治安良好だが遅延はある!アテネからカランバカまでの電車移動は遅延しても無事に乗り換え可能だった

(この記事には広告が含まれる場合があります)

 

ギリシャの電車が遅延したら乗り換えはどうなっちゃうの?????

治安良好だが遅延はある!アテネからカランバカまでの電車移動は遅延しても無事に乗り換え可能だった

・充実したアテネ観光の日々
・アテネから世界遺産メテオラのあるカランバカまで電車移動しよう
・アテネからPaleofarsalosを経由してカランバカへ行く電車の時刻と値段
・アテネ駅発Paleofarsalos駅着の電車は時刻通りに出発
・電車が遅延したらPaleofarsalos駅できちんと乗り継ぐことができるのか?
・まさかの時刻通りにカランバカ駅へ到着した

・充実したアテネ観光の日々

タイ、マレーシア、シンガポールとマレー半島を南下する旅を終えたぼくは、シンガポールからついにギリシャの首都アテネへと移動した。アテネでは共通チケットを購入しアクロポリスを含む遺跡群を巡ったり、アテネ国立考古学博物館を回ったり、安くて美味しいシーフードレストランに連日通ったりして充実した日々を送っていた。

1日で共通チケットの遺跡いくつ回れる?アテネのアクロポリス遺跡観光で体力の限界に挑戦した

見所を徹底解説!アテネ国立考古学博物館で古代ギリシャと日本の不思議な共通点を見出した

アテネの安くて美味しいおすすめシーフードレストラン!Altantikosに連日通い続けた

 

・アテネから世界遺産メテオラのあるカランバカまで電車移動しよう

アテネ観光も終わり、次なる目的地は首都アテネとギリシャ第2の都市テッサロニキのちょうど中間に位置している世界遺産のメテオラだ。メテオラとは奇岩の上に立ち並んでいるギリシャ正教の修道院の総称のことを言い、ギリシア語で「中空の」を意味する「メテオロス」という言葉に由来しているという。ややこしいが地名としてはメテオラではなく、カランバカという場所を目指すことになる。

ギリシャではあまり長距離バスが発達していないようで、アテネからカランバカへの主要な移動方法は電車ということになる。しかも直行便は早朝8時20分発の1便しかなく、その他の電車はPaleofarsalosという駅で乗り換えが必要だというのだった。しかも聞くところによるとギリシャの電車はよく遅延するらしい。きちんと乗り換えができるか不安だしPaleofarsalosという聞いたこともない駅で立ち往生してしまっては不安が募るので、早起きしてでもなるべくならば直行便に乗りたいということで、移動の前日にアテネ駅(地下鉄ではLarissa Station)へ行き電車のチケットを予約しようと試みた。

 

 

・アテネからPaleofarsalosを経由してカランバカへ行く電車の時刻と値段

しかし前日の時点でカランバカ行きの直行便は満席!仕方がないのでPaleofarsalos経由の電車を予約するしかなかった。値段は合計で25.9ユーロ。最初の電車は13:22アテネ発、15:50Paleofarsalos着、乗り換え便は16:05Paleofarsalos発、17:03カランバカ着という約4時間に及ぶ電車の長旅になるようだった。しかも乗り継ぎの時間が15分ほどとあまりないようだけれど本当に電車が遅延してしまったらどうするのだろう、Paleofarsalosに置き去りにされてしまうのだろかという不安を拭い去ることができずに、しかしこうなったらもう行ってみるしかないという精神の元、カランバカに旅立つことになった。最初の電車は指定席だったが、Paleofarsalosからカランバカまでの電車は自由席だった。

 

・アテネ駅発Paleofarsalos駅着の電車は時刻通りに出発

 

翌日に間に合うようにアテネ駅へ到着。アテネ駅は日本で言えば東京駅のようなものだと思っていたが、どうもそんな風には思えないほど小さくて質素な駅だった。ギリシャは鉄道に関してもあまり発達していないのだろうか。

 

 

電子掲示板を見て13:22アテネ発の電車を見つけたが、何番線か書いていないので駅員さんに聞いて自分のプラットフォームで電車を待つ。

 

最初の電車は時間通りに発車した。このまま時間通りにスムーズに移動できるのだろうか。電車はちょっと古そうに見えたが特に快適ではないというほどでもなく、普通という印象。内部にトイレもあったのでいざという時も安心だ。電車内の治安も特に悪いということはなく、本当に普通の穏やかな列車の旅だった。

 

・電車が遅延したらPaleofarsalos駅できちんと乗り継ぐことができるのか?

