アトスの日本人修道士と海の巡礼!海に突き出たStavronikita修道院までIviron修道院から歩いてみた

 

アトス最後の巡礼に出発だ!!!!!

アトスの日本人修道士と海の巡礼!海に突き出たStavronikita修道院までIviron修道院から歩いてみた

・女人禁制のギリシャ正教の聖地アトスへの憧れ
・日本人修道士Tさんとの出会い
・アトス最後の巡礼!Iviron修道院からStavronikita修道院まで歩いて向かった
・Iviron修道院からStavronikita修道院までの道のりは迫力ある海の巡礼路だった

・女人禁制のギリシャ正教の聖地アトスへの憧れ

2017年に偶然「孤高の祈り ギリシャ正教の聖山アトス」という写真集を見かけて衝撃を受けた。ギリシャ正教の辺境の聖地アトスでは何と1406年から今に至るまで女人禁制が貫かれており、一般的な世界とは隔絶された宗教世界の中で黒ずくめの衣装を纏った僧侶たちが自給自足の生活を営みながら祈りに専念しているのだそうだ。神秘的で美しく荘厳なアトスの写真の数々を目にしたぼくは、せっかく男性の肉体を持ちながらこの世に生まれ着いたことだし、世界一周の旅の中で絶対のギリシャのこのアトスへと立ち寄ろうと直感的に心に決めた。

 

・日本人修道士Tさんとの出会い

ぼくが1泊した翌日、Iviron修道院で暮らしている日本人修道士のTさんに空き時間があるということで、ありがたいことに修道院周辺を案内してもらった。Tさんとお話することでこれまで謎だったアトスの数々の疑問や謎が霧の晴れるように明らかになり、また実際にここで生活を営んでいるTさんに案内されることで、ただの旅行者がひとりで見て回るだけでは到底わからないような修道院のリアルで豊かな暮らしをつぶさに垣間見ることができた。

ギリシャ正教の教会の構造が表現する天国とは?Iviron修道院の日本人修道士にアトスの謎を解き明かしてもらった

葡萄や林檎に蜂蜜やお茶も!ギリシャ正教最大の聖地アトスの修道院では自給自足の豊かな生活が営まれていた

 

 

・アトス最後の巡礼!Iviron修道院からStavronikita修道院まで歩いて向かった

美しいIviron修道院周辺の散策が終わった後は、隣のStavronikita修道院まで歩いて行ってみようということになった。Stavronikita修道院は海に突き出たフォトジェニックな絶景修道院だ。アトスの東海岸沿いにはPantokratoros修道院、Stavronikita修道院、Iviron修道院がこの順番に並んでおり、特に海に突き出た場所に建てられているStavronikita修道院は、Pantokratoros修道院からもIviron修道院からもよく見えて目立っていた。

断崖絶壁に建てられた海の修道院!Pantokratorosでアトスに7年間住んでいるおじさんに出会った

個室同然?!アトスIviron修道院のゲストハウスが素敵なホテルのようだった

ぼくはこのブログにも書き綴った通りこのアトス巡礼の旅の中でPantokratoros修道院にもIviron修道院にも宿泊させてもらったが、その両方の修道院から見えるStavronikita修道院の風景がとても美しく、ぜひあの場所へ行ってみたいと憧れを抱いていた。Tさんの計らいで本来ならば3泊4日のはずだったぼくのアトス巡礼の旅を4泊5日に延長することができたので、延長された1日間を有意義に使ってStavronikita修道院まで歩いて巡礼ができるなんてとても幸運だ。

最終日はバスで首都カリエス、そして港町ダフニへ行く予定なので、おそらくこれがぼくにとってアトス最後の徒歩の巡礼になるだろう。ミニバスをなるべく使わず歩いて巡礼するように意識していたぼくのアトス巡礼の旅が、あの美しいStavronikita修道院を訪れることで締め括れるというのならこれほど相応しいことはない。しかもありがたいことにTさんも一緒に巡礼してくれるというので道に迷う心配もなく安心だ。

