西洋風の世界遺産!中国廈門から鼓浪嶼(コロンス島)へフェリーで日帰り小旅行に行ってきた

 

廈門の海鮮料理はマジで美味しい!!!!!

西洋風の世界遺産!中国廈門から鼓浪嶼(コロンス島)へフェリーで日帰り小旅行に行ってきた

・遂に中国の最終目的地・福建省廈門へ到着
・貴州省の中国人青年との鼓浪嶼(コロンス島)への小旅行
・鼓浪嶼(コロンス島)は西洋風の世界遺産
・鼓浪嶼(コロンス島)で日本人の口に合う美味しい海鮮料理を食べまくり!
・海に向かって祀られた中国の神様

・遂に中国の最終目的地・福建省廈門へ到着

東南アジア周遊を経て中国の雲南省へと陸離で入国し、そこから中国南部を南へと渡り、貴州省、桂林と旅して、遂に中国の最終目的地、福建省の廈門を訪れた。

廈門は日本語でアモイと読むが、普通「門」をモイとは読まないので、アモイは中国語の発音なのかと思っていたが、中国語では廈門を「シャーメン」と呼んでいた。とすれば一体、アモイとは何語の発音なのだろうか。

created by Rinker
Restock
¥1,762 (2020/11/26 07:59:23時点 Amazon調べ-詳細)

日本人にとって、福建省と言えばサントリー烏龍茶のイメージくらいしかないのではないか。ぼくもそうだった。しかし実際に福建省廈門に来てみると、一度も烏龍茶を見ることはなかった。

 

・貴州省の中国人青年との鼓浪嶼(コロンス島)への小旅行

そんな福建省廈門で、ぼくはひとりの中国人青年と仲良くなった。彼は貴州省出身でアナウンサーをしているらしく、1年に4日しか休暇がバケーションが取れないが、その4日間で廈門に旅行に来たのだと語っていた。ぼくと彼は宿のドミトリーの部屋で一緒になり、彼は英語を話したの打ち解けて仲良くなった。

出会った日は一緒に夜ご飯を食べた。廈門は美味しいシーフードであふれた街なので日本人は食事に関して大満足するだろう。夜ご飯を食べながら、明日は廈門の離島、鼓浪嶼(コロンス島)を一緒に訪れようと決めた。鼓浪嶼(コロンス島)は廈門からフェリーで30分ほどでたどり着く近い島なので廈門からの日帰り旅行が可能だ。

 

 

・鼓浪嶼(コロンス島)は西洋風の世界遺産

 

中国はどこに行っても人でいっぱいだが、鼓浪嶼(コロンス島)行きのフェリーの中も座れないほどいっぱいだった。仕方なく立ちながら、船の中で演奏されるピアノの音と遠ざかって行く廈門の都会の景色に癒されていた。

 

鼓浪嶼(コロンス島)は小さくて静かな島だった。今調べるとなんと世界遺産だったらしい!まじか知らなかった!確かに西洋的な建築と中国の文化が入り混じった特徴的な島だった。マカオなどもそうだが、中国で西洋っぽい建物を見るとなんだか信じられないような不思議な感じがしてしまう。

 

 

・鼓浪嶼(コロンス島)で日本人の口に合う美味しい海鮮料理を食べまくり!

鼓浪嶼(コロンス島)は廈門と同様に、食べ物がめちゃくちゃ美味しかった!やっぱり日本人は海鮮料理がないと生きて行けないんだなー!そういえばヨーロッパ旅行も中欧とか北の方だと肉料理ばかりでかなり食べ物が厳しい。

 

 

魚の出汁に、つみれと海藻がつけられたスープ!有名なのかめちゃくちゃ混在して行列ができてた!だけど行列ができるのも納得なくらい安くて美味しくて大満足だった。食べ物が美味しいと、その街が断然好きになる!

 

その他にも牡蠣料理(生牡蠣10個で10元!)などかなりお得で魅力的な海鮮料理がいっぱいで幸せな気分になった。結局この日のランチは、雰囲気のよかったお洒落なレストランでコース料理のようなものを頼んだ。前菜も野菜のメインもスープも大量についてきて大満足!ちょっとお腹いっぱいになりすぎた!

アダルトビデオが日本と中国をつなぐ!中国人男子はみんな日本のAVにお世話になっているとすごく感謝された話

ランチをしながら中国人青年と日本のアダルトビデオの話をして、それがなんともおかしくてすごく盛り上がった。

 

・海に向かって祀られた中国の神様

 

廈門の大都会の景色を眺めながら鼓浪嶼(コロンス島)の海沿いを散歩した。海鮮料理が美味しい水色の大都会、廈門。来るまではどんな場所かわからなかったけれど大好きになってしまった。日本からも近いし絶対にまた来たい!また美味しい海鮮食べまくりたい!!

 

砂浜には海に向かって神棚が立てられていた。ぼくはその様子を見て、すぐに沖縄の離島を思い出した。沖縄の離島も、このようにして海に向かって隠された静かな場所に神様が祀られているのだ。ここは中国大陸から少し離れた中国の離島。やはり海を隔てていても文化は少しずつ繋がっているのだろうかと、中国と沖縄の精神的なそこはかとないつながりを感じた。

西表島の不思議な風景をさがして

【南十字星、かき氷】美しき波照間島の日々【ウミガメ、珊瑚の浜】

絶海の秘島!ジュゴン伝説の眠る秘境・新城島(パナリ島)への旅

琉球諸島をめぐる旅 最後の島〜鳩間島

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

関連記事