馬籠宿か妻籠宿はどっちがいい?長野県「妻籠宿」はのどかな雰囲気あふれる自然体の古民家街だった

 

またしても長野県の山奥に美しい古民家街が!!!!!

馬籠宿か妻籠宿はどっちがいい?長野県「妻籠宿」はのどかな雰囲気あふれる自然体の古民家街だった

・ぼくの「日本海沿いを北上する旅」+「太平洋沿いを南下する旅」=日本一周の旅
・中国雲南省麗江の圧倒的な古民家の絶景に圧倒された
・日本にもあまりに美しい古民家街「奈良井宿」「馬籠宿」が山の中の隠されていた
・長野県「妻籠宿」は本来の山村の雰囲気が感じられるのどかな古民家街だった
・馬籠宿と妻籠宿だったらどっちがいいの?

・ぼくの「日本海沿いを北上する旅」+「太平洋沿いを南下する旅」=日本一周の旅

こんにちは!世界一周+日本一周の旅を続けている水色です。

ぼくは今までの人生で日本海沿いの地域をほとんど旅したことがなかったので、新型コロナウイルス感染拡大の影響で外国にも行けず旅人としてはこのまま日本を深めるしかないという絶好の機会に、日本海沿いを北上する車中泊の旅を決行した!

岡山県、広島県、山口県、佐賀県、長崎県、福岡県、大分県、熊本県、島根県、鳥取県、兵庫県、京都府、福井県、石川県、富山県、新潟県、山形県、秋田県、青森県、フェリーに車ごと乗り込んで北海道函館まで渡り、そのまま北海道の最北の離島、礼文島の澄海岬を「日本海沿いを北上する旅」の最終目的地とした。

そのまま北海道をぐるっと一周し、再びフェリーに乗って青森県へ!青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、長野県、岐阜県、山梨県、静岡県と「太平洋沿いを南下する旅」を完遂した。

結果的にぼくは7月〜11月までの間ほぼ4ヶ月かけて「日本海沿いを北上する旅」「太平洋沿いを南下する旅」日本一周の旅を達成したことになる。この旅ブログ「ミズイロノタビ」では、あまりに感動的で素晴らしすぎた日本一周の旅の一部始終を公開しようと思う。

 

 

・中国雲南省麗江の圧倒的な古民家の絶景に圧倒された

中国大陸横断の旅の途中、ぼくはずっと憧れていた中国雲南省の麗江を訪れた。ずっと憧れていた理由は自分でも全くよくわからないが、直感的になぜだかとにかく麗江にやたらと心を惹かれ、長年の間ずっと訪れたいと願っていたのだ。しかし中国の雲南省なんて中心じゃない辺鄙なところにあるし、飛行機代も高いし、時間もかかりそうだし、どんなところかわからなくてちょっと怖いしと思いながら、憧れていた割にずっと訪問できずにいたぼくの心の中の桃源郷だった。

世界一周の旅の過程でタイ、カンボジア 、ベトナム、ラオスと東南アジアをぐるりと一周し、なんとラオスから陸続きでそのまま憧れの中国雲南省に行けるということで、ぼくはついにずっと行きたいと心から願っていた麗江に行くことになったのだった。

あまりにずっと憧れすぎて、麗江が思い描いていたのと全く異なるショボショボの観光地だったらどうしようと若干不安に思っていたが、そんな心配も杞憂に終わり、麗江は心の中で思い描いていたよりも何十倍も何百倍も風情のある美しい理想郷だった。特に昔ながらも木造の古民家が延々と立ち並ぶ風景は圧巻で本当に美しく、ぼくは中国という国のイメージを根本から覆された。中国といえば大都会とかくだらない情緒のない街並みばかりしかないと勝手に思い込んでいたのだ。しかしそれは大きな間違いで中国大陸を横断していると、中国は日本よりもはるかに伝統的なスタイルの古民家を残しており、古民家だらけの風情ある街並みは圧倒的に中国の方が多かった。

フォトジェニックな古民家街!憧れの中国雲南省・麗江古城は言葉にできないほど素敵な街だった

麗江古城で食べるならここ!地元民から教えてもらったオススメ雲南料理レストラン2店を紹介

もうひとつのシルクロード!麗江束河古鎮で「茶馬古道」の悠久の歴史を感じる

物欲が爆発する!中国雲南省麗江でぼくが買った素敵すぎるお土産5つ

麗江はフルーツ天国!目の前で切ってくれる中国雲南省麗江の格安果物屋さんでの量り売り購入方法を徹底解説

ナシ族の生きた象形文字!中国雲南省麗江でトンパ文字のハンコ(印鑑)を作った

麗江での滞在がもっと素敵に!麗江古城内の古民家ホテル「安隠私人庭院」が風流すぎた

中国雲南省麗江の束河古鎮に泊まろう!茶馬古道を感じる洗練されたおすすめホテルWuer Innで癒された

中国雲南省はお茶の都!お酒ではなく中国茶を通して人と人が縁を結ぶことの麗しさ

ミャオ族最大の村!西江千戸苗寨で古民家の絶景と世界で最も美しい壮麗な風雨橋を眺める

仁、義、礼、智、信!貴州省トン族の肇興村(肇興侗寨)で珍しい5つの鼓楼を巡ってみた

中国最大の風雨橋!トン族・程陽村のまるでお城みたいな中国の木造橋が壮麗すぎた

ぼくは圧倒的に美しい麗江の街並みを歩きながら、日本にはこんな古民家だらけの街並みはない、なんと残念なことだろうと今度は祖国に落胆してしまったのだった。きっと日本はアジアの中で最も早く近代化していく過程において、素敵で素晴らしい伝統的なスタイルの古民家街を次々と潰してしまい、もう跡形もなくなっているに違いない。