往復20km日帰り巡礼の旅!アトスZografou修道院から向かったVatopedi修道院の教会内部に圧倒された

グーグルマップも通用しない!アトスの首都カリエスからPantokratoros修道院までの美しい石畳の道は熊野古道のようだった

Pantokratoros修道院は朝食あり!予約なしで宿泊できる修道院を訪ね歩くアトス巡礼の旅3日目を開始した

そうしてStavronikita修道院へ歩き出したぼくたちだったが、Stavronikita修道院自体も去ることながらIviron修道院からStavronikita修道院へ向かうまでの道のりも非常に印象深く、記憶に残る旅路となった。

 

 

・Iviron修道院からStavronikita修道院までの道のりは迫力ある海の巡礼路だった

ぼくはただひたすらTさんが導いてくれるままに後から付いていった。ぼくたちはグーグルマップにはない道を歩いているようだった。グーグルマップに載っているのは大きな車道だけだが、その車道よりももっと海岸寄りに、昔ながらの獣道のような巡礼路があった。車道がまだ作られる前の古代の修道士や巡礼者は、この獣道を通ってIviron修道院とStavronikita修道院を行き来していたのだろう。

 

その巡礼路は急に砂浜の上を歩いたり、崖のような岩をよじ登ったり、一歩間違えば真っ逆さまに海へ落ちてしまいそうな断崖絶壁の狭路を進んだりして、とにかく険しくそして迫力のある道のりだった。しかし道は険しければ険しいほど、厳しければ厳しいほど思い出深い。激しい風が吹き寄せる真っ青なアトスの海の絶景を眺めながら、ぼくたちは約1時間の巡礼を肉体に刻み込んだ。この日は天気もよく、昨日の曇天の名残りでアトス山はまだ山頂辺りが隠れて見えないが、心地よい気分でアトスの大自然を体感した。

 

 

 

・アトス巡礼の旅のその他の記事はこちら!

女人禁制を貫く!謎に満ちたギリシャ正教の聖地・アトスを目指して旅を始めた

女人禁制ギリシャ正教の聖地!アトスの入山許可証を予約する方法を実体験を元に徹底解説する

宿泊できる修道院リストをゲット!ギリシャ第二の都市テッサロニキの巡礼者事務所でアトスについて質問しまくった

ギリシャの市バスに乗ろう!テッサロニキからアトスの経由地ウラノポリまでの行き方を徹底解説

ギリシャ正教の聖地アトスへの玄関口!ウラノポリの巡礼者事務所で入山許可証をゲットした

アトスで宿泊可能な修道院リストはこれだ!宿泊予約が取れないままでぼくはアトス巡礼の旅を開始した

アトスへの玄関口!ウラノポリはギリシャ正教のイコンに彩られた美しい港町だった

純度100%男だけの船でアトスへ出発!ウラノポリ発のフェリーから見るギリシャ正教最大の聖地の光景に心が震えた

ギリシャコーヒーとウゾーとルクミのおもてなし!アトスZografou修道院の部屋はドミトリーホテルのように快適だった

肉体と精神と巡礼の関係とは?Zografou修道院からVatopedi修道院までアトス半島の巡礼を開始した

往復20km日帰り巡礼の旅!アトスZografou修道院から向かったVatopedi修道院の教会内部に圧倒された

異教徒が受ける様々な区別!Zografou修道院ではギリシャ正教徒でない者は食事も祈りも仲間外れにされた

アトスの修道院は朝食なし?!Zografou修道院からフェリーで最大の港町ダフニまで移動した

アトスの首都を目指せ!ダフニからカリエスまでのミニバスは、我先にと乗る図々しさが求められた

グーグルマップも通用しない!アトスの首都カリエスからPantokratoros修道院までの美しい石畳の道は熊野古道のようだった

断崖絶壁に建てられた海の修道院!Pantokratorosでアトスに7年間住んでいるおじさんに出会った

アトスに日本人修道士がいる?!Iviron修道院は予約なしでも宿泊させてくれた

個室同然?!アトスIviron修道院のゲストハウスが素敵なホテルのようだった

ギリシャ正教の教会の構造が表現する天国とは?Iviron修道院の日本人修道士にアトスの謎を解き明かしてもらった

葡萄や林檎に蜂蜜やお茶も!ギリシャ正教最大の聖地アトスの修道院では自給自足の豊かな生活が営まれていた

傷から血が流れ出す奇跡のイコン!「イヴィロンの生神女」をアトスIviron修道院で実際に鑑賞した

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

関連記事