しかしやっぱり電車は遅延し15:50にPaleofarsalosに着くところを、16:05くらいに着いてしまった!ギリシャの電車が遅延しがちだという噂は本当だったのだと、身をもって実感した。16;05と言えば次に出るPaleofarsalos発の列車が出てしまう時刻だ!急がなきゃと焦るかと思いきや、他の乗客もみんなPaleofarsalosからカランバカへ行く人々ばかりだったらしく、またPaleofarsalos駅はアテネからカランバカへ行く乗客の乗り換えには慣れているようで、全員がきちんと乗り換えしてから少し遅延してPaleofarsalosを出発してくれた。つまりPaleofarsalos発カランバカ着の電車は、アテネからPaleofarsalosへ来て乗り換える乗客たちをきちんと待ってから発車される仕組みになっているらしく、安心して乗り継ぐことができた。

 

 

・まさかの時刻通りにカランバカ駅へ到着した

 

2番目の列車も、特に治安が悪いと感じることはなく穏やかな列車の旅を楽しむことができた。もう乗り換えや遅延の心配をする必要がないので、この2番目の列車の方が心から楽しめたかもしれない。結局カランバカには17:03と、何と時刻通りに到着してしまった!最初の遅延しないでほしいと願っていた方の電車はやや遅れたのに、別に遅れてもいい方の2番目の電車がきちんと時刻通りに着いたので、何となく釈然としない気持ちだった。

 

何はともあれPaleofarsalos駅に取り残されることもなく、無事にアテネからカランバカに電車移動することができたので安心できた1日だった。カランバカ駅を降りたら目の前に立ちはだかる奇岩の絶景が!駅から宿まで歩いただけで、メテオラへの期待を抑えることができなかった。

 

 

・ギリシャ一周の旅の記事一覧はこちら!

