無料で織物見学!ラオス・ルアンパバーンのOck POP Tok Living Craft Centreで布ができる過程を学んできた

 

あまりにも美しいラオスの布ができる過程がここに!!!

無料で織物見学!ラオス・ルアンパバーンのOck POP Tok Living Craft Centreで布ができる過程を学んできた

・ラオスの布への憧れ
・謎すぎるラオスの布の相場
・Ock POP Tok Living Craft Centreでラオスの布が出来上がる過程を無料見学
・Ock POP Tok Living Craft Centreのカフェ

・ラオスの布への憧れ

世界中で布を見てきて、なぜかぼくがいつも惹かれるのはラオスの美しい布だった。それ以来ぼくは実際にラオスを訪れた時には必ず、どんなに高くてもラオスの美しい布を購入しようと決めていた。

ラオスの美しい布

ぼくがラオスを大好きなたったひとつの理由

 

・謎すぎるラオスの布の相場

ラオスの布の相場は難しい。あまりに細かく美しい布だからそれなりに値段はするだろうと思っていたが、それが何円するのかを日本という遠い異国の地から来たぼくが想像するのはあまりに難しい。ごくたまに値札がついている布の店があるのでそこで探りを入れてみる。

ルアンパバーンの街中にあるOck POP Tokという店は美しいラオスの布製品が値札付きでたくさん置かれていたので見てみると、ぼくがこれを欲しいと思うものはなんと30000円以上はする。物価の安いラオスで30000円以上といえば、1ヶ月くらい過ごせる料金ではないだろうか。しかしこの店は西洋人がラオス人を雇って適正な労働賃金を支払おうとするお店なので、少々割高であるかもしれない。

ルアンパバーンで毎夜開催されるナイトマーケットで布の値段の探りを入れてみる。ナイトマーケットに布製品のお店は多数あれど、ぼくがいいと思ったお店はたった2つしかなかった。その2つの店に値段を聞いてみると、やはり結構高かった。250USドルだが200USドルまで下げられるとか、それくらいのレベルである。Ock POP Tokよりは安いものの、それでも東南アジア、特にラオスにおいては高額な買い物である。

Ock POP Tokに売っているものは不思議な模様で魅力的だが、細かさや緻密さや民族的な美しさに関してはナイトマーケットの方が勝っていると主観的に感じた。しかもナイトマーケットの方が安いのだからナイトマーケットで買う方がいいかもしれない。

 

 

・Ock POP Tok Living Craft Centreでラオスの布が出来上がる過程を無料見学

 

ルアンパバーンでラオスの布についてそんな風に思案していると、Ock POP Tokが経営しているリゾートホテルに布工場が併設されていて、そこでラオスの布ができる過程を無料見学できるというので行ってきた。名前はOck POP Tok Living Craft Centreという場所だ。

 

 

Ock POP Tok Living Craft Centreに行くと係りのお兄さんが出迎えてくれて、ツアーに参加しますか?と尋ねてくれる。参加しますと告げてしばらく待って3人集まると、無料のツアーが開始された。言語は英語のみだが、日本語のパンフレットがあったり、実際に目の前で布の作る過程を見ることができるので、言語に不安があっても十分楽しめるだろう。

 

 

シルク(絹)ができるのか蚕という虫からということで、蚕を見ることできる。

 

 

蚕から作られたシルクが染められるのは、草木や鉱物などの天然の色彩によるものらしい。化学的なものではなくてもこのように十分美しい色彩を染め上げられるなんて、昔ながらの知恵には感動させられる。

 

 

実際にシルクの糸から織物が織られている場所。機織り機と人の手が織り成す緻密で美しい民族的な模様に感嘆する。

 

 

モン族のおばさんが布の上に民族的な模様を描く場面を直接見ることもできる。

 

無料ツアーなので、当然最期にはお土産コーナーがある。Ock POP Tok Living Craft Centreのお店はルアンパバーンの街中にあるOck POP Tokのお店よりも品揃えが豊富だ。やはりここでもぼくが欲しいと感じる布は30000円から高いもので60000円以上するものもある。美しくて他にはない模様ではあるものの、はやりナイトマーケットでラオスの布を買うことを決めたぼくはここでは買わなかった。

しかし実際にラオスの布ができる過程をこの目で直に見ることができ、さらには糸から布になるまでどのような段階を踏んでいるのかも学ぶことができ、無料だし非常に有意義な時間だった。

 

 

・Ock POP Tok Living Craft Centreのカフェ

Ock POP Tok Living Craft Centreにはカフェが併設されており、天井に布の敷き詰められた幻想的な他にはない空間でゆっくりとくつろぐこともできる。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

関連記事