 

・日本にもあまりに美しい古民家街「奈良井宿」「馬籠宿」が山の中の隠されていた

しかしそんな「日本には古民家の伝統的な美しい街並みがない」という思い込みさえ間違いだったということを、ぼくは今回の「太平洋沿いを南下する旅」で知ることができた。旅というものはいつでも自分の無知を明らかにする薬となる。

ぼくが「太平洋沿いを南下する旅」の途中で見つけた見事な古民家街は、なんと長野県の山奥にあった。長野県のことなんて全然知らなかったので全く知識もなかったが、長野県には江戸幕府によって伝馬制度が設けられた「中山道六十七宿」の一部があり、長野県の山奥にはいくつものあまりに美しい古民家街を歩くことができて本当に感動したし、幸せな気分だった。

日本の伝統的な古民家の絶景!長野県の中山道・奈良井宿のレトロな風景に心が震えた

その中でもぼくが最初に訪れた古民家街は「奈良井宿」であり、日本にもこんなに素晴らしい風景が隠されていたなんて知らなかったと、祖国の美しさを再認識させられた。しかし長野県の南部にはかつての中山道の宿場町がいくつも点在しており、ぼくの日本の美しき古民家街発見の旅は、奈良井宿だけでは終わらなかった!

次に訪れた長野県の美しい古民家街は岐阜県「馬籠宿(まごめじゅく)」だった。奈良井宿が比較的平面的な街並みだったのに対して、馬籠宿は山間の険しい斜面にへばりくように建てられた迫力ある古民家街だった。のどかな山の中の坂道を、両側に広がる古民家街を眺めながら登っているとその情緒ある風景に心奪われてしまうのだった。

 

・長野県「妻籠宿」は本来の山村の雰囲気が感じられるのどかな古民家街だった

 

奈良井宿、馬籠宿と来て、ぼくが最後に訪れた美しい山間の古民家街は長野県「妻籠宿(つまごじゅく)」だった。地理的には妻籠宿は馬籠宿に近く、車があれば20分ほどで行き来が可能なので、観光する場合には両方訪れることもできるだろう。

 

 

妻籠宿はとにかく広いという印象だった。風情ある観光地という一面だけではなく、ちょっと散策してみれば地元の人が暮らしているような生活感のあるエリアも眺めることができ、中心から離れると人のいないのどかな雰囲気が漂っていて心地よくお散歩することができた。

 

奈良井宿も馬籠宿も妻籠宿も、やはり人が多く行き交う観光地という側面が強かったが、その中でも昔ながらの山の中ののどかな町という本来の雰囲気を残し続けているのはこの妻籠宿ではないかと感じられた。

 

 

・馬籠宿と妻籠宿だったらどっちがいいの?

近くにある馬籠宿と妻籠宿は、どちらも風情ある美しい古民家街だが、時間がなくてどちらか一方しか行けないという場合もあるかもしれない。そのような場合には、一体どちらに行った方がいいのか迷うこともあるだろう。

ぼくの意見としては、写真撮影をしていて美しい写真が撮れるし、撮っていて面白いと感じたのは馬籠宿の方だった。その理由は、馬籠宿の古民家群が険しい山の斜面に建てられているからだ。古民家街を、坂道の上から撮ったり下から撮ったりすると立体感が出て、写真が綺麗に写るし他にはない迫力が出ると感じた。

しかし一方で馬籠宿は坂道ばかりなので、観光が疲れるというデメリットがあるだろう。もちろん若くて健やかな人ならば全く問題はないが、足の悪いおじいちゃんやおばあちゃんと一緒に行くのなら馬籠宿は都合が悪いかもしれない。それに比べて妻籠宿はほぼ平坦な地形だったので、観光していても歩き疲れるということはほとんどないだろう。そしてもちろん地形の平坦な妻籠宿でも、工夫すればいくらでも美しい写真を撮ることは可能だ。

それぞれのメリットやデメリットを吟味した上で、どちらの古民家街を選んでもあまりに美しい風景なので決して後悔することはないだろう。

 

 

・オンラインで国内旅行ツアーをチェックしよう!

 

・長野県の宿をオンライン検索してみる!

国内旅行はじゃらんや楽天トラベル、Yahoo!トラベルが使いやすくておすすめ!長野県を旅したくなったらまずは素敵な宿を予約しよう!

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

関連記事