鯉が美味すぎる!佐賀県「清水の滝」近くの「たきもと」で人生初の鯉料理を食べてみた

 

鯉がこんなに美味しいなんて意外すぎる!!!!!

鯉が美味すぎる!佐賀県「清水の滝」近くの「たきもと」で人生初の鯉料理を食べてみた

・ぼくの「日本海沿いを北上する旅」+「太平洋沿いを南下する旅」=日本一周の旅
・鯉料理が美味しいというのは本当か?
・不動明王と大迫力の「清水の滝」の風景
・「清水の滝」周辺の鯉料理レストランの接客は根本から何かがおかしかった
・「清水の滝」近くの「たきもと」で鯉料理を食べてみたら信じられないくらい美味しかった!
・佐賀県の宿をオンライン検索してみる!
・便利な航空券比較サイトskyscannerを使って格安航空券をチェックしよう!

・ぼくの「日本海沿いを北上する旅」+「太平洋沿いを南下する旅」=日本一周の旅

ぼくは今までの人生で日本海沿いの地域をほとんど旅したことがなかったので、新型コロナウイルス感染拡大の影響で外国にも行けず旅人としてはこのまま日本を深めるしかないという絶好の機会に、日本海沿いを北上する車中泊の旅を決行した!

岡山県、広島県、山口県、佐賀県、長崎県、福岡県、大分県、熊本県、島根県、鳥取県、兵庫県、京都府、福井県、石川県、富山県、新潟県、山形県、秋田県、青森県、フェリーに車ごと乗り込んで北海道函館まで渡り、そのまま北海道の最北の離島、礼文島の澄海岬を「日本海沿いを北上する旅」の最終目的地とした。

そのまま北海道をぐるっと一周し、再びフェリーに乗って青森県へ!青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、長野県、岐阜県、山梨県、静岡県と「太平洋沿いを南下する旅」を完遂した。

結果的にぼくは7月〜11月までの間ほぼ4ヶ月かけて「日本海沿いを北上する旅」「太平洋沿いを南下する旅」=日本一周の旅を達成したことになる。この旅ブログ「ミズイロノタビ」では、あまりに感動的で素晴らしすぎた日本一周の旅の一部始終を公開しようと思う。

 

 

・鯉料理が美味しいというのは本当か?

佐賀県小城市にある「清水の滝」の近くには、鯉料理を食べられる店がいくつもあるということで、滝と鯉料理目的に立ち寄ってみることにした。

しかし鯉って美味しいのだろうか。日本の池とか庭には鯉がいっぱいいるが、ぼくは今まで鯉を食べる習慣なんて聞いたことがなかった。こんなにいっぱい日本には鯉がいるのに、ほとんどの日本の地域では食べられていないということは、鯉があんまり美味しくなくて人気がないことを表しているのではないだろうか。もしも鯉が誰もが美味しいと心から思える味なら、きっと日本中で大フィーバーが巻き起こり、牛肉とか豚肉とか鶏肉とかマグロとかタイとか鮎とかのように、日本のどこでも食べられるメジャーな食べ物になっているのではないだろうか。

限定的な地域でしか食べられない郷土料理のような扱いになっているということは、日本中に広がるだけのパワーのない独特な味わいなのかもしれないと予想していた。鹿の肉とか、馬の肉とか、山羊の肉とか、日本においても限定的な地域でしか食べらない食べ物というのは、やっぱりクセが強く好き嫌いの分かれる独特な味わいのことが多い。誰もが好む普遍的な味わいではないから、日本料理ではなく「郷土料理」として日本の限定的地域に留まっているのかもしれないと何となく感じていた。郷土的な食べ物でも本当に美味しければ、例えば”札幌”ラーメンのように日本中のどこでも食べられる商品となるのではないだろうか。

そんなこんなで屁理屈を重ね合わせ鯉料理というものに全く期待していなかったのだが、佐賀県「清水の滝」近くの鯉料理は、いい意味でぼくの予想をことごとく裏切ってくれた!鯉料理って、めちゃくちゃちょっと信じられないくらいに美味しかったのだ!

 

・不動明王と大迫力の「清水の滝」の風景

鯉料理の前にちゃんと「清水の滝」へお参り!ぼくは滝が好きだ。激しく水しぶきをあげる激流というもの自体に強く心惹かれるし、水だけじゃなく、水によって引き起こされる風とか、涼しさとか、色彩の美しさとか、滝というのは実に多角的な魅力を持った大自然からの贈り物だと感じられる。この「日本海沿いを北上する旅」の中でも既に、岡山県と広島県の2つの素晴らしい滝を訪れていた。

中国地方一の滝!日本の滝百選にも選ばれている岡山県の「神庭の滝」へ行ってきた

まさに激流!広島県廿日市市の「妹背の滝」は豪雨の後で大迫力だった

 

「清水の滝」は真っ赤な不動明王のお姿が印象的な、実に迫力のある滝だった。

 

 

霧雨の舞う中で「清水の滝」を見つめながら、昨日からの長雨がこの大迫力の理由かもしれないと感じられた。滝というものは和歌山県の「那智の滝」のように滝の水そのものが御神体として崇められ、神道と結び付けられる例もあれば、仏教的な感性と絡み合い、不動明王と結びつけられる例も多いようだ。

 

現世を救う!熊野那智大社は古代の清らかな滝の水となって

 

