美しすぎるミャオ族の孔雀の銀細工を購入!中国貴州省・西江千戸苗寨で銀細工を買う際の注意点とコツ

 

せっかくだからミャオ族の銀細工を買おう!

美しすぎるミャオ族の孔雀の銀細工を購入!中国貴州省・西江千戸苗寨で銀細工を買う際の注意点とコツ

・ミャオ族最大の村、西江千戸苗寨で民族衣装を楽しむ
・西江千戸苗寨には銀細工屋さんがいっぱい!
・西江千戸苗寨内の銀細工店をほぼすべて回った
・「ミャオ銀」と「純銀」は違うから要注意!
・中国の銀細工屋さんで値段交渉してみた

・ミャオ族最大の村、西江千戸苗寨で民族衣装を楽しむ

中国の少数民族ミャオ族が住む最大の村である、貴州省の西江千戸苗寨を訪れた。

意外と快適!雲南省から貴州省まで中国初の夜行列車(硬臥)に乗ってみた

ミャオ族最大の村へ!凱里鉄道駅から西江千戸苗寨までは乗合タクシーで移動した

ミャオ族はその上品な花柄の民族衣装と、自然と神々しささえ感じさせる迫力ある銀細工の装飾が特徴的だった。ミャオ族は古代より銀細工が盛んであり、その美しい銀装飾がミャオ族を特徴づけているという。

花柄にド派手な銀装飾!中国貴州省・西江千戸苗寨で見たミャオ族の伝統衣装が美しすぎた

 

・西江千戸苗寨には銀細工屋さんがいっぱい!

西江千戸苗寨の村を歩いていても、銀細工屋さんが特に多いのが印象的だった。銀細工は中国語では「銀匠」と呼ぶらしい。銀にはまったく興味のなかったぼくも、銀細工を誇り高くまとうミャオ族の人々を見てなんだか興味がわいてきた。ぜひ伝統あるミャオ族の銀細工屋さんで、銀の装飾を買ってみたい。

ミャオ族の銀細工にもいろいろとあったが、だいたいどこのお店も同じようなものを売っている。ぼくはその中でも孔雀の銀細工に目をつけ、西江千戸苗寨の中で安く買える銀細工屋さんで孔雀の銀細工を購入しようと計画し、西江千戸苗寨内のありとあらゆる銀細工店を回り始めた。

 

 

・西江千戸苗寨内の銀細工店をほぼすべて回った

同じ孔雀の銀細工と言っても、その値段は店によって全然違うことに気がつかされる。同じ大きさでも、同じような孔雀でも、値段が全然違うので購入する際には最初の店でいきなり買ってしまわないように要注意だ。値札がついていない分、値段は本来のものか怪しいし、どれだけ値下げしてくれるかも重要となる。

西江千戸苗寨内のほぼすべての銀細工店を巡ったところ、小さいサイズの孔雀の銀細工はチェーンなしのペンダントトップだけで、だいたい180〜500元と言われた。チェーンをつければさらに高額になる割に、チェーンのデザインはイマイチなものが多かったので、ぼくはトップだけ買うことにした。チェーンも銀でできているのでそれなりの値段がするのだ。

180元と安価な値段を最初から提示してくれたお店は、メイン通りにある店ではなく、入り組んだ路地に密やかに佇んでいるお店だったり、中心からかなり離れているようなお店だった。とにかく、中心の銀細工店の方が高い値段を提示された印象だ。

 

 

・「ミャオ銀」と「純銀」は違うから要注意!

銀細工店を巡っていて不思議だったことは、街中にちゃんとした店を構えているような銀細工店よりも、川沿いの露店で売られている店での孔雀の銀細工の方が格段に値段が安かったことだ。露店では最初から孔雀の銀細工が60元だとか言われ、明らかにちゃんとしたお店よりも安かった。同じ孔雀の銀細工で、同じような大きさなのに、なぜこれほど値段が違うのだろうか。

中国語で頑張って聞いてみると、露店で売られている孔雀の銀細工は「ミャオ銀」であるという。漢字では「苗銀」。それとは違い、ちゃんとしたお店で売られているのは「純銀」であるという。

「ミャオ銀」は銀が30%しか含まれていないのに対して、「純銀」は99%銀であるので、「純銀」の孔雀の銀細工の方が高いという仕組みらしかった。こんなのいきなり観光にやってきた日本人にはわかりにくい違いだ。ぼくはせっかくなので「純銀」の方を買おうと思い立った。

 

 

・中国の銀細工屋さんで値段交渉してみた

結局、値段はかなり違っても同じような大きさ、デザインなので、一番安い180元を最初に提示してくれたお店で買うことにした。西江千戸苗寨の入口付近の銀細工屋さんでは最初から小サイズの孔雀の銀細工を180元だと言ってくれた。しかしこの値段で買うわけにはいかない。ここは中国なので値下げ交渉しなければ。

中国語では「高いなぁ!」を「太貴了!(タイグイラ!)」、「ちょっと安くしてくれない?」を「便宜一点(ピャオイーディエン)」という。これはめちゃくちゃ使う中国語なので覚えておいて損はない。

銀細工店のおばちゃんは、最後に160元でどう?と言ってくれたが、ぼく最後の最後に150元で!と言うと、150元にしてくれた。この店に限らず、中国のお店では意外と、こちらの提示する金額で買わせてくれる印象だ。これは東南アジアとの大きな違いだと思った。中国の方がお金にきっちりしてそうなイメージだったが、ぼくが最後に提示した金額で「仕方ないなぁ!」という感じで買わせてくれた店がほとんどだった。中国ではダメ元でも悪いと思わずに、安い値段を提示してみるとうまくいくかもしれない。

こんな感じで西江千戸苗寨では上手に買い物することができて満足だった。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

関連記事