトロな宿と温泉の間には清らかな川が流れ、暑い夏の日に訪れたぼくは足を浸して涼むことを覚えた。

 

・乳頭温泉「鶴の湯」の日帰り入浴料金と時間帯と駐車場情報

乳頭温泉「鶴の湯」の日帰り入浴は600円。駐車場は広くて無料。時間帯は10時〜15時と短いので注意が必要だ。

フロントに600円を渡すのだが、このフロントがまた風情があって最高だった!清らかな水によって飲み物が冷やされていて見ているだけでも涼くなれる。レトロなポスターが貼りめぐらされていて情緒深い。

 

 

・乳頭温泉「鶴の湯」のランチは絶品だった!

乳頭温泉「鶴の湯」で食べた「山の芋鍋定食A(岩魚付)」のランチメニューは、山の幸がふんだんに使われていて絶品だった!日帰り温泉の人でも茅葺き屋根の長屋に入ってランチを食べることができるので、レトロな古民家の内装も見学できて大満足だった。

憧れの秘湯!乳頭温泉「鶴の湯」は日帰り入浴でも絶品ランチを楽しめた

 

・乳頭温泉「鶴の湯」の湯船は4種類ある

乳頭温泉「鶴の湯」の温泉は多様性に富んでおり、様々な湯船に浸かることができた。男性が入れるのは3つだった。すなわち内湯の「白湯」「黒湯」そして巨大な混浴露天風呂だった。女性だけは女性専用露天風呂が別に設けられているようだった。ぼくは最初露天風呂がまさか「混浴」と「女性専用」に分かれているなんて思わずに、普通に「男性専用」と「女性専用」の露天風呂に分かれているのかと思っていたので、自分の入っている露天風呂に女性が入ってきてびっくりした!

乳頭温泉「鶴の湯」のお湯は白く濃厚に濁っているのでお風呂に入ってしまえば何も見せず、女性でも混浴に入りやすそうだった。女性の更衣室から混浴までは専用の湯船の通路があり、そこへ身を沈めながらお風呂へと移動すれば見られる心配は皆無という仕組みになっているらしかった。

乳頭温泉「鶴の湯」の内湯は「白湯」と「黒湯」に分かれており、「白湯」の方が広かった。「白湯」も「黒湯」も混浴露天風呂全てお湯が濃厚に白濁しており、違いがあるようには感じなかった。ぼくが訪れた日は人も少なく、混浴露天風呂でさえひとりだけの時間もあって快適で心地よかった。お湯は熱くもなく長く浸かるのにちょうどいい温度だった。暑い夏の日でも気持ちよかったけど、写真にあるみたいに雪の中入れたらもっと気持ちよさそう!今度は真冬に来てみたいなー!!!

 

 

・乳頭温泉「鶴の湯」の内湯の「白湯」

 

・乳頭温泉「鶴の湯」の内湯の「黒湯」

 

・乳頭温泉「鶴の湯」の巨大混浴露天風呂

 

・女性専用露天風呂には男根神(コンセイサマ)が祀ってあるという噂

余談としては女性専用露天風呂には男根神(コンセイサマ)が祀ってあるとインターネット上に書いてあった。もちろんぼくは確認することはできなかったが、この日本一周の旅の中でも温泉に男根を祀るという風景をたまに見かけたので、それは日本各地に存在する文化なのだと改めて感じさせられる思いがした。日本には不思議な風習がいっぱいだなー!

温泉=女陰だから温泉には男根を祀る日本の風習があると「藤七温泉 彩雲荘」の巨大木造男根から学んだ

 

・オンラインで国内旅行ツアーをチェックしよう!

 

・秋田県の宿をオンライン検索してみる!

国内旅行はじゃらんや楽天トラベル、Yahoo!トラベルが使いやすくておすすめ!秋田県を旅したくなったらまずは素敵な宿を予約しよう!

 

・便利な航空券比較サイトskyscannerを使って格安航空券をチェックしよう!

旅人なら誰もが使っている航空券比較サイトskyscanner(スカイスキャナー)を使えば、いつの飛行機が安いのか、どの航空会社の飛行機が安いのか一目瞭然!行きたい場所と日時の航空券を比較して、お得に旅行しよう!

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

関連記事