滝と不動明王にはどのような関係があるのだろう。何となく字だけを見ていると、滝というのは激しく動く水の流動体であるのに、”不動”明王と結びつくなんてどこか矛盾を感じる。滝の持つあまりに激しい水の動きと、燃え盛るような不動明王の怒りの激しさとが古代の日本人の感性によって合致し、結びつけられたのだろうか。それとも空海が唐から持ち帰った密教における最も偉大な仏が大日如来であり不動明王は大日如来の化身であるので、密教(大日如来=不動明王)=高野山=紀伊山脈=山岳宗教=滝修行と、不動明王と滝は結びついたのだろうか。不動明王の燃え盛る赤い激しい炎を、滝の持つ青く清らかな激しい水のパワーで中和して、この世の均衡を保とうとしたのだろうか。そんなことを考えながら「清水の滝」を眺めていた。

 

不動明王が怒っている本当の理由とは?!不動明王は仏教に帰依しない人を威嚇するために怒っているというのは本当か?

 

・「清水の滝」周辺の鯉料理レストランの接客は根本から何かがおかしかった

さて本題の鯉料理だ。「清水の滝」の周辺には実に多くの鯉料理やさんがあるのだが、この辺りのお店はぼくの感覚では、結構変な店が多かった。何だか他では考えられないような接客の仕方というか、店に入っても全然店員が来てくれない店が本当に多かった!普通レストランなどに入ったら、ちゃんと店員が出迎えてくれて席まで連れて行ってくれるというのが、日本のレストランの常識的な流れだと思うが、この周辺の店は入っても出迎えてくれないどころか、どんなに待っても誰も来ずに、呼びかけても誰も答えずに、仕方なく出て行かざるを得ない店の連続だった!なんか不思議すぎる!日本でここだけ文化が違うの?!

そんな中で比較的マシだったというか、かろうじて入店できたのは「鯉御殿たきもと」だった。ここも入店時は誰一人出迎える店員もいなかったが、呼んだら出て来てくれたのでこの辺りの接客としてはかなり高得点だった。いやレストランなら呼ばなくても出迎えてくれよ当然やろと普通思うが、この一帯の接客としては呼んだらすぐに来てくれるだけでもありがたく感じられてしまうから、何とも言えない虚しさがこみ上げる。しかも鯉料理って結構値段が高いのだ!高級レストランなのにどこも客を出迎えもしないというのは、これいかに…本当に不思議な地域だった!

 

 

・「清水の滝」近くの「たきもと」で鯉料理を食べてみたら信じられないくらい美味しかった!

接客のことに関して目をつむれば、鯉料理というのは、本当に本当に美味しかった!!!!!生まれて初めての鯉料理!あの池でゆらゆらと風流に泳いで、池を歩けばエサをくれると思ってパクパクと近づいてくるあの鯉という見慣れた魚が、こんなに美味しいなんて意外すぎて興奮した!

ぼくが注文したのは一人前の定食!2500円だった。メニューは少なく、様々な鯉料理を食べてみたいのならば、この定食以外に選択肢はなかった。

 

運ばれた鯉料理を見て、まずその見た目の豪華さにびっくり!鯉のお刺身が氷と共に、ズラーッと船の上に並べられて、おめでたさが半端ない!鯉のお味噌汁も鍋いっぱいに運ばれて来て、自分でいっぱいおかわりできる!山菜や、不思議な薬味や、山芋なんかも出てきてもう贅沢なランチすぎる!

 

鯉あらい(鯉のお刺身)、鯉こく(鯉のお味噌汁)、鯉のカルパッチョ、どれをとっても本当に絶品だった!全然臭みもないし、独特の味もしないし、むしろ透き通るような清らかな味がする!夏にぴったりな涼しげな味わい!お刺身やカルパッチョは弾力、歯ごたえがあって、コリコリしていて、ぼくの好みの感触だった。お刺身は酢味噌に、薬味をかけていただく。薬味はネギと、辛くて赤い何か…唐辛子かな?船に敷き詰められたお刺身は、量が多いように見えて、本当に多かった!もうお腹いっぱいで大満足!さらには玉ねぎと鯉の身がたくさん入った鯉のお味噌汁も、少し甘めの白味噌の味わいがご飯によく合って美味しすぎて、お鍋の中のものを全部平らげてしまった!

こんなに鯉料理が美味しいなんて知らなかったー!本当に大満足!また絶対に来たい!

インターネットで調べてみると鯉料理って臭みがあるとか、骨があるとか、まずいとか意見も多いみたい。じゃあやっぱりこの「清水の滝」周辺の鯉料理が特別美味しいってことなのかも!「清水の滝」からの清らかな美しい水で養殖されているからなのか、それとも調理法が上手だからなのか。とにかくここの鯉料理を食べてしまったら鯉はまずいなんて絶対に言えないはず!みなさんもぜひ試してみてください!

 

 

・佐賀県の宿をオンライン検索してみる!

国内旅行はじゃらんや楽天トラベル、Yahoo!トラベルが使いやすくておすすめ!佐賀県を旅したくなったらまずは素敵な宿を予約しよう!

 

・便利な航空券比較サイトskyscannerを使って格安航空券をチェックしよう!

旅人なら誰もが使っている航空券比較サイトskyscanner(スカイスキャナー)を使えば、いつの飛行機が安いのか、どの航空会社の飛行機が安いのか一目瞭然!行きたい場所と日時の航空券を比較して、お得に旅行しよう!

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

関連記事