ウィーンの王宮御用達のカフェ・ゲルストナーへ行ってきた

 

ウィーンはカフェ文化が盛んで本当にたくさんの素敵なカフェがあるよー!

ウィーンの王宮御用達のカフェ・ゲルストナーへ行ってきた

・夢広がるウィーンの洋菓子店
・カフェ・ゲルストナー(Gerstner)のクリムト・タルト
・カフェ・ゲルストナー(Gerstner)のカフェ空間
・追記:後日豪華絢爛なカフェ・ゲルストナーの3階も訪れた

・夢広がるウィーンの洋菓子店

 

今回行ってきたのはGerstnerというカフェ!先日書いたカフェ・ザッハーのほぼ目の前、ウィーンのオペラ座の目の前にあるわかりやすい立地にある。

 

ウィーンのカフェ・ザッハーで10年ぶりにザッハートルテを食す

 

このカフェはハプスブルク家御用達という由緒正しき歴史を持つカフェらしい。いろんな種類のケーキももちろんあるが、チョコレートやマカロン、シシーの好きなスミレの砂糖菓子なども売られていて洋菓子店という風格である。

 

 

店内に入ると広がるたくさんのお菓子とミントグリーンの色彩で統一された内装が、洋菓子店的な可愛らしい夢のある空間を作り上げている。2階と3階にはカフェがあり特に3階のカフェは豪華絢爛という噂だが3階は17時半までと閉まるが早いらしく、遅く来たぼくは2階へと足を運んだ。

 

1階でたくさん並んだケーキを眺めてから2階のカフェへ上がるとメニューを見たときにイメージしやすい。メニューには写真が載っていないので実際のケーキを眺めることは非常に選択の参考になるだろう。どのケーキも5ユーロ以下でとても手頃だ。店員さんもみんなとても愛想がよい感じである。

 

 

・カフェ・ゲルストナー(Gerstner)のクリムト・タルト

 

ぼくは前回のウィーン旅行では不覚にもクリムトの接吻を見逃してしまった。今回こそは見るぞという意気込みを込めて「クリムト・タルト」を頼んだ。

ケーキが金箔できらきらしている様子がクリムトらしく、そしてウィーンらしい風格を醸し出している。チョコレートがメインとした味も日本のケーキのように美味しくて感動的だ。ウィーンのケーキはどこでも味に情緒があり感動的に美味しいのかもしれない。

 

ウィーンの街の真ん中のカフェで「クリムト」というケーキを食べているだけでもウィーンに旅行に来ましたよという心意気が感じられて楽しい。できるなら毎日どこかしらのカフェに通ってこの街でもゆっくり暮らすように過ごしてみよう。

暮らすように旅するには何泊が適切か?

 

・カフェ・ゲルストナー(Gerstner)のカフェ空間

3階のカフェが豪華絢爛という噂だが、2階のカフェも華やかで可愛らしくぼくは非常に満足した。ここもカフェ・ザッハーと同じく深い赤色が基調となっておりシャンデリアが光り輝いている。壁には西洋画が所狭しと飾られており、小さて落ち着ける空間だ。ふかふかの椅子も居心地がいい。

ケーキひとつ注文しただけでも長時間ゆっくりできるのでウィーンの散策に疲れて休憩するのにもちょうどいいだろう。このようなカフェがいたるところにあるというのがカフェ文化の盛んなウィーン最大の魅力であると言える。まだまだ美味しそうなケーキがたくさんあったし、3階も見ていないしまたこの滞在中にここに来られたらなぁとぼんやり考えていた。

(ちなみに日本でいう2階はヨーロッパの1階で、3階はヨーロッパでいう2階だが、紛らわしくないようにここでは日本的な階数で記述しました!)

 

・追記:後日豪華絢爛なカフェ・ゲルストナーの3階も訪れた

カフェ・ゲルストナーの3階は素敵すぎて本当に本当に感動しました!!!

ウィーンのカフェ・ゲルストナー の3階が豪華絢爛ですごかった

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

関連記事