ついにギリシャに到着!夜の闇の中に浮かび上がるアテネの遺跡が神秘的だった

ギリシャのタコ料理!アテネ中央市場のレストランで新鮮なシーフードを満喫した

1日で共通チケットの遺跡いくつ回れる?アテネのアクロポリス遺跡観光で体力の限界に挑戦した

見所を徹底解説!アテネ国立考古学博物館で古代ギリシャと日本の不思議な共通点を見出した

男根が勃起するギリシャ神話の神「パーン」はなぜアフロディテにサンダルを投げつけられそうになっているのか

アテネの安くて美味しいおすすめシーフードレストラン!Altantikosに連日通い続けた

ギリシャは猫だらけ!安くて美味しいテッサロニキのシーフードレストランNaftiliakiで気づくと猫に囲まれていた

女人禁制を貫く!謎に満ちたギリシャ正教の聖地・アトスを目指して旅を始めた【アトス巡礼記ブログ1】

女人禁制ギリシャ正教の聖地!アトスの入山許可証を予約する方法を実体験を元に徹底解説【アトス巡礼記ブログ2】

宿泊できる修道院リストをゲット!ギリシャ第二の都市テッサロニキの巡礼者事務所でアトスについて質問しまくった【アトス巡礼記ブログ3】

ギリシャの市バスに乗ろう!テッサロニキからアトスの経由地ウラノポリまでの行き方を徹底解説【アトス巡礼記ブログ4】

ギリシャ正教の聖地アトスへの玄関口!ウラノポリの巡礼者事務所で入山許可証をゲットした【アトス巡礼記ブログ5】

アトスで宿泊可能な修道院リストはこれだ!宿泊予約が取れないままでぼくはアトス巡礼の旅を開始した【アトス巡礼記ブログ6】

アトスへの玄関口!ウラノポリはギリシャ正教のイコンに彩られた美しい港町だった【アトス巡礼記ブログ7】

フェリーに乗るために必要な4つのアイテムとは?純度100%男だけの船でついにアトスへ出航した【アトス巡礼記ブログ8】

ギリシャコーヒーとウゾーとルクミのおもてなし!アトスZografou修道院の部屋はドミトリーホテルのように快適だった【アトス巡礼記ブログ9】

肉体と精神と巡礼の関係とは?Zografou修道院からVatopedi修道院までアトス半島の巡礼を開始した【アトス巡礼記ブログ10】

往復20km日帰り巡礼の旅!アトスZografou修道院から向かったVatopedi修道院の教会内部に圧倒された【アトス巡礼記ブログ11】

異教徒が受ける様々な区別!Zografou修道院ではギリシャ正教徒でない者は食事も祈りも仲間外れにされた【アトス巡礼記ブログ12】

アトスの修道院は朝食なし?!Zografou修道院からフェリーで最大の港町ダフニまで移動した【アトス巡礼記ブログ13】

アトスの首都を目指せ!ダフニからカリエスまでのミニバスは、我先にと乗る図々しさが求められた【アトス巡礼記ブログ14】

アトスの首都カリエスからPantokratoros修道院までの美しい石畳の道は熊野古道のようだった【アトス巡礼記ブログ15】

断崖絶壁に建てられた海の修道院!Pantokratorosでアトスに7年間住んでいるおじさんに出会った【アトス巡礼記ブログ16】

Pantokratoros修道院は朝食あり!予約なしで宿泊できる修道院を訪ね歩くアトス巡礼の旅3日目を開始した【アトス巡礼記ブログ17】

アトスに日本人修道士がいる?!イヴィロン修道院は予約なしでも宿泊させてくれた【アトス巡礼記ブログ18】

個室同然?!アトス・イヴィロン修道院のゲストハウスが素敵なホテルのようだった【アトス巡礼記ブログ19】

イヴィロン修道院でついに日本人修道士と遭遇!アトスの礼拝は人間の五感をフル活用させた肉体的な祈りだった【アトス巡礼記ブログ20】

ギリシャ正教の教会の構造が表現する天国とは?イヴィロン修道院の日本人修道士にアトスの謎を解き明かしてもらった【アトス巡礼記ブログ21】

葡萄や林檎に蜂蜜やお茶も!ギリシャ正教最大の聖地アトスの修道院では自給自足の豊かな生活が営まれていた【アトス巡礼記ブログ22】

傷から血が流れ出す奇跡のイコン!「イヴィロンの生神女」の実物をアトス・イヴィロン修道院で鑑賞した【アトス巡礼記ブログ23】

アトスの日本人修道士と海の巡礼!海に突き出たStavronikita修道院までイヴィロン修道院から歩いてみた【アトス巡礼記ブログ24】

アトス最小の修道院!水道橋が美しいStavronikita修道院は「牡蠣の聖ニコラス」の物語が興味深かった【アトス巡礼記ブログ25】

自然豊かな山道!アトスStavronikita修道院からPantokratoros修道院まで巡礼した【アトス巡礼記ブログ26】

Pantokratoros修道院から「Stavronikita+アトス山」の絶景を眺めて、ぼくのアトス巡礼は終わった【アトス巡礼記ブログ27】

巨大な鯛と海老だらけ!イヴィロン修道院の最後の晩餐が思いがけないほど豪華すぎた【アトス巡礼記ブログ28】

パンに刻まれた「XI」の意味とは?ギリシャ正教の聖地アトスでパン=キリストの肉体だと生々しく実感した【アトス巡礼記ブログ29】

アトスとの別れ!ダフニ発ウラノポリ着のスピードボートに無料で乗れるという奇跡が起こった【アトス巡礼記ブログ30】

ギリシャ人とドライブ!テッサロニキの海沿いのレストランで絶品のシーフードパスタをいただいた【アトス巡礼記ラスト】

ギリシャ正教最大の聖地アトスへの行き方・アクセス方法を実際の旅の経験を元に徹底解説

ギリシャ正教最大の聖地!アトスで写真撮影が禁止されているというのは本当か?

基本は3泊4日!ギリシャ正教の聖地アトスで滞在期間を延長する3つの方法を徹底解説

入山許可証は30ユーロ!ギリシャ正教の聖地アトスの冒険にはどれくらいお金がかかるのか?

宿泊費も食事代も無料!ギリシャ正教の聖地アトスの修道院での滞在は思ったよりも快適だった

au PAYカードの不正利用被害に!その驚きの金額とは?クレジットカード情報はダイレクトフェリーから漏洩したとぼくが考える理由

顔と男根だけ!不思議な境界神ヘルマ像をギリシャ・トルコの考古学博物館で見まくった

日本の道祖神とギリシャヘルマの共通点!なぜ男根は世界中で「境界の神」として崇められているのか徹底考察してみた

ギリシャは男根の国!ギリシャ全土のお土産屋さんではカラフルな男根グッズが堂々と売られていた

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

関連記事