「地域共通クーポン」の使える場所を徹底解説!実際にGo To トラベルを利用してわかった上手なおすすめ使い道6

 

Go To トラベルの「地域共通クーポン」を上手に使おう!

「地域共通クーポン」の使える場所を徹底解説!実際にGo To トラベルを利用してわかった上手なおすすめ使い道6

・実質半額のお得すぎるGo To トラベルの仕組みと「地域共通クーポン」の特徴
・実際にGo To トラベルを利用してわかった「地域共通クーポン」 の上手なおすすめ使い道6つ
1.旅行先のお土産物品を購入
2.レストランや食堂で食費を浮かす
3.スーパーマーケットやドラッグストアで旅行に必要なものを購入
4.大手コンビニで気軽に利用
5.公共交通機関のチケットも購入可能
6.車で旅行している場合はガソリン代が最良の使い道
・お得にGo Toトラベルできる宿をオンライン検索してみよう!
・便利な航空券比較サイトskyscannerを使って格安航空券をチェックしよう!

・実質半額のお得すぎるGo To トラベルの仕組みと「地域共通クーポン」の特徴

 

新型コロナウイルスによる経済対策の一環として、「Go To トラベル」という旅行者にとってすごくお得なシステムが導入されている。Go To トラベル、ややこしそうに聞こえるけれど全然ややこしくない!ホテルに泊まると予約の際に宿代を35%オフにしてくれて、さらにホテルのフロントで「地域共通クーポン」というクーポンを宿代の15%分くれるから、結果的には宿代を実質50%オフにしてくれるというものだ。

「地域共通クーポン」が使えるのは宿泊する都道府県と隣接している都道府県にある取り扱い店舗のみ!さらに使用できる期間はそのホテルに宿泊してる間だけと利用は限定的だが、宿泊中に現地で使って経済を回してほしいという意味合いなのだろう。「地域共通クーポン」の取り扱い店舗はGo To トラベルのホームページで確認することができる。また「地域共通クーポン」の使える店舗の前には青いポスターが目立つように貼られているのでわかりやすい。

 

「地域共通クーポン」は電子クーポンと紙クーポンの2種類あり、どちらをもらえるかは宿を予約したサイトによって決まっている。紙クーポンは使えるけれど電子クーポンは使えないという店も多々あるので、「地域共通クーポン」は紙でもらった方が無難だろう。ぼくがいつも利用している「じゃらん」と「楽天トラベル」はどちらも紙クーポンをもらえるので「地域共通クーポン」も使いやすくて便利だった。Go To トラベルを利用するなら、紙クーポンをもらえるという観点からこの2つ(「じゃらん」と「楽天トラベル」)が絶対おすすめだし、ぼくはこの2つしか使っていません!

また「地域共通クーポン」の重要な特徴として、1000円単位で渡され、おつりは出ないことになっている。

 

・実際にGo To トラベルを利用してわかった「地域共通クーポン」 の上手なおすすめ使い道6つ

さてこの「地域共通クーポン」の問題は、いつでもどこでも使えるクーポンではないということだ。宿泊する県とその周辺の都道府県の「地域共通クーポン」に登録しているお店でしか使えないし、また使えるのは宿にチェックインした日からチェックアウトする日までと決められている。決められた期日の中で上手に確実に「地域共通クーポン」を使わないと、「地域共通クーポン」はただの紙切れになってしまう。そのような悲劇は避けたい。

しかしいくら利用期限が決まっているからといって、焦って全然要らないものやくだらないお土産を買ってしまうことにぼくは反対である。期間があるとは言えせっかくお金と同様の価値のあるクーポンをもらったのだから、上手に必要なものを買って旅を快適なものにしていきたい。

ぼくは今車中泊で「日本海沿いを北上する旅」からの「太平洋沿いを南下する旅」の途中だが、その旅の中でGo To トラベルをよく使っている。そしてしばしば「地域共通クーポン」の使い道に困ってしまうことがあったので、ここではぼくの今までのGo To トラベルの経験から、絶対損しない上手な「地域共通クーポン」の使い方を紹介したいと思う。

 

1.旅行先のお土産物品を購入

「地域共通クーポン」で最も手っ取り早い使用方法は、お土産ものを買うことだ。観光地などのホテルに宿泊すれば、周囲には「地域共通クーポン」を使えるお土産物屋さんが多数ある。「地域共通クーポン」が使えるお土産物屋さんで自分が欲しいと感じるものがあれば、「地域共通クーポン」は簡単に消費できる。

実際に利用した例の記事はこちら!

