チベット世界の桃源郷へついに到着!中国雲南省・西当村から雨崩まで標高3200mまでの高山秘境トレッキング

 

きつかったー!酸素うすいねん!!!

チベット世界の桃源郷へついに到着!中国雲南省・西当村から雨崩まで標高3200mまでの高山秘境トレッキング

・これまでのあらすじ
・西当村から雨崩までトレッキング開始!
・中国人2人と仲良く3人で雨崩を目指す!
・ついにチベット世界の桃源郷、雨崩へ到着!

・これまでのあらすじ

カンボジアで中国一周したことのある香港人に聞いた、中国雲南省のチベット世界の桃源郷、雨崩を訪れるために香格里拉→徳欽→飛来寺→西当村へと未知なる長距離移動を行った。

ここまでの感想としては、とにかくスケールがでかい!!!本当に中国は壮大で日本にはない風景がどこまでも広がっていると驚いた。果てしなく続く断崖絶壁、突如振り始める白い雪、神々しい雪山が連なる夢幻のような風景が、ここ中国雲南省の果ての秘境には広がっていた。

中国・雲南省、夢の桃源郷へ!ガイドブックにも載っていない最果ての雨崩村を目指す

チベット世界の桃源郷へ出発!雨崩へ行くためにまずは香格里拉から飛来寺までバス移動

チベットの聖山!梅里雪山の雄大な姿を一望できる飛来寺で1泊した

中国雲南省の桃源郷・雨崩を目指して!飛来寺から西当村への乗合バスでトレッキングの出発点へ到着

 

・西当村から雨崩までトレッキング開始!

 

西当村までなんとか早朝に到着してついにトレッキングを開始!!ついに雨崩は目の前だー!!!

 

 

乗合バスで英語を喋れる中国人青年・シェンミンという相棒もゲットして、2人でえっちらおっちらと山道を登って行く。最初の方は車道を登って行き、その道は乾燥した土の道で、なんだかスペイン巡礼の道を彷彿とさせた。

小さい頃からお父さんに連れられて日本のたくさんの山道を歩いたり登ったりしていたが、この乾燥した砂っぽい山道は日本人のぼくには馴染みがなく、歩きにくい好きではない道だ。日本の山道は湿っていて木の葉や枝で満たされているのでクッションのように柔らかく、優しい印象で歩きやすい。それに比べて外国のこのような乾燥した坂道は、なんだか人間に対して冷たくあしらっているような印象を受けるのだ。

 

 

途中からぼくの好きな柔らかな道も加わっていく。

シェンミンはぼくとよく似たペースで歩くのではぐれることもなく安心だ。ゆっくり休みながら着実に山道を登っていく。高度2600mから3200mという自分の肉体にとっては未知なる高度だ。距離はぼくは普段平地で歩いたり走ったりするよりも、確実に呼吸が苦しくハァハァするのを感じていた。

 

5色の旗のタルチョがいたるとこではためき、チベット世界へと迷い込んだことをぼくたちに十分感じさせる。輪廻転生の感性が息づく世界の秘境のチベット仏教世界へ、ついにやって来たのだ!

 

 

・中国人2人と仲良く3人で雨崩を目指す!

 

ほとんどぼくたちの他には歩いている人もいなかったが、途中で唯一出会ったチリ人の2人と、これまた珍しく英語を喋る中国人青年のシャオヘイと仲良くなった。チリ人の2人はトレッキング好きらしく猛烈に歩くのが早かったが、シャオヘイはぼくたちと同じような速さだったので3人で一緒に雨崩を目指した。

 

 

西当村から雨崩までは、通常の足で約6時間。4時間登ってその後2時間降りるというなんだか理想的な行程だ。しかしここは高度3000mの世界なので、日本の近所の山を登っているような気軽さが呼吸に関してはなかった。疲れたら無理せずみんなで休んで、なんとか登り切るところまで頑張る。

 

途中に出てきた八一茶館では、みんなでヤクミルクを飲んだ。ほんのり甘く美味しい!これでも砂糖は入っていないらしいから驚きだ。ヤクミルクを飲んで、自分の体内にチベット世界が入り込んでいるのを感じた。もはやぼくの肉体の一部には、チベットが紛れ込んでいるに違いない。

 

 

・ついにチベット世界の桃源郷、雨崩へ到着!

 

トレッキングの登りと下りの境目では、数えきれないほどの5色のタルチョが幻想的にはためいていた。そしてその向こうには見たこともないような険しい雪山が神々しく聳え立っている。こんな風景が、この世界にあるのかと驚いた。そしてこんなところに、本当に村なんてあるのだろうか。

 

 

ここまで来たら後は下るだけだ。これまで険しい登りに会話も少なかった3人だが、下りになると途端に会話を弾ませるようになった。写真を撮ったり会話しながら気軽に雨崩へと下って行く。ずっと晴れていたけれど、途中からパラパラと雪が天から舞い降りた。晴れていても雪が降ってくるなんて、狐の嫁入りでもあるまいしすごく幻想的だ。写真でも雪が降って山の方が霞んでいる。

 

 

ついに見えた!!!雨崩っぽい村の姿!!!!!雪山が背後に聳えていてなんとも神聖な雰囲気のある村だ。

 

 

雨崩が見えたところで、チケット確認が待っていた。大切に失くさずに持っていたチケットを渡すと、追加で5元払えという。仕方なく払うと雨崩村でなんでも使える5元券をくれた。このシステムなに?

 

 

雨崩村への行く先を、ヤクが阻んでいる。これぞチベット世界!

 

ついに村の中へ突入だー!!!

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

関連記事