お得なGo To トラベル利用体験記!北海道函館の六花亭で「地域共通クーポン」を実際に使ってみた

青森県弘前市のGo To トラベル体験記!津軽の伝統工芸「こぎん刺し」の雑貨を「地域共通クーポン」で購入した

青森県八戸市のGo Toトラベル体験記!青森県なのに「地域共通クーポン」で鎌倉名物のお菓子「半月」を購入した

福島県会津市のGo To トラベル体験記!「地域共通クーポン」を利用して会津の魅力的な郷土玩具「赤べこ」を購入した

群馬県草津温泉のGo To トラベル体験記!「地域共通クーポン」を使って「草津ガラス蔵」で林裕子さんの美しいとんぼ玉を購入した

 

2.レストランや食堂で食費を浮かす

レストランや食堂、カフェなどでも「地域共通クーポン」は利用可能だ。旅先での食事は楽しみのひとつでもあるし、食事は絶対に必要になってくるので、どうせ支払うべき食事代を「地域共通クーポン」で賄えるというのは非常に上手な使い方であると言える。

 

3.スーパーマーケットやドラッグストアで旅行に必要なものを購入

「地域共通クーポン」を使えるスーパーマーケットやドラッグストアも多数あるので、そこで旅先での食べ物や飲み物、お土産品を買うのものおすすめだ。スーパーマーケットやドラッグストアだとその辺のお土産物屋さんやレストランよりもはるかに安いし、旅を続けていくにおいてペットボトルのお茶などの飲み物は絶対に必要となってくるので、ぼくは「地域共通クーポン」で買いたいものがないときは、とりあえずスーパーマーケットやドラッグストアでペットボトルの飲み物を買っている。

車中泊の旅をしているので大量のペットボトルの飲み物を買って車に積んでおくと、しばらくは飲み物を買う手間が省けるので便利だ。このように絶対に必要なものを買うことが、「地域共通クーポン」を上手に使うコツではないかと考えられる。

実際に利用した例の記事はこちら!

青森県弘前市のGo To トラベル体験記!津軽の伝統工芸「こぎん刺し」の雑貨を「地域共通クーポン」で購入した

 

4.大手コンビニで気軽に利用

スーパーマーケットやドラッグストアよりはややコスパが悪いが、セブンイレブンやローソン、ファミリーマートなどのコンビニでも「地域共通クーポン」が利用できる。コンビニはそこらへんにあって便利なので、実際これが一番気軽に「地域共通クーポン」を消費できる方法かもしれない。

 

5.公共交通機関のチケットも購入可能

旅先ではレンタカーやタクシーやフェリーでの移動など、公共交通機関を利用しなければならない場面にも出くわすが、「地域共通クーポン」は公共交通機関にも使えるようだ。絶対に必要な公共交通機関代に「地域共通クーポン」を使用するのは賢い使い道であると言えよう。

 

6.車で旅行している場合はガソリン代が最良の使い道

車中泊の旅をしているぼくにとって、結局これが最も素晴らしい使い道だと感じる。車中泊の旅でガソリン代というのはバカにはできず、3日に1回のペースで3000円以上補給しなければならない。「地域共通クーポン」を使えるガソリンスタンドは多くはないが、Go To トラベルのホームページで周囲のガソリンスタンドを確認して、旅を続けるために必要なガソリンを「地域共通クーポン」で購入できるのは本当に助かるし、絶対に必要なものを買ってかなりの節約にもなる上手な「地域共通クーポン」の使い道だと感じる。

実際に利用した例の記事はこちら!

長野県軽井沢でGo To トラベル!貸切露天風呂が魅力のかけ流し温泉宿「小瀬温泉ホテル」でお籠り体験した

 

・お得にGo Toトラベルできる宿をオンライン検索してみよう!

国内旅行はじゃらんや楽天トラベル、Yahoo!トラベルが使いやすくておすすめ!Go Toトラベルも簡単にできます!特にじゃらんと楽天トラベルは「地域共通クーポン」を紙クーポンでもらえるので最もおすすめ!ぼくはこの2つしか使っていません!この機会にぜひかなりお得に国内旅行を楽しもう!

 

・便利な航空券比較サイトskyscannerを使って格安航空券をチェックしよう!

旅人なら誰もが使っている航空券比較サイトskyscanner(スカイスキャナー)を使えば、いつの飛行機が安いのか、どの航空会社の飛行機が安いのか一目瞭然!行きたい場所と日時の航空券を比較して、さらにお得に旅行しよう!

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

関連記事